忍びの国の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.6

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

初日夫婦で観にいきました
主人がレ・ミゼラブル以来久しぶりに泣いているのを見てビックリした事を覚えています。
無門が「ひとでなし」から心を持つ人へと変化していく表情が忘れられなくて数日後には映画館へ、そして何度も通う映画になっていました。
数を重ねる度に登場人物たちの想いに寄り添い涙したり、最後まで人でなしでいる十二家評定衆や忍びの民のコミカルさで際立つ恐ろしさにゾッとしたり…
本当に何度も何度でも楽しめる作品です
そして、映画館でまた観たい作品です
蛍

蛍の感想・評価

4.9
予告ではふざけている映画だと思い軽い気持ちで観に行きましたが、ラストの鈴木大野の一騎打ちで度肝を抜かれてしまいました。刀のぶつかる音とたいまつが燃える音、照明の当て方などが秀逸で台詞は無いのに2人の男の魂の削り合いに圧倒され、殺陣が終わると身体にどれ程力を入れて魅入っていたのか自分でも驚くほどでした。この数分だけで映画一本分の価値がありました。特に大野さんは普段の穏やかな表情から想像できないほど感情を台詞無しで表現していたのは圧巻の演技力で、正直横面を張り倒されたような衝撃でした。途中ダンスのように殺陣をするシーンがありましたが折角俳優としても実力が充分なだけにそこはアイドル感を出す必要は無かった気持ちがして唯一残念でしたが、観終わり時間が経つにつれもう一度観に行きたいと思うような不思議に中毒性があるのも初めての経験でした。
3104love

3104loveの感想・評価

5.0
初めて同じ映画を複数回観ました。
アクションシーンは圧巻です。
それぞれのキャラクターがきちんと生きていて、観る度に引き込まれて行きました。
映画館にて。最後のまさかの展開にびっくり。忍者が好きなので楽しめたけどCGがやたら多かった印象。
2時間15分、1分足りとも退屈することなく、笑って泣けて感動する映画です。5回鑑賞しましたが、観るたびに新たな発見があり、回を重ねるごとに真剣に見入って、そしてかすかなささやき声さえも聞き逃すまいと集中して観た映画は初めてです。
子供から年配の方まで男女に偏ることなく幅広い層で一緒に楽しめる映画です。
まちゃ

まちゃの感想・評価

5.0
何度観ても新しい発見があり、何度映画館に通ってももっともっと観たくなる映画。
ひさよ

ひさよの感想・評価

5.0
人の愛情とは無縁の、人を人と思わずお金で命を奪う主人公 無門が、一生大切に思える人と運命的に出会い、愛を知って、ひととなっていく姿が、涙なくしては見れない映画でした。
忍び映画だけに、映画の中に無言の忍んだメッセージがいくつもあり、なんども足を運びました。
大野智さんの演技も、圧巻でした。
くりこ

くりこの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

伊賀一の忍びの無門、飄々としているその姿の内面は孤独で自分がおカネで買われてきたからお金以外のものを信じていない。
でも、お国と出会ってお金以外の唯一無二の大切なものに出会った。
武士の娘として育った正義感のお国を守るために、伊賀の忍者たちとともに戦いに向かっていく。
ラストシーンは涙なくしては観れませんでした。もう一度観たい映画に出会ったのは久しぶりでした。
はな

はなの感想・評価

4.8
2017.7.2
大阪舞台挨拶中継

こればっかりは、ファンとして贔屓目に見てしまうのを許して!!!
と思いながらも、めちゃくちゃ良い映画だったと胸を張って言いたい。
忍者を題材にした映画で、ここまでポップでコミカルなのは珍しい。だからこそ、最後のシーンはその落差に息をのんでしまう。映画館で直視できたの、最初の最後の2回だけだった…

「川」の緊迫感、お国の尻に敷かれる無門(笑)、信勝の頼りなさや弱さを演じきった知念くんもすごいし、何より伊勢谷さん演じる大膳がひったすらにかっこいい!!!
あとは音楽。「オーシャンズ」を手掛けたスタジオなだけあって、和要素を取り入れた洋楽っぽいところが多々ある。全然重たくなくて聴きやすい。無門のテーマとか、主人公の冒頭イメージまんますぎて笑っちゃうくらい(笑)
もちろん、本人アクションも見所のひとつだよと伝えたい!

これは特にテーマを見出さなくとも、かつてどこかの最強で怠け者の1人の男に、こんな物語があったのかもしれないと、エンドロールの2人のこれからにどんな物語が待ってるのかなぁと、そんなことだけでも感じてほしいなぁって、ファン目線になってしまうけどそう思うw
kappe

kappeの感想・評価

5.0
コメディーからシリアスまで詰め込みスピード感のあるアクションで
最後まで飽きささない素晴らしい映画でした。
何度でも見たくなる映画は初めてです
世界の人たちに見てもらいたいです