リベンジ・リストのネタバレレビュー・内容・結末

リベンジ・リスト2016年製作の映画)

I Am Wrath

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:92分

3.1

あらすじ

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、…

悪党よ、お前の罪は、お前の死でしか償えない。目の前で強盗に妻を殺害された失業中の中年男。容疑者は捕まるが、裏社会と繋がっている悪徳警官によって釈放され、事件は闇に葬られる。理不尽な社会と、妻を守れなかった己の無力さへの怒りが、捨てたはずの過去を呼び覚ます。善良な市民として暮らす男は、かつて、数々の殺しを請け負ってきた特殊部隊の元工作員。封印していた殺人術を総動員し、復讐に手を染めていく。やがて、妻の死に隠された巨大な陰謀を知ったとき、男の怒りは臨界点を突破する―。

「リベンジ・リスト」に投稿されたネタバレ・内容・結末

短いから、暇つぶしにはという感じ。
はじめの段階で、誰が黒幕かが予想ついてしまう、ありがちな展開。
ジョントラボルタ主演だからこの評価。
ハッピーエンドで終わらそうとしてるけど、冷静に考えたらいやいや、迷惑でしょ!と突っ込みどころもあったけれど、、まぁ、モヤモヤ感も特にないので、普通評価で。
トラボルタがシュワルツェネッガーに見えて仕方がない。。

序盤の早い処ですべて見えてしまった。。。

もう少しなんとかならないものか。。。
すっごく面白かったです!
キャッチフレーズの復讐して何が悪い!ってのもイカしてます。

正直自分好みの映画でした!何回か予告で見ていて観たいと思ってたんですけど、ストーリーとか予測できるし、復讐モノは出し尽くした感がありますので、そこまでじゃないかな?って不安はありましたが、心配して損するぐらいの面白さでした!

1番良かったというか、これも自分好みなんですけど、かつての特殊部隊時代の戦友とのやりとりが良かったです。床屋のオヤジと妻を殺された失業中のオヤジコンビ!

ストーリーが進むに連れて、床屋のオヤジが死ぬんじゃないかハラハラしながら観てました!途中で撃たれて階段転げ落ちた時が1番ハラハラしました。

床屋のオヤジの所にチンピラ5人が乗り込んで来た時に絶対絶命だし、普通なら殺されて主人公は怒りに燃え、単身乗り込む的な流れだと思いますが、撃退しちゃいます。
更にはハッピーエンドに華を添えてくれる一言を放ちます。
そうです!オマルのくだりです!正直ツボです。

悪党ばかりなんでスカッとします。なかなか見応えもあり軽快なんで私はやっぱり好みですかね。

ジョン・トラボルタが好きなので鑑賞。
悪い顔したトラボルタが特に好き(笑)
予想通りの展開で分かりやすかった。
だからこそ無駄に長くやらないところがよかった。

これも邦題にすると意味不明になってる映画。
原題は"I Am Wrath"。
良いですね~憤怒ですね!
元特殊工作員って設定物の多いけど、正直好きです。
ドタバタアクションよりもスマートに仕留めてほしい。
警官のやつより好き。

妻を殺された復讐劇なんだけど、
政治の裏が適度に差し込まれてていい感じ。

感動とか教訓とかじゃなくて、
スッキリしたクライムアクションをさっと観たい時に最適。
あとはトラボルタが好きかどうかってとこかな!
ジョントラボルタって、
すたすたスタローン笑とか
シュワちゃんらとかと同いどしぐらいやない?笑
でも、多分、トラボルタのが好きかな笑

そんなことは置いといて笑












今回のストーリーは、
超ベタ中のベタ笑
結構、早い段階から大元の犯人解る笑
これといって、大きなどんでん返しが
あるわけでもなく、トラボルタが、
愛する妻を私利私欲のために殺した
犯人を追い詰めて行って複勝していく笑

ベタなストーリーやけど、
どうやって追っていって
片付けていくのかが面白かった!
過去は腕利きの暗殺者?っていう
設定とかな今時、、、笑😂

それでも、
大統領を射殺したあと、
大勢の警官関係に囲まれて発砲されて
病院に連れてかれるトラボルタ。
そのまま、務所の病院に連れて行かれる前に
愛娘が咄嗟にピストルを預けるシーンが
1番好きかもしれん笑



