忍びの国の作品情報・感想・評価 - 152ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

cailin

cailinの感想・評価

3.5
舞台挨拶生中継の為に初日の初回を鑑賞。無門が大野智の為につくられた役なんじゃないかっていうくらいぴったりだった。普段はだらっとしてる(ように見える)けど、身体能力は抜群でとにかく身軽で動ける。わりとコメディな部分もありつつ、後半のアクションシーンが面白カッコ良い。日本史には明るくないけれど、そんな人にもわかりやすく作られていてとても良かったです。
わたしは原作を読んでいたこともあって内容が端折られてて不満があるが、原作を読んでいない人なら満足できる作品。

まず、
実在した国と人物たちが織り成す歴史小説の実写化は、原作のイメージと異なった部分が出てくるが、大野くんの無門は大野くんの人柄そのもので、配役にはとても納得した。

そして、

アクションシーンは吊られてる感が強すぎて微妙だが、大野くんや鈴木亮平さんなどの対峙して戦うシーンはすごく迫力があって興奮した。石原さとみ演じるお国は美しく石原さとみ特有のぶりっ子演技がなく、凛とした強い女性でとても良かった。

総括すると、この映画は男の人はもちろん女性も楽しめる笑って泣ける映画。
38

38の感想・評価

3.2
気負わずさくっとみれて、
面白かった!!

無門のキャラクターが
大野くんにぴったり^ ^!!
舞台挨拶中継込みで鑑賞。
原作が好きで気になっていた作品。
脚本を原作者が担当していたので違和感無し。
大野くんは想像以上に良かった。ちゃんと無門でした。終盤の鈴木亮平との「川」対決も迫力満点。
知念くんは金メダル男以来、ちょっと情けない役が似合う。元々格好良いからできるんだろうな。
音楽の使い方が上手く、アクションシーンは踊りながら鑑賞。

[中継]大野くん。知念くん。伊勢谷さん。マキタスポーツさん。石原さん。談春さん。鈴木さん。そして監督。
みらの

みらのの感想・評価

3.7
2017.7.1

ざきさん


演技すごい。
舞台挨拶中継最高だった〜
Kotaro

Kotaroの感想・評価

4.0
本日2回目の鑑賞。1回目見た時よりすごい面白い。
Macky

Mackyの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画&舞台挨拶生中継、面白かったー!
泣けた笑えた最高だった!
お国に対して泣く無門に、泣けた(;o;)
あと2.3回観よ!!
とっても面白いじゃないか。
想定以上。で大満足。
戦国時代、周りの国を攻め落とされ金で仕事を請け負い生き抜いてきた忍びの国の取った行動は知名度を、上げ仕事を増やす為に織田軍を倒す事。そしてそこで育った無門と拐われてきたお国の物語。
大野くんのかっこよさとコミカルさ、美人で厳しい石原さとみ。そして鈴木亮平や伊勢谷友介等魅力的なキャスト。文句無し大正解。
お金を払えば大野智の本気がみれるとはこのこと。

殺陣さいこうによかった

脚本家=作者なので意図してた終わり方だったのでは?
ストーリーについては原作のときから疑問におもう結末までの展開なのでそれも忠実に再現してたしいうことないでしょ
Kazu

Kazuの感想・評価

1.0
伊勢谷友介・鈴木亮平・石原さとみ
この3人が救っていました
それ以外の軽さったら・・・