びるこ

忍びの国のびるこのレビュー・感想・評価

忍びの国(2017年製作の映画)
2.6
原作未読だが、のぼうの次の作品ということもあり、能ある鷹は爪を隠す系主人公にイラッとするヒロインという予想のつくキャラクター。
無門だけやたらと現代的なゆるい演技で、ちょっと浮いてしまっているような。
アクションはコミカルで観ていて楽しいが、その他の人間ドラマ部分はテンポが悪いように感じた。

忍びの利己的な思考を現代人と重ねて風刺したいのは分かるが、映像を使ってまで現代人と重ねるのはいくらなんでもダサい。