忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

娘が合宿で不在の金曜日の夕方、妻が観たいというので鑑賞。ガッツリ寝てしまった…。映画が始まり主人公の無門が何故無門なのかを示すような活躍をし、「川」というタイマン勝負をした後、気がついたら美人女性と京都に向かっていた。

なので、観た場面は半分強なのかな? 感想を書くかどうか迷ったけれど、もう一度観ることはないだろうと思い、鑑賞記録として…。

後半のクライマックス、無門(大野智)と下山平兵衛(鈴木亮平)の対決、なかなか見応えがあった。映像効果のおかげもあるのだろうけれど、2人ともキレがバツグン。大野君が素で演じたらしい無門は、普段の脱力した雰囲気とのギャップが凄いっす。主役のキャスティングはばっちりハマっている気がする。

戦国時代、織田信長軍と戦った伊賀忍者集団の物語。起きて観ていた部分から想像するに、伊賀の国では孤児を集めて忍者を育成し、領土を守っているらしい。

子どもの頃から戦闘兵器として教育されてきた忍者たちは人間性が欠落しており、もっぱら自分のことのみ考えて行動するようになっている。

最強兵器・無門もそんな1人だけれども、頭の上がらない美人女性お国や下山平兵衛との戦いを通じて、人間性に目覚めていくというような話なのかな。

寝落ちした部分は妻に聞いたり、ググったりしたけれど、信長軍を率いる織田信雄(知念侑李)の成長物語もあったらしい。

ということで面白そうな話ではあるのだけれど、ちょっと軽めのテイストや、ナレーションなど説明しすぎ感のある演出(寝落ちの一因?)が評判を下げているのかしら。ただそれでも単純明快な話の好きな妻はいまひとつわからなかった的なこと言っていた。

ジャニーズ主演だし、歴史に興味のない人もたくさん来るよねということで説明を増やしたのはいいけれど、映画の深みや余白を味わいたい方々には物足りなく、スキッとわかりやすい訳でもなかった、という感じなのかしら。
なお

なおの感想・評価

-
時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と滅ぼし、勢力を拡大していた。次に狙う伊勢・北畠(きたばたけ)家には次男の信雄(のぶかつ)を送り、日置大膳(へきだいぜん)、長野左京亮(ながのさきょうのすけ)らの重臣ともども、支配下におくことに成功した。特に日置大膳はその武勇が織田家に轟くほどの猛者で、織田の軍勢はさらに盤石なものとなった。
今や織田家の天下統一は目前であった。しかし、その織田信長でさえ攻め入らなかった国がひとつだけあった。それは伊勢の隣国・伊賀。伊賀に棲(す)むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆で、“虎狼(ころう)の族(やから)”と呼ばれて恐れられていた。そんな忍者のひとり、無門(むもん)は、“どんな堅牢な門でも彼の前では意味をなさない”と形容されるほどの凄腕の持ち主だが、普段は無類の怠け者で、女房のお国(くに)の尻に敷かれる毎日を送っていた。
一方、腕は無門に匹敵する伊賀忍者の下山平兵衛(しもやまへいべえ)は、家族の命でさえも粗末に扱う伊賀の考えに疑念が生じ、故郷の伊賀こそ滅亡すべきと考えるようになっていた。そしてある日、ついに織田軍が伊賀討伐の兵を挙げる。下山平兵衛が祖国を裏切り、伊賀への手引きを行ったのだった。
最強織田軍 対 伊賀忍び軍
圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に対抗するのだった!
イモリ

イモリの感想・評価

3.5
面白い。殺陣が素晴らしかった。コメディタッチの割にはそんなに笑えなかったり泣かせに来てる割にはそうでもなかったりしたけど。
天正伊賀の乱をベースにしているが、冒頭部分はその前段階の三瀬の変も描いている。ここの歴史的知識があってもいいが、全くなくても物語は呑み込めている。しかし脈絡なく部分部分に現れる説明は、史実を掘らないとわからないかもしれない。例えばお国がいきなり安芸国出身ということで面喰うが、無門は北畠が毛利を頼って行った安芸にも同行したのだろうか?と考えるのが自然である。それにしても伊賀に(それも貧窮の無門の所に)さらわれてこられたお国があまりにも堂々としているのは結構不自然でもあったけど。

エンタメ要素も要求される作品なので、タッチは基本コミカル。忍者たちの戦法等を期待して鑑賞したが、そういった説明や史実通りの残虐性は排除されている。唯一軸になっている風習としては「川」であるが、「はみ出したら斬られる」部分が甘いような気もする・・・。

お偉方が勝手に始める戦争に否応なしに駆り出される側としては、銭金もらわんことにはやってられんというのが今も昔も正直な所なのだろう。戦法の部分をエンタメに持って行くために生み出されたのが無門であり、彼の不死身さもそれに一役買っている。お偉方の密約に翻弄されても決してそこに屈することなく、あくまでも人間臭く生きることをファンタジックにまとめている。

TOHOシネマズ フリパ3本目
鑑賞前から分かってたけどノリ軽っ。陰の世界に生きる忍び達が陽気に描かれ、主人公や演出のおちゃらけた感じは肌に合わず、観てて小っ恥ずかしくなったわ。

立ち位置の定まらない、ひょうきんな主人公。忍びの国の危機も何処吹く風やら、な感じの奔放な彼が、伊賀に攻め入る織田信雄の打倒を決意する、そのきっかけも弱いな。全体的に飄々としてるからか、酷薄な場面も、一切感情移入できず、全然悲しくない。後半の一対一の殺陣のシーンは、結構迫力があったかな。

美術や衣装、ロケ地やらに気合が入ってた「関ヶ原」を観てからの本作では、チープ感がよう目立った。
hoppi

hoppiの感想・評価

3.5
原作が好き
チープ感が許せない
最後の橋のシーンが無くて残念
大野くんがピッタリな役よかった!
アクションかっこいい!!
>|