鋼の錬金術師のネタバレレビュー・内容・結末

「鋼の錬金術師」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作未踏襲。
出ました、原作を忠実に再現しちゃったであろうキャラ設定。
金髪の方々は漏れなく違和感ありました。
あと冒頭の戦闘シーンで、街か壊されて地面ぐにゃんぐにゃんになってるのに別カットでは瓦礫1つ落ちてない。
最後の戦闘シーンでもあんなに居た兵士はどこいったんだよ。
朝日見てる場合かよ。
続編を匂わす終わり方してますが、ストーリー的にも急ぎすぎて役者の無駄遣い。
残念だなぁ。
言葉が汚くて申し訳ないですが原作ファンから言わせていただくとクソ映画です。
1番最初の、大事な、母親の錬成シーン。
なんか竜巻みたいですね。
子供のヘアメイクもとても安っぽい。
もうその時点で退出したくなりました。
エンヴィーとラストは良かったです。
それだけ。
本田翼のウィンリィも許せないけれど俳優に罪はないと思っています。
キャスティングした人が悪いですから、悪いのは監督、脚本家。
原作を冒涜しています。

『鋼の錬金術師』

監督
曽利文彦

原作
荒川広

出演
山田涼介
水石亜飛夢
本田翼
ディーンフジオカ
蓮佛美沙子

これは…旧ハガレンをモチーフにした、私にとってはクソ映画🎬だね(笑)
ショウタッカーがしつこく出てくるんだもん…本当のハガレンでは逮捕されて出てこないから。

鋼の錬金術師側のどーしょーもない日本人感(笑)アルフォンスさえモブっぶり…アルフォンスは釘宮理恵の一択です笑笑

ウィンリィーの本田翼たんは、そのままでいいのです笑笑
ハガレン好きを公言してますから

ロイ・マスタングさん大活躍ですね、焔の錬金術師‼️

あぁ、俺のホークアイたんがぁ笑笑
まぁまぁの禁忌ですね、認めない!

夏菜のマリア・ロスは地味に良かった🙂焼かれるけど笑笑
エンヴィーですけどな(爆笑)

ヒューズさんだけ、もの凄い明るくて、唯一の救いだわ。原作同様に殺されるけど😭今でも泣いてまう

ホムンクルス側のクオリティの高さったら笑笑
ラストの再現度半端ねぇ、エンヴィーの小物感(笑)、グラトニーの内山信二感(爆笑)だけどやっぱ再現度半端ねぇ(2回目)

とりま、かなりの黒歴史…今まで観た中で一番かも!?

