忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

虎狼の族は天下に散った。その血はいずれ天下を覆い尽くす。

このレビューはネタバレを含みます

無門は大野智あってこそだと思う。名前も知らず、忍びとして育てられ、それを隠すかのようにヘラヘラと人を食ったように振る舞う。それがお国という愛する女性をさらってきて側にいるだけでささやかな幸せを感じ始め何かが変わり始めた無門。映画では少しずつ2人の気持ちが近づき、そして無門は平兵衛との川の戦いで平兵衛の気持ちも受け取り平楽寺へと戻ってくる。それからが怒涛のごとく無門の気持ちが爆発していくラストへと。もう、平兵衛との殺陣のシーンからラストにかけて涙が出て止まらなかった。2人の男の魂のぶつかり合い、お国を守れなかった無門の慟哭。そして始めから引き込まれる話の流れ、笑える場面、殺陣、兎に角面白く、二回目、三回目と観る度に面白くなる不思議な映画です。
りすこ

りすこの感想・評価

3.5
大野くんと石原さとみの絡みが観てて楽しかった。

アクション盛りだくさんの中、コミカル要素あり、泣きもありで見応えはあったかなと思う。
らむ

らむの感想・評価

5.0
最初のつかみから引き込まれました。
忍者映画の概念を良い意味で壊されました。
寡黙な忍者のイメージ、曲など全てが予想外で初見はついていけなかった(笑)
でも2回見て「忍びの国」の世界観の虜になってしまいました。
無数の忍者が参集するシーンの面白さ、夫婦のコミカルなやりとり、そして何と言っても無門と平兵衛の「川」が圧巻。
何度見ても目を見張る場面です。
これは是非とも映画館の大画面で見て欲しい作品ですね。
ak

akの感想・評価

1.8
面白そうだったので、観に行きました。
大野くん演じる無門が飄々としてて、それが重たくなりがちなアクション作品を飽きることなく観ることができるんじゃないかなあと思ったんですが、個人的に無門に一切感情移入ができないまま終わりました… 基本的に主人公に感情移入できなくても、周りの誰かに惹かれて作品を観るんですが、これに限っては誰にも惹かれることなく終わってしまったのが残念でした。
個人的に無門とお国ちゃんが惹かれていった過程をもう少ししっかり描いてほしかったです。

このレビューはネタバレを含みます

最高です。この映画。
大野君が大好きで、ただただ、大野君主演の映画が見たかっただけの私ですが、もう最後は、感動の嵐で、泣けてました。
虎狼のやからと呼ばれ、人を殺す事さえ平気だった人間が、どんどん成長していく。人の命がどれだけ大切な物か、生きると言う事が、どう言う事なのか。
考えさせられる映画だと思います。
大野君の演技力にも、本当に骨抜きになりました。
是非、大勢の方に知ってほしい映画です。
エンドロールまでステキでした。
みっこ

みっこの感想・評価

5.0
笑って泣いて、何度も観ました。応援上映も初めて体験しました。とても好きな映画です。
chiko

chikoの感想・評価

3.0
記録。2人で。
大野くんアクションすごいじゃん
>|