忍びの国の作品情報・感想・評価 - 150ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

琴子

琴子の感想・評価

2.3
テンポの良さとアクションの勢いで押し切られた

退屈する程ではないんだけど、あっこんな終わり方なんだっていう不完全燃焼感

コメディ色が中途半端な気がしたんだ

きっと来月には半分くらい内容忘れてる
Kosuke

Kosukeの感想・評価

3.3
そんなん忍者最強に決まっとるやん。
忍者村行って鍛錬した思い出が蘇ってきた。あんなんで忍者なれるはずがない。も一回コスプレしたい。

このレビューはネタバレを含みます

仕事帰りに映画館へ。やっていたのが
・忍の国
・メアリーと魔女の花
・パイレーツ.オブ.カリビアン
の3つでした。
評価が高いのが
忍の国とパイレーツで、
忍の国が、一番時間が合ったので、友人と映画館で観ました。

最初の身内の小競り合いから、よく設定がわからず
騙し合いも、理由がよくわからず
忍者は金の為にだけ動き、信用出来ないと思いました。
映画の中でも「人間じゃない」とうセリフが何回か出てきますが。

不満な点
・伊勢谷が、元主人を切ってしまうのも、現主人に意見するのも
・鈴木亮平が伊賀忍者を裏切るのも
・無門が愛国心が無く、人として尊敬出来ないのも
・無門の妻、お国が忍者の吹き矢によって死んでしまうのも
・無駄に準主役級が、ドンドン死ぬのも
・父の敵を討って欲しいと、姫から小茄子(宝)を受け取り、姫は望みが叶うと思い自害したのにその後、敵を討たないのも

どれも、共感も納得も出来ませんでした。
せめて、無門が尊敬出来るような人間に描いて欲しかったです。
しかも、無間は、無敵の設定なので誰と戦っても、どーせ無門が勝つのがわかっているので、ちっともハラハラしなかったので、
途中で飽きてきて、眠くなりました。

終わってから友人と「評価が高い割に、全然良くなかった⤵️」「この映画を観て評価しているのは、ジャニーズファンが多いのか?」という話になりました。
確かに女性は多かったです。

ジャニーズファン以外には、お勧めしません。
それ以外の人は、テレビなら、いいかもしれません。
白い熊

白い熊の感想・評価

3.2
純粋に忍者ものの映画としては良いと思うが、大野くんを目立たせるためだけの映画だった気がする。
内容にもっと深みと、もっと複雑な人間模様を期待していただけに、残念な結果だった。
たけし

たけしの感想・評価

2.5
大野君の飄々さがドンピシャハマってました!
鈴木亮平君はかなり役にもハマっててなかなか良かったです。
全体的にはストーリーは、まぁ分からなくはないです。
が、描きたいことが薄くて、映像は予算の関係からか中途半端なコメディ感満載。

しかし、これ、伊賀の人怒ってくるんちゃう?
添島

添島の感想・評価

3.4
いや………大膳??大膳????

いや面白かったです、今はやりのサイコパスたち、ひっでぇな!!と思いつつもやはりスタイリッシュで思わず笑ってしまったりもするしさとみちゃんめちゃくちゃかわいかったです。アクションも最高でした。いやしかし。

大膳??大膳貴様何がしたかったのか???國村さん素晴らしすぎる主だったよ???マキタスポーツなじる権利がお前さまにあったかしら???
ん?読み取れてないだけなのかしら…不安になってきたよだってかっこよかったけど知念くんにころっとほだされすぎじゃないわからない…?
顔と声はよかったです。でも大膳……???

深く考えなきゃ楽しかった!あと主題歌よかった。
20170715
きっかけは智が出てるからだけどこれは見れてよかった名作
NANA

NANAの感想・評価

3.2
エンタメ系忍者活劇ムービー☆シリアスなシーンもあったが、思ったよりもコメディ要素が多かった。殺陣好きにはたまらないシーンが多々あった。國村さんの演技が印象的でした。

2017-07-06-67
無門は大野くんにピッタリな役だと思った!伊賀一の忍びなのにお国には弱いとか所々笑いもあって、だんだん無門が人でなしじゃなくなってあのシーンではちょっとウルっときた。途中ちょっと中だるみしたけど、後半からの戦い、特に無門と平兵衛の川のシーンはすごかった。あと大膳格好良い...!
af

afの感想・評価

4.5
原作未読。
ジャニーズ映画?と思って舐めてかかったらアクション凄いし話も二転三転、ハラハラしたりクスッときたり悲しかったり心動かされたり。ニンジャじゃなくて忍者だ…!ってなったり。あと石原さとみが白くて綺麗で強くて超綺麗で無門がベタ惚れするのがよく分かる…。
主人公は伊賀忍者なんだけど伊賀陣営もやな奴だったり、伊勢陣営(織田信雄)も応援したくなる人たちだったりで最後までどちらが勝つのか分からなく、最後まで楽しめた。(歴史に詳しければ勝敗知ってたのかもですが)
フィクションの「お前ら人間じゃねえ!」って戦争なら・乱世なら仕方ないじゃん、ってレベルだったり一時的な狂乱だったりする印象があるんだけど、これに出る「虎狼の族」は本当に人の心が無い! そこからのオチの大膳(伊勢谷友介)の締め方にはそこまでの「人でなし」描写が説得力あっただけに本当にグッときた。