続・深夜食堂の作品情報・感想・評価

続・深夜食堂2016年製作の映画)

上映日:2016年11月05日

製作国:

3.7

あらすじ

マスターの作る味と居心地の良さを求めて、夜な夜なにぎわう“めしや”。ある日、常連たちが何故か次々と喪服姿で現れる。不幸が重なることはあるもので、故人の話を語り合う中、また一人、喪服姿で店に入ってくる範子。でも、この範子、喪服を着るのがストレス発散という変わった趣味を持っていた。だが、実際に葬式をすることになり、そこで知り合った男に惹かれて…。父親を亡くした近所のそば屋の息子・清太は母親・聖子との…

マスターの作る味と居心地の良さを求めて、夜な夜なにぎわう“めしや”。ある日、常連たちが何故か次々と喪服姿で現れる。不幸が重なることはあるもので、故人の話を語り合う中、また一人、喪服姿で店に入ってくる範子。でも、この範子、喪服を着るのがストレス発散という変わった趣味を持っていた。だが、実際に葬式をすることになり、そこで知り合った男に惹かれて…。父親を亡くした近所のそば屋の息子・清太は母親・聖子との関係に頭を悩ませつつ、年上の恋人・さおりとの結婚を考えていて…。お金に困った息子に呼ばれて田舎からわざわざ出てきたという夕起子は、息子の知人という人物に大金を渡してしまう。騙されたのではと周囲は心配するものの、本人はどこか気にしていない様子…。春夏秋冬、ちょっとワケありな客が現れては、マスターの作る懐かしい味に心の重荷を下ろし、胃袋を満たしては新しい明日への一歩を踏み出していく。

「続・深夜食堂」に投稿された感想・評価

豚汁を作るシーン新しくなってる
だくろ

だくろの感想・評価

3.5
観れば観るほど、オダギリジョー演じる少し変な警察官が好きになっていく……。

確かに喪服って、少し惹かれてしまう部分があるかもしれない。
sior

siorの感想・評価

3.7
初めて人から褒めてもらった料理と少し照れながら話すめしやのマスター。あ〜小林薫最高だ。
よぬ

よぬの感想・評価

3.5
深夜食堂の第二弾。いつもの常連たちと、変わらないマスターの美味しそうな料理が素敵でした。静かにお腹が減って来る作品だと思います。
cocosize

cocosizeの感想・評価

2.8
ドラマの大ファン!なのだけど、前作も今作も、映画はそこまで面白くない。。でも常連の皆さんを久しぶりに観れてファンとしては嬉しい。
horiisan

horiisanの感想・評価

4.0
まあ安定の深夜食堂。映画ならではな感じはないけど、話は粒ぞろい。子離れできない母親の話が良かった。
jun

junの感想・評価

3.8
ドラマがそのまま映画になったような作品。シリーズおなじみのキャラクターが随所に登場する。人と人の暖かい繋がり。
カケル

カケルの感想・評価

3.8
良くも悪くも安定感のある映画。
ドラマから映画、そして続編の作品なのでスタイルがしっかりと確立している。安心してみていられる。でも、その分好き嫌いがはっきり分かれそうではある。

最後のエピソードでやり過ぎないというか救われすぎないところがこの作品の良さだと感じる。

あの子は中華屋さんではないのだろうか?
>|