ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

上映時間:135分

3.7

あらすじ

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

葵

葵の感想・評価

3.4
2020年56本目
Moca

Mocaの感想・評価

3.5
エミリアクラークちゃんのブリティッシュアクセント大好き。

チューバッカやランド、ファルコンとの出会いが描かれていて面白かった☺️
Kz氏

Kz氏の感想・評価

3.0
昔、聞きかじった生半可な知恵。
オペラは歌劇のことだけれど、ドラマチックくらいの意味に拡大解釈されて、ソープオペラ(昼メロ)やホースオペラ(西部劇)やスペースオペラ(宇宙活劇)という言葉が生まれたのだけれど、いずれも安上がりという侮蔑的意味合いが込められているのだ、とか。
スペースオペラは、それこそタランティーノの「パルプ・フィクション」みたいな犯罪ミステリとともに、1950年代まで流行ったパルプ・マガジンの主要ジャンルであり、おおよそ騎士道物語の焼き直しであった、とか。
「スター・ウォーズ」は、そのチープな世界を、膨大な予算と最先端の技術で映像化した作品であるからこそ、1977年以来スピンオフも含めて40年以上延々と続いているのだと思う。
いかにもアメリカ的なお祭りだね。
ポスターから予想した通り、「ハン・ソロ」は、ホースオペラのスペースオペラだ。ハン・ソロはアウトローだから、テンガロンハットを被ったジョン・ウェインの正統派ではなく、ポンチョをまとったクリント・イーストウッドのマカロニ・ウェスタンであるのが楽しい。
……などということを夢想しながら観た、楽しいお祭りでした。
DAI

DAIの感想・評価

3.8
記録
ry

ryの感想・評価

3.9
エミリア・クラーク。
yu

yuの感想・評価

3.9

チューバッカとの出会い

チューイかわいいな〜

キーラ役のエミリア・クラークかわいい
ペン

ペンの感想・評価

3.6
〜スターウォーズマラソンスピンオフ編〜
愛されし悪党ハン・ソロの過去を辿る。

ん〜😐って感じかな。正直期待しすぎたかな。
序盤の今では欠かせない相棒チューバッカとの
出会いやミレニアムファルコンとの初対面は、
今までのスターウォーズを見てきた人からしたら
興奮します!
小ネタもあって楽しめます!

前のスピンオフのローグ・ワンが自分的に
とても好みだったので、ちょっとな〜って感じです。
あと、ハン・ソロといったら、
ハリソン・フォードなので、違和感が2時間
若干ありました。
ゆめ

ゆめの感想・評価

4.3
ファルコン、チューイとの出会い
かっこよ!って独り言いっぱい言った
やっぱハンソロすきだな〜
若きハン・ソロの活躍を描いたスピンオフ。

冒険活劇としては王道っぽくてなかなか良かったんじゃないだろか。

すぐ権利を主張するドロイドL3はとても良いキャラだったと思うなー。

でもハンはもっとダーティでも良かったかな、と思う。

ハンを主役に物語を作るならこんな“いい話”にしなくてもいいのに。
たおる

たおるの感想・評価

3.0
ハンソロのスピンオフ。
ローグワンが良かったから期待しすぎたかも。
せっかくの主要キャラなのになんだかSWらしさを感じられず乗り切れなかった。

チューイとの出会いもそんなん?って感じだったし。謎の知らない新キャラよりチューイとの話大事にして欲しかった。
ケッセルランで12パーセクが出てきたのは良かったけど。
>|

似ている作品