忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

娘が合宿で不在の金曜日の夕方、妻が観たいというので鑑賞。ガッツリ寝てしまった…。映画が始まり主人公の無門が何故無門なのかを示すような活躍をし、「川」というタイマン勝負をした後、気がついたら美人女性と京都に向かっていた。

なので、観た場面は半分強なのかな? 感想を書くかどうか迷ったけれど、もう一度観ることはないだろうと思い、鑑賞記録として…。

後半のクライマックス、無門(大野智)と下山平兵衛(鈴木亮平)の対決、なかなか見応えがあった。映像効果のおかげもあるのだろうけれど、2人ともキレがバツグン。大野君が素で演じたらしい無門は、普段の脱力した雰囲気とのギャップが凄いっす。主役のキャスティングはばっちりハマっている気がする。

戦国時代、織田信長軍と戦った伊賀忍者集団の物語。起きて観ていた部分から想像するに、伊賀の国では孤児を集めて忍者を育成し、領土を守っているらしい。

子どもの頃から戦闘兵器として教育されてきた忍者たちは人間性が欠落しており、もっぱら自分のことのみ考えて行動するようになっている。

最強兵器・無門もそんな1人だけれども、頭の上がらない美人女性お国や下山平兵衛との戦いを通じて、人間性に目覚めていくというような話なのかな。

寝落ちした部分は妻に聞いたり、ググったりしたけれど、信長軍を率いる織田信雄(知念侑李)の成長物語もあったらしい。

ということで面白そうな話ではあるのだけれど、ちょっと軽めのテイストや、ナレーションなど説明しすぎ感のある演出(寝落ちの一因?)が評判を下げているのかしら。ただそれでも単純明快な話の好きな妻はいまひとつわからなかった的なこと言っていた。

ジャニーズ主演だし、歴史に興味のない人もたくさん来るよねということで説明を増やしたのはいいけれど、映画の深みや余白を味わいたい方々には物足りなく、スキッとわかりやすい訳でもなかった、という感じなのかしら。
mamipigu

mamipiguの感想・評価

3.4
忍者モノ、ドッカンドッカンお祭り的にくるんだと楽しみにしていました!
そしたら意外と現代への警笛を鳴らしていたりする深さもあってビックリ。

大野君の無門ははまり役だなぁ!!
力を抜いてるのに、実力がある。
川の時の殺陣がとにかくかっこいい!!
大野くん好きだからスコアもそらぁー伸びます。笑

それにしてもお国の美しさよ。。

忍者らしい戦いを楽しんだけど、もう少しバレないようなセットにして欲しかった。。

お金への関心、他の人間の死には無頓着。
自分の大切な人が殺されないと『死』というものがわからない世界。
人を殺すという感覚自体が麻痺している時代なのか、それとも伊賀忍びだからなのか。
赤富士

赤富士の感想・評価

3.0
現代なら、金をもらって働くのは当たり前で、義理や人情や忠誠心だけで働くのはなかなかキツイ。いわゆるボランティア。
この考え方は、今なら当たり前なのに、昔なら悪となってしまう。
しかし、義理や人情や忠誠心ではなく、金のために命をかけて働いたのが忍者。
今までには無かった視点で作られていてなかなか良かった。
伊賀の忍びの国と伊勢の織田勢との戦いを描く。

忍者モノというと、子供寄り、特撮寄りの、どちらかに寄りがちなのに、どちらにも寄らず、不思議な感じの演出になっている。
この絶妙な演出はスゴイと思う。
見事に映画の世界観に引き込まれました。

忍者モノと思いきや、最後に現代の日本社会への痛烈な批判がサラリと盛り込まれていて、ヤラれた感じ。

流石、中村監督!
たく

たくの感想・評価

2.6
普通につまらなかった、、

お金ないからセット感出まくりなのは仕方ないけど、なんですか、あのスパイ映画みたいな曲、、

やってやったぜ、どんでん返し〜!みたいなの、、

お話も、へぇー、、って感じで終わってました。

残念。
かおり

かおりの感想・評価

3.5
アクションメインの映画、久々に見たからドキドキした。
キャストがみんな素晴らしく、意外と知念くんの泣きの演技にもグッときた。
ラストはやっぱり石原さとみが持っていくよねー。かなわない存在感!2人のシーンがこの映画で唯一緩みを持たせてくれていた。
人間になれて、よかった。
後半の追い上げがすごい😳
なや

なやの感想・評価

3.0
すごくつまらない
Kazuhiko

Kazuhikoの感想・評価

3.6
記録..。
shinov

shinovの感想・評価

3.9
思ってたよりちゃんとしてた!
ロケ地が緑いっぱいで目に嬉しいし、衣裳や美術、音響、照明、結髪、メイク、とにかく時代劇のスタッフワークがすばらしい。画面がキレイ。

合戦シーンにロック流したりポップな演出もすべってないし楽しくてテンションあがる。
とあるギャグ漫画実写時代劇のすべりまくり演出とは段違いだ…

時代劇って楽しくて荒唐無稽でいいん
だよね!の自由さが正しい方向へむいていて、子連れ狼シリーズ観てるみたいにワクワクできた。

今や、何やってもかっこいいクリプラ状態に入ってる鈴木亮平。このころこんなに細いのねー!何やってもかっこいい。

その鈴木亮平にかしずかれるマキタさんがいっぱい見れて大満足。
>|