アニメで完全版として完結してるので、お暇な方はそちらへ
ヽ(・∀・)
disりが多いけれど、僕はそれなりに好きです

たしかに途中、このままオチにつっこむつもりか?だとしたらブチギレだよ?と思ったけれどオチとしてはキレイだったんではないでしょうか。

ただ、なんとなく話の展開が急で情緒が不安定な感じがしました。

本田翼かわいい。
ヘイト二次創作と言われた方がまだマシ。
やっと実写版鑑賞終了!!
実写版の製作陣には悪いけど、原作ファンとしては酷い有様。
エド→山田涼介は、ジャニーズ起用に賛否ある中で頑張ってたと思うし、ビジュもそれなりに再現されてたかと。
アル→声優さん?の演技と、アルの動きがなんか原作アニメとはズレてて個人的に違和感だった。まあでも観れるレベル。
ウィンリィ→どうして本田翼を起用したのか…。現在の10〜20代女優ではウィンリィこなせる人いなかったかもだけど、それにしても。ウィンリィになってないとか以前にどう見ても本田翼という人間が本人役で出てるようにしか見えない。もっと、無名の女優でもなんでも、ビジュとか金髪にするなりできる人とか持ってこないと。なんでエドは金髪なのに、ウィンリィだけ暗めの茶髪?謎すぎ。キャスティングミス一位。ごめんなさい。
マスタング大佐→ディーンフジオカ…まあそんなにビジュはかけ離れてはないけど、もう少しマスタングに寄せてほしい。終始エドと雰囲気悪いし、やっとーと、思ってもエンディングだし、ちょっとセリフが棒読みなのが気になった。鋼の〜が少なかったし、暗かった。
ホークアイ中尉→蓮佛美沙子はなーうーん微妙すぎてなんとも。悪くはないけれど、やぱり、蓮佛美沙子じゃ顔がさっぱりしすぎてて、ちょっとビジュ物足りない。綺麗な人だけどね。
ハクロ将軍→小日向文世の無駄遣い。グラマンでよくない?なんでハクロ?理解に苦しむ。ブラッドレイが出てこないのも謎すぎだけど、出さないなら、小日向文世をグラマンで出さないと。原作読んでるの?監督。隠れた重要人物だからね。小日向文世可哀想でしかない。
ロス少尉→夏菜は、結構はまり役なんじゃないかな。ただストーリー編成がおかしな事になってるから、なんで出したのかは不明。イシュバールの話を全然しないくせに、ロス少尉は出る意味なくない?でも夏菜は良かったと思う。
ドクターマルコー→國村隼の演技が良かったから丸く収まった。ビジュは正反対なくらい、顔が濃い人持ってきちゃったけど、まあ良しとするレベル。大御所持ってきて正解感。
ホムンクルス
ラスト→松雪泰子が美しすぎる上に、ビジュが最高。拍手しかない。スタイルも仕上げてるし、作り上げていたとしてもなかなか難しいところ。松雪泰子の女優レベルが高いだけある。さすがです。
エンヴィー→いいねさすがすぎる笑。本郷奏多の悲観的な表情が、今回の役にマッチしてるなと思った。もうちょっと、非道感出しても良かったけどね。
グラトニー→内山信二しかいないっしょwwww唯一無二w間違いなく、キャスティング正解。というか、グラトニーが一番はじめに決まったっしょ?感www
ショウタッカー→これがメインじゃないのに良い味だしてる。演技がさすがなところ。素晴らしい。これもキャスティングあってると思う。けど、矢柴俊博さんのほーがビジュは完璧再現生き写し感あったのにね笑

賢者の石の正体バレも、ホムンクルスの死亡も展開が早すぎて。実写するならせめて何部かに分けて制作してくれ。いくらなんでもはしょりすぎて、サイドを固めるキャラが居なすぎ→出番作れなすぎて話がおかしな事になってる。エドとアルの師匠が出ていないのに真理の扉の話がいきなりどどーんと出すぎて、展開がわけわかんない。
これまた、次回作作りようがない割に、それを匂わせる終わり方も雑。原作に忠実と謳ってるくせにどういうこと?状態。
俳優陣お疲れ様です。これは完璧脚本に問題が。
有志による大コスプレ大会。

ビジュアルで再現できたのはラストとアルフォンス(CG)のみ。
グラトニーは実写にあたって内山はベストだと思うが元が人外過ぎてちゃちさは否めない。

金髪キャラの根元黒いのがわかるのが…。
眉毛は黒かったりとか…。

あと再現に違和感なかったのは街並みと草原とか風景かな。
ただ問題なのはただの街であって人が住んでるかんが全く感じられない。
そんな街に登場する人間が全員日本人。
エドワード、マスタング、ウェンディ、ヒューズ、ホークアイなどなどこの名前でどっからどう見ても日本人顔。

昨今の邦画はCGエフェクトとかは低い予算で頑張ってる。
しかしながらリアルな人間のクオリティ(再現度と演技力)が低い。
ハリウッドでやって欲しかったな。

真理の扉からアルの魂錬成のくだりは夢の中だから山田涼介の姿と言う事にしたのだろうか?
子役じゃ演技が辛かったのか…?
最初に見て「???」ってなったは。

冒頭で偽教祖がエドを見て「その義手と義足…鋼の錬金術師⁉︎」ってセリフだったがオートメイルと言えよ…。世界観忘れるなよ。

「目的の為なら街を破壊して良いのか?」みたいなセリフにエドが「アルの為ならなんでもする」みたいなセリフは違うだろ。

アルの兜と胴体部分に隙間が空き過ぎてたりするが中身ないの丸見え…。

エンドクレジット後にエンヴィーの本体が逃げてたが…果たして続編は作られるのか?
ジャニーズ、ディーン・フジオカ、海外ロケ、フルCGアルフォンス、先出しエンヴィー、スカーはなし、タッカーが大泉洋、内山のグラトニー、キャスト全員日本人、所々先出しネタが多い、CGだけ気合い入れた、どっちがメインか分からない特典漫画

実写版成功したらなんて言う?
2を作ってだな!





















































