ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説の作品情報・感想・評価

ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説2015年製作の映画)

九層妖塔/Chronicles of the Ghostly Tribe

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:117分

2.4

あらすじ

発掘調査の調査隊、フー・バーイーとヤン・ピンたちは1万年前に地球を支配しようとした異星人が封印されている宮殿“妖魔塔”に遭遇。そこへ火炎コウモリの群れが襲い、フー・バーイー以外全員が消息不明となる。数年後、異星人が妖魔塔の封印を解き、再び地球の支配を目論んでいるという衝撃の事実を知る。村は巨大モンスターの群れに破壊され、大パニックに。果たしてフー・バーイーたちは、人類滅亡を阻止できるのか!

「ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説」に投稿された感想・評価

フーバーイー何者
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
個人的亜細亜映画祭りの中では上位に入る面白さで好みでした。水準として低い部分もありますが冒険譚として良かったし他の中国映画と比べたらまだ…。ヤオ・チェンとティファニー・タン、好きな女優さんが出てるのも好んだ影響高し。
mz5150

mz5150の感想・評価

2.5
苦行レンタルその2、モンスターハントが良作だったのでコレもと期待、前半30分はテンポ良くアドベンチャーしてたのだか、帰還後がいただけないオカルトホラーに使用が変わりテンポが遅くなり見応えがなくなる。CGもお金かかってクオリティ高いのだが、中盤以降の失速が全てを台無しにしてる。
おまむ

おまむの感想・評価

2.5
どういうこと?
彼は結局なんだったの?

うまく謎が解けてないよ
たま

たまの感想・評価

2.5
陸川監督は「ミッシング・ガン」と「ココシリ」しか観ていないけどどちらもドラマ的カロリーのバカ高い怪作でした。いずれも泥臭く力強い映像に取り込まれ、大変に体力精神力を削られたものです。(だから「南京!南京!」を観たいと思いつつ観る勇気がない)そんな商業映画の対極にあるような作風に信頼を寄せていた陸川監督がCGバリバリの中国ファンタジー超大作に乗り出す、ということで「!?」て思いますよねー。

コントラストが重く人間の生命や感情を強調する劇画調映像と、オンラインファンタジーゲームのような魔物や妖魔塔のCGとの食い合わせが良いわけない...。互いに互いの世界を壊してます。撮影がことごとくカッコイイだけにとても残念。この流れだと続編あるのかしら。観ますけど、劇場ではないかなー。
類

類の感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤から火炎コウモリの炎で焼かれ、雪崩れに埋もれ、崖から落ち、バッタバッタと仲間が死んでいった。
全体のストーリーが雑に感じた。
アクションファンタジーかなーと思ってたけどそうでもないし、ピンの過去が最後の最後で明かされて、何だったのだろうかという感じ。

ワクワクしてたのにちょっと期待はずれ、かな。

ピンは綺麗で可愛かった。【字幕】
santasan

santasanの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

前半の妖魔塔へ行って最後に主人公ひとりだけが生還するまではよかったが、後半は怪物とのバトルに流され、とっ散らかったまま収束しちゃったな。
>|