忍びの国の作品情報・感想・評価

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

ymk

ymkの感想・評価

3.5
記録
Shibaatsu

Shibaatsuの感想・評価

4.0
大野くんが好きならかなり楽しめる。物語よりアクションとかコメディを楽しむ映画?
冒頭のタイトル入るところが格好良くて好き。
8回鑑賞(記録用)
忍びの極楽天国、伊賀の国に信長の魔の手が伸びる。尋常の世では生きられぬ虎狼の輩、ゲスい忍者が慌てふためく様をユーモラスに描く。そして、郷土愛など知ったこっちゃねー、銭が出ないなら戦はしないベー的な忍者の特性が丁寧に表現される。

おおっ、川じゃーっ、川じゃぞーっ!
あまり世にに知られてなかった、忍びの者の一大イベントで最大の戦闘娯楽「川」がお目見えする。

ストーリーも登場人物も何をしたいのか、よくわからないチグハグさを感じる。

オメェら、人間じゃねえーっ!
自称伊賀忍者最強の無門の叫びも空々しく聞こえる。
ちづみ

ちづみの感想・評価

3.0
思っていたほどエンタメ!ではなかった……家族で楽しめるわくわくにんにん(忍者)映画~!みたいなのだと思ってたら大間違い……!
最初は忍者の技とか戦いとか、かっこよく見せてくるのですが、とあるひとつの計画が露見してからは180度世界観が変わります。
金さえあればなんでもやる忍者の世界、かなりシビアで、やべぇ奴らの集まり。序盤で織田勢が忍者をさんざんこき下ろしてたことに、後半になって納得しはじめた。
別にスカッとする終わり方でもないし、かといってモヤモヤが残るわけでもない、微妙な感じだったんですが、主人公の無門の生き方には「いいね!」を押したくなるエンディングでした。
鈴木亮平や伊勢谷友介の雄々しいアクションも中々ですが、大野くんのスタイリッシュなアクションも、忍者らしくて良かった。
しかし一番は哀しみの姫となっていた平佑奈ちゃん……爪痕残してくる感がすごい。石原さとみぜんぜん記憶に残らん……
面白かった!
つ

つの感想・評価

3.7
アクションかっけー
せー

せーの感想・評価

3.6
しょーもなエンタメ(褒め言葉)。大野くんの芝居に光るところあり。
DIJ

DIJの感想・評価

3.1
思ったより面白かった
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

1.7
何かメッセージ性みたいなもの?
いっぱいあったのかもだけど、
全然汲み取れなくてすみません。
という感じです。
どんなテンションで見たらいいのか
わからなかった。
というレビューがあったが、
言い得て妙と思う。
>|