さらりくん

忍びの国のさらりくんのレビュー・感想・評価

忍びの国(2017年製作の映画)
5.0
初日夫婦で観にいきました
主人がレ・ミゼラブル以来久しぶりに泣いているのを見てビックリした事を覚えています。
無門が「ひとでなし」から心を持つ人へと変化していく表情が忘れられなくて数日後には映画館へ、そして何度も通う映画になっていました。
数を重ねる度に登場人物たちの想いに寄り添い涙したり、最後まで人でなしでいる十二家評定衆や忍びの民のコミカルさで際立つ恐ろしさにゾッとしたり…
本当に何度も何度でも楽しめる作品です
そして、映画館でまた観たい作品です