忍びの国の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

最後の予期せぬブラックな部分とか好き、胸が痛くなる感じ、どうにもならない感じ。
こやち

こやちの感想・評価

3.0
そういえば観てました。タイトルに惹かれて。

飄々として軽くダンスのステップで敵を倒していく大野無門もイイですね。ジャニーズもっと使って踊ったりしてもいいぞ。

「忍びの国」の無門は渋いイメージだったので(原作読んで無いけど想像ね)渋い無門って誰がいいかなぁって妄想しちゃった。
コミカルな忍者映画。

石原さとみにも似合わない髪型があることを知った。
何より伊勢谷友介がかっこよすぎ。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.2
織田軍vs.伊賀忍のゆる〜いアクション時代劇。
.
ファンならどうぞ(笑)
昔のフィンガー5映画みたいにメンバー全員出演させれば良いのに。
共演NGなのかな?
yu

yuの感想・評価

4.0
邦画苦手やけどこれはテンポが良くて余裕で観れた。もうみんなかっこいいアクションエンターテインメントですね。川のシーン好きやな。
「己の欲望のみに生き、他人の心など歯牙にもかけぬその人でなしの血は、いずれこの天下の隅々にまで行き渡る」思っていたよりも、メッセージ性が強い映画だった。そんなやつは、人ではない。人でなしの血は現代においても絶やされておらず、むしろ増えているかもしれない。お金のために生きることや、忠誠心がないことがいけないと言っているのではない。人の心を思う、という1番大切なことを忘れてはいけないと言っているんだ。そういう人は、いつか己を滅ぼすよ。

大野くんがとにかくかっこよすぎた……口元に笑みをたたえながら、踊るように攻撃をかわしてた…アクション派手すぎ!しかも多い!迫力がありすぎて、止めてた息…
あと、なんで知念くんはこんな侍役多い?んだろう….たしかに髷似合ってるけど

このレビューはネタバレを含みます

侍ではなく忍者の話という設定は好き💓
内容はちょっと薄いかな〜
演出かもしれないけど
最初、大野くんの動きが機敏すぎて
アクションというよりダンスしてるみたいで
なんだかPVをみているみたいだったけど
最後の方の戦闘シーンはちゃんと
アクションしててかっこよかった!✨
私も昔、嵐ファンだったので大ちゃんファンは
喜びそうな映画だなと思った😊
つまらなすぎて途中で観るのやめた。
伊勢谷友介がとりあえずカッコいい。
ザン

ザンの感想・評価

4.3
キャスト間の軽妙なやり取りや、奇抜なアクションシーンなどテンポが良く楽しめた。無敵の忍びが尻に敷かれる様子は微笑ましい。それにしても常に怪物くんっぽい大野くん。

このレビューはネタバレを含みます

まずコメディだったことに驚き。アクションで魅せるタイプね、と思って視聴するもアクションもかなりショボくて呆れた。演技も伊勢谷友介以外はグッと来なかった。
無門が人でなしから人になる物語であるが、女子供も殺すと威勢で言われただけでキレたりと心の移りが全く理解できないシーンが多々あった。シリアスなシーンも延々と茶番劇を見せられているような気持ちになり経過時間を何回確認したか分からない。

ラストシーンで伊賀の忍と現代社会のスーツ姿の男性数人がシンクロするシーンがある。忍の一般倫理を身につけていない様子や平兵衛の伊賀国のシステムそのものの異常に気付いて反乱したことからも明らかであるように、現代の政治へのアンチテーゼになっている。くだらない。