それではほんへ



君の手で切り裂いて 遠い日の記憶を
悲しみの息の根を止めてくれよ
さあ 愛に焦がれた胸を貫け

明日が来るはずの空を見て 迷うばかりの心持てあましている
傍らの鳥がはばたいた どこか光を見つけられたのかな

なあ お前の背に俺も乗せてくれないか
そして一番高い所で置き去りにして優しさから遠ざけて

君の手で切り裂いて 遠い日の記憶を
悲しみの息の根を止めてくれよ
さあ 愛に焦がれた胸を貫け







































まぁ、意外と良かった、あれ?これ原作読み切ったからこその楽しさもあるんちゃうか?とも思ったが特典漫画の方が面白いからダメ、というかおまけページを全部アニメ化した方が良かったんちゃうか?
2を意識したのもダメ、もう2はないってぐらい突き抜けないとね
これならスカーが破壊しても構わないね
原作を全く知らないからまだ見てられた。
大事なところをディーンフジオカが持って行ってたけど原作でもそうなのかな?
大人気コミックの実写化。
自分もマンガの中で一番好きな長編マンガということもあって、実写化自体全く期待してなかったし、正直大コケする予感しかしてなかった。
それは元々の配役からしてみてそうだった。エドが山田涼介なのもそうだし、大佐がディーンとか作者の意向無視だし(どうせミッチーは歳的にきついけど)どうせ元の体に戻らないだろうからアルも釘宮理恵がすればいいのになんて思ってた。

蓋を開けてみたら、ところどころ酷いところはあるけれど、思ったよりは酷くなかったかな。
原作意識しないようにと思っていても、原作を何十回も読んでるからセリフひとつで原作のそのシーンを重ねるなんて容易いくらいだった。
もちろんそれがそのまま再現なんてわけにはいかないけど、それなりに良いシーンになってるところもあった。タッカーのとこのやり取りからの雨の中での無力さを知るところは原作も好きなシーンだし、まだマシに思えた。

ただアルがタッカーによって封じられてるというのがイマイチ意味がわからなかったけど。
全体を通してエドがえらくバカっぽく見える。たしかに原作でもそうだけど、しっかりと頭の回転早いし、普通に頭は良いんだけど、この映画ではそれが感じられなかった。

映像の再現具合はそれなりに良かったと思う。イタリアで撮影したのもあって風景も良いし、CGもかなり多用していて、錬成って現実だときっとこうなるよねって感じれたし、槍を錬成するとことかかなりできてるなって思った。ただ錬成物はもっと粗っぽくても良かったけど。

配役についてはこういうものと思って見だしたらそこまでかなと。
確かにマンガの実写化なんてコミケに行った方が忠実に再現してる人なんてたくさんいるけど。蓮佛美沙子のホークアイだけはかなり酷くて、最後まで違和感しかなかった。
それに比べ、ホムンクルスの3人はかなり良かった。特に松雪泰子のラストは実写にしたらこんなだろっていうそのまま。エンヴィーもかなり、グラトニーも遠目は良い感じ。

原作に無理に合わせようってとこも見られて、そこは変に合わせるより、オリジナル感をもっと強めても良かったのではと。途中からしっかりオリジナルにいったから良かったけど。それでも原作の名シーンが多数散りばめられてて、変に介入してくるから、思わず笑ってしまったり。名シーンを踏みにじってという怒りまでは湧かんかったかな。

原作ファン目線ではこうだけど、実際これを全く原作の知らない人が観るとどうなるのだろうとは気になる。でも錬金術師の説明があまりにも少なすぎる気はする。等価交換や国家錬金術師の説明はもっと足して良かったと思うし、原作知らなくても駆け足気味に展開して行くのは気になるはず。
そこまで原作意識しなくて良いから、設定の説明や展開はしっかり作り込んで欲しかった。

原作と比べると崩壊してる部分も原作無視すれば片づけられるのが大多数なので、原作知らなければそれなりに楽しめるというのはある。
世界観が壮大すぎるだけに、薄っぺらな展開が見え見えなのが残念。もう少し深みのある感じにするにはオリジナルストリーにしても2部作は必要だったかな。

若干続編を匂わせる感じの終わらせ方はしたし、回収してない伏線がありすぎて、作ろうと思えば作れるはず。ただ予想通り原作ファンの怒りを買ってる部分は否めないので、果たして作られるのだろうか。
>|