鋼の錬金術師の作品情報・感想・評価

鋼の錬金術師2017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:133分

3.0

あらすじ

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である──“その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はが…

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である──“その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はがね)の義肢、オートメイル(機械鎧)をつけた身で、史上最年少の国家錬金術師「鋼の錬金術師」になった。兄は、自分が巻き込んでしまった弟のために。そして弟は、命を捨てる覚悟で自分の魂を錬成してくれた兄のために。絶対の絆で結ばれた兄弟は、失った身体を取り戻すため、カギとなる伝説の「賢者の石」を求めて旅に出る。支え励ましてくれる人々との出会い。二人の前に現れる謎多きホムンクルス(人造人間)たち。その先に待ち受ける驚愕の真実。そして兄弟は再び、「人間の命とは何なのか──」という命題と向き合うことになる。どんな困難が待ち受けていようとも、エドとアルは前へと進む。すべてを圧倒する愛と信頼、そして兄弟の絆を懸けた、超ド級の冒険が、始まる!

「鋼の錬金術師」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.5
やりたいことがわかるだけに残念。
原作を意識して観るとただのコスプレイヤー達の集まりだが1作品として観れば多少は許せるのかな。
あれこれ詰め込まないのは良かったが逆に鋼の世界観を伝えられないのは残念と思った。
EILEEN

EILEENの感想・評価

2.5
原作大好きだからいろんな違和感感じてしまった
Jun

Junの感想・評価

3.5
原作ほとんど知らないから純粋な気持ちで観れたけど、個人的にはグロかったり気持ち悪かったりで、おぇぇって何度も言ってましたwキャストがほぼ好きな人しかいなくて神でした👏汽車のシーンとか駅のシーンとかハリーポッターかな?って思ったw変なゾンビみたいないっぱいいたやつも頭ヴォルデモートに似てたしw

てか絶対続編あるでしょこれ。
山田涼介と松雪泰子が最高すぎ。

このレビューはネタバレを含みます

前評判ほど酷くは無かったが、かと言ってとりわけいいところもなかった。

不満な点は多々あるものの2つあげるとすれば、
①エドがあまり錬金術を使わない
②エドのアルの会話が少ない

①に関しては一言。もっと錬金術使えよ。
②に関しては、エドが喋ってる時にアルは黙りこくってた。原作のような2人の息のあった掛け合いが欲しかった。

この2点のせいでハガレンらしさを感じることなく、ただストーリーをなぞっていただけなので、退屈さを感じた人が多いのだろう。

良かったのはアルとタッカー編だ。
アルのCGは素晴らしく違和感が全くなかった。声も意外と良かった。
タッカー編はタッカー・ニーナ・アレキサンダーの全員が漫画から飛び出して来たようだった。雰囲気もそのまんまだった。

総括
監督のCGと山田涼介のための映画であり、ハガレンは利用されたのだな。
ひー

ひーの感想・評価

5.0
かっこよかった( ˊᵕˋ )
オリジナルストーリーなので違和感を覚えた原作ファンは多いと思う。自分も原作を読んでたから本作に臨んだので多少の違和感はあったが、それを除けば良作だと思う。
ストーリーもしっかりしてたし、CGも他の邦画に比べれば頭一つ抜きん出てると言っても良いレベルだ。ただ、この作品を良作と呼べる理由は、何よりも、山田涼介の人を惹きつける演技力に尽きると思う。画になる役者とはこういう人を言うんだな〜と感心するばかりだ。
普段は他人の映画を批評するなんて、おこがましく気がひけるのだが、今作においては質の割にレビューの点数が低く、頭ごなしに映画を批判している人が多いな〜この人達、本当に映画観てんのかな〜、と感じたのでその人たちを批判したくなった。
ただ、やっぱり日本人にカタカナの名前はちょっとキツいかな😅😅😅
あか

あかの感想・評価

3.0
CGはすごい。あと大泉洋のサイコ感はいい。
他はフツー。よくもないけど、とことん酷くもない。一丁前に続編を匂わせる終わり方。実写にした意味がわからない。
>|