忍びの国の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

sippo08

sippo08の感想・評価

3.0
和田先生が原作・脚本の作品。
和田先生の作品は村上海賊の娘しか読めてませんが、
圧倒的な強さの表現とか、
今とは違う戦国時代の倫理観とか、
共通するものは多々あるなと感じました。
元々脚本家志望だった和田先生の作品、映像向きだなぁと感じました。
アクションだけどコミカルで、ファンタジーっぽくも新鮮でした。
機内で観賞したので、またラストシーン観てみます…。

このレビューはネタバレを含みます

原作を先に読んだのですが、大野さんを当て書きしたのか?と思えるほど無門は大野智さんそのものでした。
観賞後は、無門のその後を思ったり、もしお国が生きていたらねずみと3人どんな家族になっていたのか、などと思いを馳せてしまいます。
架空の人物とは思えない感覚になるのは、憑依型と言われる大野さんの力なのだと思います。
ほぼ吹き替えなしで演じきった鈴木亮平さんとの川のシーンは、息をするのも忘れる程の迫力でした。
お2人の人並外れた運動神経と身体能力があればこそのシーンなんだろうなと思います。
最後のお国とのシーンは何回観ても涙なくして観られません。そのシーンと平兵衛との川のシーンを観るために代金を払っても構わないくらいです。
もちろん、クスッと笑えるところあり、手に力が入るところあり、全編見所です。
映画は映画館の大きなスクリーンで観るべき!と強く思った作品です。
タカコ

タカコの感想・評価

5.0
アイドルの映画だと思った自分を後悔しました。
それぐらい完成度の高い作品だと思います。

ストーリーは勿論テンポよく素晴らしいのですが、
特にスタントほぼ無しのアクションシーンは圧巻です。
死闘のシーンでは、セリフのやり取りからお互いを思いやる気持ちが伝わり、そして、言葉に発することのない無門の無言の表情のみの演技もまた素晴らしく、涙が止まりませんでした。

一つ一つのセリフが後々のシーンに繋がっていくところも感動です。

映画、邦画ファンが何度も何度も観たくなる作品です。
ねまる

ねまるの感想・評価

3.8
戦国時代の忍者とアクションと音楽がうまくマッチしてる!

跳ね回る忍者たちの動きを生かしたカメラワークと早回し、スローモーション、ストップモーションを混在させた編集がかっこよかったな!

忍者の身軽な動きと大野くんの動きが組み合わさるとまるで、ダンスの振り付けみたい。

原作読んでいないからなんとも言えないけど、
無門の性格とキャラクターに大野くんはまり役だったと私は思うよ!
原作読んでないけどね!!!!(原作ファンからしたら違うのかも)
原作読んでみたくなったね。

圧倒的にかっこいいのが、ダイゼンこと、伊勢谷友介。
アクションのシーンはそんなにないのだけど、ダイゼンの話す一言一言に重みが詰まってるし、存在感がすごい。
それから、登場するキャラクターの中で唯一まともな人間なんだろうな。

戦国時代といえば、侍!武士道!というイメージだからこそ、私利私欲のためだけに戦う伊賀忍者の生き方を描いてるのが面白いのだけどね。

この共感出来ない、伊賀の異常さを描くことによって現代に訴えてる点は良かったと思うよ。

和田竜作品なら、「村上海賊の娘」が観たい!!
やっぱりかっこいい武士の生き様が観たいんじゃ!!
お待ちしております!!!
息子と一緒に観てきました。

これ、何でこんな風にしたんだろう。

主役のキャラはいいんだけど、なんかやりすぎというか。。。主役を見に行くエンターテインメントみたいで、ちょっとしつこい感じごしました。

息子も期待外れだったようで、少し飽きてしまってました。

これは歴史物というよりは、ファンの方の為の物だったのかな

このレビューはネタバレを含みます

キャストの皆さんの演技が素晴らしかった。
ラストはささやかな幸せを願うこともかなわない切なさを感じました。ネズミの存在が希望の光でしたが、人の命は何かと考えさせられる映画でした。
めはる

めはるの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の川の戦いは凄かったです。
戦うなかで、二人の気持ちが通じたようなシーンがあり、平兵衞が「これで人として死ねる」と言って死んでしまうんてすが、無門の「わかったよ、もう怒るな」と優しく鎮めような言葉が泣けました。
途中までコメディ要素もあり、全体のバランスが良かったと思います。
haru

haruの感想・評価

5.0
最後無門と平兵衛の川のシーンは本当に圧巻で、息をするのも忘れて見入ってしまいました。一切セリフのないアクションシーンですが、戦いの途中から二人の間の空気が変わり、無門の気持ちが変わっていっていることがわかります。さらにそこからの展開は衝撃的で、無門の表情、声だけですべてが伝わってきます。無門の哀しみに涙が止まりませんでした。そして現代への風刺、エンドロールまですべてが見どころの映画! そしてまた見たくなります。こんなに何度も見てその度に新しい発見があり、さらに感動する映画は初めてでした。
しずく

しずくの感想・評価

5.0
アクションの面白さと人間ドラマとしての面白さの両方を兼ね備えたとてもいい作品だと思いました。物語にすっと引き込まれて夢中で見れました。
2回目みるとまた新しい発見のあるあきない映画でした。
たくさんの方に満足して観ていただける、ほんといい作品だと思いました。
あしも

あしもの感想・評価

5.0
忍者映画なのでアクション主体の映画だと思って観たら、良い意味で裏切られました。
忍者側、侍側、個々の人間達の生き様が明確に描かれていて共感を覚え、それぞれの立場で応援したくなる。

それまでコメディタッチで描かれていた無門とお国の愛も実は深くて、これが究極の愛かと震えがきた。

もちろんアクションも素晴らしい!主演の大野智さんと鈴木亮平さんの一騎打ちは圧巻過ぎて、呼吸や瞬きを忘れるくらい。

しかしこの映画の素晴らしいところは、このものすごいアクションが単なるアクションではなく、二人の心の動きが巧みに描かれているところ。
アクションシーンで泣いたのは生まれて初めてだった。

単なる忍者映画、アクション映画ではない。群像劇でもあり、究極の夫婦愛を描いた愛情物語でもある。
久々に素晴らしい映画を観ました。