鋼の錬金術師の作品情報・感想・評価

鋼の錬金術師2017年製作の映画)

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:133分

2.6

あらすじ

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である──“その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はが…

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である──“その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はがね)の義肢、オートメイル(機械鎧)をつけた身で、史上最年少の国家錬金術師「鋼の錬金術師」になった。兄は、自分が巻き込んでしまった弟のために。そして弟は、命を捨てる覚悟で自分の魂を錬成してくれた兄のために。絶対の絆で結ばれた兄弟は、失った身体を取り戻すため、カギとなる伝説の「賢者の石」を求めて旅に出る。支え励ましてくれる人々との出会い。二人の前に現れる謎多きホムンクルス(人造人間)たち。その先に待ち受ける驚愕の真実。そして兄弟は再び、「人間の命とは何なのか──」という命題と向き合うことになる。どんな困難が待ち受けていようとも、エドとアルは前へと進む。すべてを圧倒する愛と信頼、そして兄弟の絆を懸けた、超ド級の冒険が、始まる!

「鋼の錬金術師」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

2.5
やりたいことがわかるだけに残念。
原作を意識して観るとただのコスプレイヤー達の集まりだが1作品として観れば多少は許せるのかな。
あれこれ詰め込まないのは良かったが逆に鋼の世界観を伝えられないのは残念と思った。
チャラ

チャラの感想・評価

2.3
ブルーレイ購入

実写にしたらあかんやろー
あんまりでした
実写化はいつもイマイチ
yuki

yukiの感想・評価

-
松雪泰子が終始美しかった。
とし

としの感想・評価

2.7
人気マンガを実写化して失敗あるある映画。主人公エドがここまで薄いかという存在感。ほとんどの活躍は大佐が持っていったな。錬金術のCGは多分かなりお金をかけているんだろうけどその部分と役者陣のギャラに使いすぎて後半はオリジナルストーリーのスカスカさ。ショートヘアが多いばっさーがロングの姿で可愛いいのが救いだったけどキャラとかけ離れていつものばっさーだった。
三太郎

三太郎の感想・評価

2.5
2時間の映画に詰め込みすぎた感がある。
2作目以降を作るような気持ちの余裕を持ってもうちょっとゆっくり深くても良かったような気がする。
Mikiffy

Mikiffyの感想・評価

3.0
本郷奏多のエンヴィがとても好きだった🤤
おててのシワとシワを合わせて、ボン!
>|