忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

娘が合宿で不在の金曜日の夕方、妻が観たいというので鑑賞。ガッツリ寝てしまった…。映画が始まり主人公の無門が何故無門なのかを示すような活躍をし、「川」というタイマン勝負をした後、気がついたら美人女性と京都に向かっていた。

なので、観た場面は半分強なのかな? 感想を書くかどうか迷ったけれど、もう一度観ることはないだろうと思い、鑑賞記録として…。

後半のクライマックス、無門(大野智)と下山平兵衛(鈴木亮平)の対決、なかなか見応えがあった。映像効果のおかげもあるのだろうけれど、2人ともキレがバツグン。大野君が素で演じたらしい無門は、普段の脱力した雰囲気とのギャップが凄いっす。主役のキャスティングはばっちりハマっている気がする。

戦国時代、織田信長軍と戦った伊賀忍者集団の物語。起きて観ていた部分から想像するに、伊賀の国では孤児を集めて忍者を育成し、領土を守っているらしい。

子どもの頃から戦闘兵器として教育されてきた忍者たちは人間性が欠落しており、もっぱら自分のことのみ考えて行動するようになっている。

最強兵器・無門もそんな1人だけれども、頭の上がらない美人女性お国や下山平兵衛との戦いを通じて、人間性に目覚めていくというような話なのかな。

寝落ちした部分は妻に聞いたり、ググったりしたけれど、信長軍を率いる織田信雄(知念侑李)の成長物語もあったらしい。

ということで面白そうな話ではあるのだけれど、ちょっと軽めのテイストや、ナレーションなど説明しすぎ感のある演出(寝落ちの一因?)が評判を下げているのかしら。ただそれでも単純明快な話の好きな妻はいまひとつわからなかった的なこと言っていた。

ジャニーズ主演だし、歴史に興味のない人もたくさん来るよねということで説明を増やしたのはいいけれど、映画の深みや余白を味わいたい方々には物足りなく、スキッとわかりやすい訳でもなかった、という感じなのかしら。
もも

ももの感想・評価

3.7
時代劇ものが好きな人にはおすすめ!
信長協奏曲を思い出しました。
とりあえず大野さんがまんま大野さんで笑った。
アクションもありハラハラで見応えのある作品でした!
かほ

かほの感想・評価

2.7
何故か三回見た
史実上の忍者ってえげつないなーって思った。アクションは見ごたえあった。
ふとん

ふとんの感想・評価

3.5
もう伊賀忍者たちの人間性のなさが…
本当に最後の最後まで…というか
ものすごく何かを得た気がしました。
現代に結びつくというのが
珍しい感じでした。

伊勢谷さん素敵です←
組織票はやめなさい。
アクション重視なのかな?
戦略とかはあまり重要視されてない様に感じました。
内容的にはそんなに特別な事はしてない様に感じましたが、忍者や侍の戦闘とかが好きな方は楽しめるのではないでしょうか
saurs

saursの感想・評価

3.1
思っていたよりもちゃんとアクションしてた
asm

asmの感想・評価

4.0
記録
>|