忍びの国の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

ぴぴ

ぴぴの感想・評価

3.5
キャストが全員ハマり役だったが故に、ラストの展開はちょっと残念……。
テーマ自体はすごく重い内容を扱っていたりするけれど、コメディ色も強くて少しちぐはぐな矛盾が産まれてしまったような…
アクションシーンはギャグとかっこいいのとの高低差が激しすぎて若干ついていけなかった。
ちょいちょい挟まれるコミカルな演技が面白くて声を出して笑ってしまった。
でも大野くんの身体能力の高さが十分発揮された映画だったと思う。
知念くんの織田信雄役がハマり役すぎてびっくり。
EH

EHの感想・評価

2.5
180221
ものすごく中途半端。言葉遣いは特に。ギャグにしたいのかアクションにしたいのか。何ヶ月もアクション練習したならもうちょい見せ方あるやろ。リーダーの無駄遣い。
アクー

アクーの感想・評価

3.3
面白いつまんないって感じもなくただ普通にみた
でも欲望が人間を駄目にするって一貫して描かれてたから映画を普通に見れたのかもしれない
その点では良かった
映画予告で少し見てみたいって思ったけどそこがピークだったかも
内容は個人的にはうーんって感じ
後先考えて無茶できるかが記憶に入りすぎてた

石原さとみがかわいいこれかな
ぶらぴ

ぶらぴの感想・評価

2.8
間違いなく予告でカッコつけてハードル上げすぎたやつ笑

終盤除いてほぼ
“超チープ”時代劇コメディ

「(えっアクション?どこ?)」
てずっと疑問符が ..
場面とbgmが最初から最後まで全く合ってなくて総評、

『家でゴロゴロ見るDVDでちょうどいい映画』
昔大野智の大ファンだったため、見てみることに。
殺しを厭わず、銭が第一で、人の気持ちもわからない人でなし、虎狼の族(忍び)、、その一人である主人公無門が、乱世をどう生きるのか。

私にはあんまり合わなかった、
なんかこの映画、すごく違和感があります
シリアスな理由をしっかり持たせて人が殺されたり自害してるのに、映画のトーンがポップというか、ゆるーっとしてます、中途半端に感じてしまいます、、
忍びたちに心がないように、この映画にも心がないと思いました。情感がありません、、

でもさとしはすごくはまってました笑
気楽に見れるコメディ
戦うシーンとかも笑い交えてくれるから面白い
主人公が強すぎてよかった
オチが微妙だけど全体的に面白い
蓮

蓮の感想・評価

3.4
虎狼の族
男にはかっこよく見えてしまう孤高な忍者達が否定されたことで、より文明的な生き方の素晴らしさを学べた
ゆかり

ゆかりの感想・評価

1.0
関ヶ原の後に見たからか、
とってもチープに感じました。
結末は好きですが、
だらだらとただの卑しい忍者しか描かれずイライラしました。
もっとカッコいい忍者のお話かと思っていたので残念です。
KANEMON

KANEMONの感想・評価

3.2
「関ヶ原」と同じ日に観なかったらもうちょい評価高かったかなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )?
嵐の大野くん主演の忍者映画。原作は知らないけど、大野くんののほほんとした演技がピッタリのはまり役に思えた。意外にコメデイちっくで前半すごく面白かったが、そのせいで期待し過ぎたのか、後半の脚本がどうも期待はずれ。主人公の行動が一貫性が無いように感じてどう理解して良いのか分からなかった。まぁ、あの忍なので理解など出来ないが正解なんだろうけど…現代社会の風刺とか必要か?てのもある