めはる

忍びの国のめはるのネタバレレビュー・内容・結末

忍びの国(2017年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の川の戦いは凄かったです。
戦うなかで、二人の気持ちが通じたようなシーンがあり、平兵衞が「これで人として死ねる」と言って死んでしまうんてすが、無門の「わかったよ、もう怒るな」と優しく鎮めような言葉が泣けました。
途中までコメディ要素もあり、全体のバランスが良かったと思います。