くろすけ

忍びの国のくろすけのレビュー・感想・評価

忍びの国(2017年製作の映画)
5.0
原作読了済み。
主演を大野さんがやるのが決まってから原作を読んで、これを大野さんがやるのか~!とファンとしてとても嬉しくなった。
ここまで性癖がつまった役を好きな人が演じてくれる幸せ・・・。

ただ予告が公開したときにおっと?なんか原作と雰囲気が違うな?と思って少し期待値が下がってしまった。
アクションするおちゃらけムービーになってしまうのか、アクションもそこまでレベル高くないのかななんて勝手に思ってしまった。

公開して、劇場に見に行って本当に良かった。
アクションのレベルは高いし、飄々として軽薄で人間味のない無門がいてほかのキャストも総じて素敵だった。
お国と無門のやりとりや忍びのあまりにもクズな姿には笑えた。

何より大野さんの無門が本当に良かった。
普段はやる気無いしお国さんにはヘコヘコしてるのに、逆鱗に触れたら目や声から温度が消えるのがいいし、うっすら笑うのが不気味で雰囲気があった。
最後のシーンは、無門に芽生えたものと同時に失ったものを考えるともうたまらない気持ちになる。
DVD買いました。