忍びの国の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

のん

のんの感想・評価

5.0
主演有りきでなく
其々の登場人物がしっかりと
描かれていて、いたる所に伏線が
張られており、とても解りやすく
素直な気持ちで鑑賞できました
naonao

naonaoの感想・評価

5.0
何度でも観たくなる映画。
観るたびに終わったあとに色々考える余韻が残るステキな映画でした。アクションも素晴らしく息を止めてみてました。
まー

まーの感想・評価

5.0
アイドル映画ではなく、奥深い内容で考えさせられる映画でした。
ポスターやCMから得る感じは単なるアイドル映画でしたが、全然違っていて驚きました。本当にもったいない‼

みなさん素晴らしい役者さんばかりですが、大野さんの演技が本当に凄かった。
今までどんな大作映画を観ても映画館では一回で十分、よほど気に入ればレンタルでという感じでしたが、この映画は違いました。

特に後半の大野さんの演技が頭から離れず心震えました。
もう一度お金を払ってでもあのシーンを観たい!と思ったのは初めてでした。
本当におすすめの映画です。もっと多くの人に観てもらいたいです。
misato

misatoの感想・評価

2.7
かるーく笑ってみれる作品 てかあれ知念くんか!
toko

tokoの感想・評価

5.0
大野智さんの色々な表情が面白い。そして、かっこよい

このレビューはネタバレを含みます

 はじめに感じたのは、この映画は反戦映画だということです。忍びの国は、少年兵を人殺しに育て、死に対して感情を無くさせる、恐ろしい世界です。弱い者が死ぬのは、仕方ないと思っていた主人公、無門は、一番大切な人をなくして、やっと間違いに気がつきます。
 キャッチコピーは、『侍VS忍び』でしたが、対比が印象的でした。義のために動く侍と、金のために動く忍び。侍の中でも、正義のために動く大膳と、時代の流れに従う左京亮。忍びの中でも、人として生きたかった平兵衛と、忍びのまま幸せをつかみたかった無門。台詞も、対になっていて、何度も観て、確かめたくなりました。
 アクションシーンも、侍側と、忍び側の対比もおもしろいし、途中までの無門のダンスのようなコミカルな殺陣と、平兵衛との一騎討ちの真剣さも、特徴的でした。
 また、登場人物が、それぞれ魅力的で、全員を応援したくなりました。
 
ami

amiの感想・評価

3.6
予告で見てたイメージとは違う
めっっちゃ面白い
なな

ななの感想・評価

3.5
もう時代物という形をとったただのSFアクションではある。
伊勢谷友介が群を抜いてかっこいい。
伊勢谷くんの演技と存在感は素晴らしかったし、知念くんは役がらにぴったりで、どんどん演技に引き込まれました。
大野くんの飄々とした感じも、原作のイメージ通りで良かったです。
RYO

RYOの感想・評価

5.0
何度観ても涙が流れる感動の映画です。まだ観ていない方、DVDで観るからいいやと思っている方、絶対に映画館で観ないと後悔します。大スクリーンで大迫力の忍者たちをぜひ観てください。