ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

このシリーズで
あと
20年くらい
続くのかな

面白いから
いいけど

まあ
ワタシは
途中で
死んでると
思いますが

南無〜
勇者

勇者の感想・評価

3.5
スターウォーズシリーズをしっかりと見たことがあれば3倍は面白かったろうな。

正直、ハン・ソロがスターウォーズ作品においてどのような人物か全く知らない。しかし、チューバッカとの出会いや、物語のハラハラドキドキ感は楽しめた。
ただ、私はこの物語の半分も理解していないのだろうな。

作品は良かったが、この映画を見るのならほかのシリーズから見ることをお勧めする。
TOMTOM

TOMTOMの感想・評価

3.5
ほかのスターウォーズ作品に比べて画がすごく綺麗だった印象がある。ハン・ソロは個人的に一番好きなキャラだからすごく楽しみにしていたのを覚えてる。
まず、印象的なのは名前の由来だよね。冷やし中華くらいあっさりしててびっくりしたのを覚えてます。
あと、同じくらいあっさりしてたのは、愛用のブラスター譲渡シーンね。あれは、ざるそばくらいかな。
最後のシーンのソロが殺した賞金稼ぎのセリフでタツゥーインが出ててちゃんとエピソード4につながってて感動したのも覚えてる。
とりあえず、ハン・ソロカッコいい!
何か好きなんだよな。
分かりやすくてテンポも良いしスターウォーズ詳しくなくても楽しめる感じ。
ただこのまま終わって良いのか。モヤモヤしてしまう。
いつか続きが見れたら良いのだが。
BK477

BK477の感想・評価

3.5
評判ほど悪くはない。普通に楽しめた。
しかし、これが伝説的な「スターウォーズ」の一部となると、
確かに”名前負け”していて、
これを映画館で1800円で見てたら、やっぱり高いなと思う。

個人的には「マンダロリアン」の元ネタなどもあって、見てよかったし
L3のキャラは最高だった。


余談であるが、SWの映画作品の中で、ドロイドに自我があるということをたぶん初めて明確に言った作品ではないだろうか。

日本のSFである「攻殻機動隊」は、人類の多くが電脳化している世界でやっとAIに自我(ゴースト)が芽生えるのかどうか、という世界観。

それに対してスターウォーズは
ドロイドに自我がある事は当たり前で超絶テクノロジーが発達しているのに人間は誰一人電脳化していないというのが対照的で面白い。

はたしてどっちが正解なのか、たぶん我々の世代で答えはわからない
あくまでも繋ぎとして

本作までもう少し時間かかるからとりあえず繋いどきました感がいっぱいだった。まあ普通に楽しめるといえば楽しめるのだが。そのうちチューバッカの物語とかにまで手を出すんじゃなかろうか。
original

originalの感想・評価

2.8
くそつまらん
HRK

HRKの感想・評価

3.2
ハンソロがハンデュオになった経緯
チューイがシリーズ通してずっとホログラムチェス弱いのも可愛い
L3の天邪鬼女子感がとても好き
ちょ

ちょの感想・評価

4.2
チューイとハンコンビは最強
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品