忍びの国の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

shimadon

shimadonの感想・評価

2.6
アクションまあまあ
キングスマン意識してる
大野はまあ上手い

話は、誰にも共感できず 

ラスト付近はよかった

伊勢谷、鈴木もよかった
最初の登場シーンで、JUMPする
ところから、無門のキャラ
にハマります。
伊勢谷さん、
イケメン〜‼️
えみ

えみの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。

無門の格闘シーンは見応えあり。
大野くんの動きの良さ。
伊賀の次郎兵衛との『川』対決は無門の強さが引き立ち、平兵衛との『川』対決はほぼ互角。

ただ…お国死んじゃうのかぁ〜、残念…。
忍びの国、はちゃめちゃな国。
ysb

ysbの感想・評価

3.3
戦国エンタテインメント

時代劇向きの俳優とそうでない俳優で物凄い差を感じたのが、違和感の理由だろうと思う。
面白かったけど、、不完全燃焼。
しかし伊勢谷友介ははまり役だった、マキタさんも。そこはよき。
SHO

SHOの感想・評価

3.0
忍術とダンスの融合という新しいエンターテイメントの表現は新鮮。お前らは人間じゃない、と愛しい人を失ったことへの後悔とともに吐き捨てた無門の言葉は印象的だったが、2時間、あー楽しかったーで終わる感じの映画だった。自分が映画に触れる上で好きな時間は、映画後の悶々と一人で想いを馳せる時間なのだと再認識した。
マミ

マミの感想・評価

3.5

アクションシーンが
コミカルで面白かった♡

2028/no.66
め

めの感想・評価

3.4
たまあにかじる日本映画、しかも今回はニンジャである。
あとあとググってみると、実在の人物まみれで、なんやと!?とワクワク。

大野くん可愛いね、尻に敷かれて。
石原さとみがなんやかんやいって大野くんのことちゃあんと好きなのがいいね。
ふたりあってのコレである。
SatoruAsai

SatoruAsaiの感想・評価

3.2
結局は、人でなしが人になる話、なのか?

ありがちな「少数精鋭で多勢無勢に立ち向かう」的なのを想像してたけど、どんどんそこからズレていくのね。

なんか原作小説からエピソード抜き出して2時間にまとめました感が強い。

傭兵軍団なんだからそれ(金のために動くってやつ)でいいような気もするけどなー。

最後の、伊賀忍者の性質が天下に散って現代社会にはびこるってとこは、ああ、新しい時代劇だな、と感慨深い。

まぁ、なんだかんだ言って、物語の主軸があんだけブレたら面白くないんだ、って誰か気づけ。
dario

darioの感想・評価

2.0
原作のスケール感を超えられず。あと主題歌が作品にあってない。製作上仕方ないかもだけど。
マリー

マリーの感想・評価

4.0
よかった!
エンターテイメント性もあるし結構暗い内容も含んでいる