安定のストーリーの流れで
トラボルタが背中にゴツいタトゥーを
入れてるのもおもろかったので
今回のスコアはこれで🐨
1人でBD鑑賞。

96時間やジョンウィックものですが、
非常に雑な仕上がりです。

ジョントラボルタ以外見るところありません。
以下ネタバレ含む、ツッコミどころ。

元CIAなら潜んでいたギャングに気づかないのかな?×
冒頭で結構ショッキングな殺人ニュース流しておいて、
奥さんしか殺さないところが不自然。×
復習するきっかけが共感しにくい×
娘の家族を殺せと言われたのに、車から撃っただけ×
娘の娘を殺されたのにその後割とスムーズに進む×
最後とその最後も結局銃を突き付けてしゃべってるうちに
やられるというパターンばっかり×
コーヒー買いに行くの長すぎる×

割とツッコミどころが多くて
アクションがしょぼい映画です。

監督が違ったらもっと違う映画だったと思います。
初っぱなから、奥さんがいきなり殺されるのには、いきなりドキッ、ゾッとしました。
復讐を決意した場面では、色々なリベンジを期待しながら、早く先が見たくなります。
怪しいやつらが沢山いるので、先を楽しみにずっとドキドキしていました。
いくつになっても変わらない渋いジョンの顔は作り物みたいに見えて少し怖かったです。
強いお父さんって本当に格好いいです!
メル・ギブソン主演の「ブラッドファーザー」も同じ日に見ましたが、私はこの作品のジョントラヴォルタのお父さん役の方が好きです。
ラストのこの父にこの娘あり!というシーンはすごく好きです。
トラヴォルタの生際にばかり目がいってしまった、、、
復讐劇って好きなんですよ。
トラヴォルタだったし。
1時間と少しの映画だから、
気楽に観始めた。

観始めて、すぐです。
トラヴォルタの髪が気になった。
トラヴォルタがアップになる度、
気になってしまって。
復讐劇の印象より、
トラヴォルタの頭の印象が、
少し強くなってしまった(笑)

相棒との掛け合いが面白い。
相棒も、結構強いし。
お店の地下、やっぱりな感じ(笑)

トラヴォルタの背中のタトゥーが、
1度だけチラッと見えるんですが、
あれ格好良いんだから、
しっかり映して欲しかったなぁ。
1度見せて終わりは残念。

娘サン、やはり逞しい。
あそこで銃渡すとか。
親子なんですなぁ。
「"絶対に怒らせてはいけない男"がまた一人。」なんてキャッチコピーと共に、ジョン・ウィックやイコライザー、96時間などと同列に並べて紹介されいた。たしかにその宣伝に嘘はなかったんだけども、スタンリー・ヒルは上記の作品の主人公と違って強さ以外に特徴がないように思う。飼い犬を殺されたという動機でマフィアを皆殺しにする短気さもないし、殺人を犯す前に目の前のドアをバタバタと連続で開け閉めす常人には理解不能な一面もない。 娘の存在でどうにか平常心を保っているブライアン・ミルズのような精神的危うさも感じない。
彼には絶対に怒らせてはいけない男なら持っていてしかるべき「几帳面さ、繊細さ」が欠けていた。だからいざ復讐劇が始まっても、作品全体がどこか平凡で真新しさに乏しい印象を受けた。
敵が雑魚ばかりなのもいけない。戦う相手が街でドラッグを売ってるような末端のチンピラばかりでは、トラボルタの強さがいまいち伝わってこない。しかも数もそれほど多くないので、ジョンウィックが序盤の10分で皆殺しにした人数に90分もかかっているようにしか感じない。雑魚をまとめるギャングのボスには少なからず期待できる雰囲気があったが、雑魚とおなじ時間で秒殺されたので爽快感はなかった。

平凡な暮らしを望む元殺し屋としての魅力は既存の諸先輩方には遠く及ばなかったが、相棒がいるのは斬新で良かった。ジョンウィックもイコライザーも96時間も、主人公は基本的に孤独だった。数少ない味方から情報協力的バックアップを受けることはあっても、実際に敵と合間見える際は一人。それはそれで渋くてかっこ良かったが、自分と同じくらい強い相棒と行動を共にする主人公はわりと珍しいと思う。時折挟まれる二人の笑える掛け合いによって作品全体が暗くなりすぎず、しっかり本作の特徴としてプラスに働いていた。

あと、「身代わりの焼死体を用意する」というセリフはソードフィッシュを意識したのかな、などと勝手に勘繰ったのだが、どうか。
>|