あしも

忍びの国のあしものレビュー・感想・評価

忍びの国(2017年製作の映画)
5.0
忍者映画なのでアクション主体の映画だと思って観たら、良い意味で裏切られました。
忍者側、侍側、個々の人間達の生き様が明確に描かれていて共感を覚え、それぞれの立場で応援したくなる。

それまでコメディタッチで描かれていた無門とお国の愛も実は深くて、これが究極の愛かと震えがきた。

もちろんアクションも素晴らしい!主演の大野智さんと鈴木亮平さんの一騎打ちは圧巻過ぎて、呼吸や瞬きを忘れるくらい。

しかしこの映画の素晴らしいところは、このものすごいアクションが単なるアクションではなく、二人の心の動きが巧みに描かれているところ。
アクションシーンで泣いたのは生まれて初めてだった。

単なる忍者映画、アクション映画ではない。群像劇でもあり、究極の夫婦愛を描いた愛情物語でもある。
久々に素晴らしい映画を観ました。