忍びの国の作品情報・感想・評価 - 152ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

アクションとしては動きもいいし、ちょっとおちゃらけ感もあって気軽に観れる。そういうのを期待したので信雄の涙はいらなかった。
この映画で得られたものはほぼ何も無いが、とりあえず忍者かっこいい、あんな動きしたい、と少年の心は蘇った。
もっと重い感じかなと思っていたら、クスクス笑えるところが多くあって、スゴくわかりやすくて観やすくて面白かった。

奥様役の石原さとみの無表情が、いい感じに気の強さが現れていてよかった。

大野君の無門のアクションはすごかった。一見の価値あり。
最後に泣けた。
良くも悪くも若い人向けの時代物かなあという気がしました。
率直に言って、

石原さとみの役→いらない
畠山信雄→下手くそ

でした。
伊勢谷友介さんが良い役してますね。
大野智くんがゆるかっこいい。
アクションもかっこよかったと思う。
Vanillaice

Vanillaiceの感想・評価

3.0
すごく中途半端!これからって所でブレーキをかけられる中々話に乗れない。
キャラクターもなんかぶれるし一体何を見せたかったのかわからない。
だけども決してつまらなくなかったよ。
とりあえず見たあとモヤモヤします。
会長

会長の感想・評価

1.5
大野君を好きなら観ればいい。
そうじゃないなら観なくていい。
映画時間内でのストーリー設定が無理があったように感じられました。
ひょうひょうとしてる大野くんは面白かった^_^
「川じゃ…!!」 言いたい。
エンタメ!最高!予想の5倍以上面白かった。最高に娯楽映画!
笑えるとこは笑えばいいし泣くとこは泣けばいい、深く考えないで流れに身を任せればいいところが最高にエンタメでした。終わって単純に「おもしろかったね〜〜!!」って盛り上がれて楽しかった。
誰の肩を持てばいいか悩む感じ、とはいえ、その誰にも完全には共感がしにくいところがあって、それがまた面白い。

そんでみんなレベルMAXみたいなところからスタートなのも、最高!無駄なレベル上げとかいらない!つえー!面白い!

あと音楽はもっと和だったり、むかしっぽくするのかな?とおもったらそんなことはなく。曲がやたらカッコイイ。単純にテンションが上がるってそれだけで最高!いい映画だった〜!
aiko

aikoの感想・評価

3.5
大野くん目当てで見たけど、ストーリーは面白く、キャストもぴったり!
びるこ

びるこの感想・評価

2.6
原作未読だが、のぼうの次の作品ということもあり、能ある鷹は爪を隠す系主人公にイラッとするヒロインという予想のつくキャラクター。
無門だけやたらと現代的なゆるい演技で、ちょっと浮いてしまっているような。
アクションはコミカルで観ていて楽しいが、その他の人間ドラマ部分はテンポが悪いように感じた。

忍びの利己的な思考を現代人と重ねて風刺したいのは分かるが、映像を使ってまで現代人と重ねるのはいくらなんでもダサい。