ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー2018年製作の映画)

Solo: A Star Wars Story

上映日:2018年06月29日

製作国:

あらすじ

銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋で”愛すべき悪党”ハン・ソロと、生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカの出会いや、悪友ランド・カルリジアンとのエピソードなど、若きハン・ソロの知られざる過去を描くアナザー・ストーリー。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に投稿された感想・評価

asdfghjkl

asdfghjklの感想・評価

3.7
ミレニアムファルコンとの出会いがもう少し迫力が伴っていて欲しかった
大福

大福の感想・評価

3.0
ミレニアムファルコンがきれい。新品。
初めて操縦するときのわくわくした表情がかわいい。


でも、SW感が薄くて シリーズファンには物足りないかもしれない。
mochy

mochyの感想・評価

3.8
ハンソロはハリソンフォードのイメージしかなかったから最初は見慣れなかったけどなかなか良かった!
チューバッカとの出会いやハンソロって名前になった由来だったり、ハンソロの過去が知れて良かった!!
昔から盗みをしていたのは変わらず!笑
ジェダイじゃないからしょうがないけど、もうちょいライフセーバーとか戦うシーンがあったらよかったな。
あと宇宙を飛んでる感覚になるようなシーンもあったらなお良かった!!
無料映画にて。

#Australia
最高でした。
ハン・ソロのずる賢いヒーロー感は
一番好きなタイプ。結婚したい。
他シリーズとの繋がりのところで
キーラがなんなのかとか
色々謎は残った。
moooooo

mooooooの感想・評価

3.7
従来のハンソロかと言われるとちょっと違う気がしたけど、若いからな!と思えばイケメンだしまあいいか!と思った(にわかなので違うのが許せないと思うほどのハンソロに対する拘りがなかったという話)
ハリソンフォードと1番似てるところは眉毛の動き説

チューバッカはウーキー界のイケメンなんだなと思った チューバッカ最高!100万点あげちゃう!
キーラって本編でも出てきます?その辺にわかすぎてよく分からんかった

ストーリーは面白かったしへぇ~!ってのもあって楽しかった!
前のシリーズを見返したくなる作品

ただ3Dで見たけど3D感は薄かった
2Dで十分
でもこれは評価には入れてません
SWシリーズお決まりの(?)
賛否両論ありますが
私はシンプルに楽しめた方でした♪

あのセリフや
あのキャラや
あの人物や…etc.

色々な「あー!」
という発見があったり(^^)

ユーモアも盛りだくさんで良きです。
RNishimura

RNishimuraの感想・評価

5.0
Leftishには笑った。でも、それも含め全体的にクドさで笑わせる感じ。
みんな大好きウディ・ハレルソンにSWソースをかけていただきます。

ある登場人物の、あるシス的な行動の後に、嬉しいサプライズが!でも、なんか顔が…
voltboy

voltboyの感想・評価

3.0
自由奔放で憎めないキャラクターのハン・ソロ('∀`)
スターウォーズのスピンオフ作品だったけど、公開前から監督交代や興行収入の不調などが伝わりちょっと心配してました.( •́ .̫ •̀ )

しかし、意外と楽しめたの評価をよく見ていたので期待して鑑賞(°▽°)

オープニングからハン・ソロ出ずっぱりで奴隷みたいな環境からのテンポ良い脱出(*≧︎∀︎≦︎)∩︎〃
中々期待通りの爽快感w(゚o゚)w

走る列車上での強奪合戦、チューバッカとの出会い、強盗団のキャラクターなどかなり見応えあるシーンが詰め込まれてて良かったのですが、、、
中盤辺りから( ̄▽ ̄;)

物語のテンポはじわじわブレーキをかけられたように失速、ハン・ソロのスピンオフなのに本来のキャラクター的魅力がなくなっていくような演出(ノ_<)

惜しかったな〜( ̄ー ̄)
けいと

けいとの感想・評価

3.7
なんだか前評判も良くないようだったし
正直劇場版予告ムービーを見た感じでは
私自身もあまり惹かれていなくって、
殆ど惰性と使命感で観にいったハンソロ。

観終わってみたら、何よ、何なのよ、

相当好きでしたけど。


いいなぁと思ったのは、

スピンオフとして本編からは独立したひとつの物語として成立していつつも
本編を見返したくなる仕上がりになっていること。


あとハンソロ役の人がちゃんと、しっかり、ハンソロだったこと。
そうそう、ハンソロはこうでなくちゃ、な軽妙さが、この映画自体にちゃんとあること。


映画としての大どんでん返し!とか
シリーズ共通してあるハラハラ感みたいなものは確かに少なかったように思うけど、
でもハンソロ自体がこの作品の中でそうゆう立ち居地よね?
安心して観れる、王道スピンオフで良かったんじゃないかしら?と思う。


たぶん前評判がよくなかったとか、
本国で大コケ、だったのは
スターウォーズに求められている要素として

「ザ・宇宙戦争!」な宇宙を舞台とした視覚的な要素とか
先にあげたようなハラハラ感とか
キャラクターの異常なかっこよさとか(プラエトリアン・ガードとか!!!)
そうゆうところを求めちゃうと、
裏切られた感じがあったりしたのかなぁ。



とにかく、私は
とてもたのしかった。