ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

3.8

あらすじ

銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋で”愛すべき悪党”ハン・ソロと、生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカの出会いや、悪友ランド・カルリジアンとのエピソードなど、若きハン・ソロの知られざる過去を描くアナザー・ストーリー。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

odkysyk

odkysykの感想・評価

-
興行的な失敗が取り沙汰されてるけど、実際に観れば映画には非がないことがよくわかる。もはやSW名物と化した「こいつらなにやってんだ」というストレスが全くない見事な活劇。最後のウインクは完全にハリソン・フォードが重なって見えた。欲をかいたディズニー社が全部悪い。
kanaisan

kanaisanの感想・評価

4.0
観ました(だいぶまえ

スペース・オペラ。
ホース・オペラ(西部劇)に準じたドタバタ劇。
久し振りに、そんな映画。
チューバッカ、ランド・カルリジアン、ミレニアム・ファルコン…
すたーをーずの1シーンとしてとても面白かったと思います。まる。

タイトルは
チューバッカ

ミレニアム・ファルコン
にしたほうが良かったのでは、レベルで
ソロの印象が薄いのですがそれは
マエダ

マエダの感想・評価

3.3
「I hate you.」
「I know.」

俺は好きなヤツでした!
でも
中盤盛り上がり過ぎて終盤こぢんまりしちゃったなぁ、という印象っす

ep.6序盤の檻の中の闘いのオマージュとか
同じくep.6序盤でランドが被ってた兜とか
色々気の利いたセルフオマージュ的なのがあってテンションは上がった

あと
チャンバラ野郎が主役の本編と違って今回はガンマンが主役って事で
かなり西部劇っぽい(列車強盗のシーンからは『真昼の死闘』を想起した)

そもそもスペースオペラとは
西部劇(ホースオペラ)にSFの要素が加わったモノなんす!(詳しくは下記にて述べます)

アメリカ西部開拓時代に流行ったダイムノベル(小銭で買える実在のガンマンが主役の虚実ない交ぜな物語。詳しくは『許されざる者』をどうぞ)が
20世紀に入りパルプ雑誌(安いパルプ紙で印刷された三文小説ばかりの雑誌。日本で言うカストリ雑誌。因みに『パルプ・フィクション』はこういった雑誌によく載ってたような類型の話を繋ぎ合わせたモノ)に代わり、
主役も只のガンマンから探偵や殺し屋に変わった
そして、当時発展中だった科学の分野を題材にしたSF(サイエンスフィクション)が台頭し、
それらの要素がホースオペラに加わり
スペースオペラが生まれた(ヒューゴー賞の語源にもなったヒューゴー・ガーンズバック氏編集のパルプ雑誌が特に有名)!
という流れを考えると
大きな規模での原点回帰とも言えるんじゃないでしょうか

でも興業成績から察するに続編は作ってくれないんだろうなぁ
YOU

YOUの感想・評価

3.7
スカッと楽しめた感じがしました。
自分たちが知ってるハン・ソロへのピースが当てはまっていくような前日譚ならではの楽しみもありよかったです。
これを観た後に旧三部作を観返すとチューイとの友情やバディ感がより熱く感じれるように思います。
tommy

tommyの感想・評価

3.5
良くも悪くも、スターウォーズの後光が差す作品。
キーチ

キーチの感想・評価

3.9
スターウォーズシリーズの中で最も憧れるキャラクターと言えばハンソロ

謎多き男の秘密が明らかになっていくのは往年のファンにはたまらない

ダークサイドの影が見え隠れし、本編への流れが見えるのもスピンオフならでわの楽しみ

なんやかんや評判高くなかったですが、見たら痛快な作品でした!
ましゅ

ましゅの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

続編があってもいい終わり方
面白かった!
クローン・ウォーズとか反乱者見てたからわかることとか多かったからファン向けなのかな?それにしてはかなり設定変えた感
でもめちゃくちゃ好き……。。。
もう1回観たい!
clare

clareの感想・評価

4.5
スピンオフということであまり期待せず映画館へ。

実際見始めるとハンソロの名前の由来やゴールデンダイスについて出てきて嬉しくなった。
ハンソロとチューバッカの素敵なタッグ結成の瞬間を見れて満足。
ミレニアムファルコンが出てきたときはワクワクが込み上げてきた。

今後キーラ出てくるのかなぁ。
>|