忍びの国の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

おすみ

おすみの感想・評価

5.0
期待せずに観に行ったけど、面白かった👏👏
アクションも良かったし、大野くんの演技も良かった😊
のぼうの城よりこっちの方が面白い!
原作を読んでおり、初めて観た時はイメージしていたのと違うなと思いましたが、気になって2回3回と観る度に良くなっていく。映画館に何度も足を運んだのはこの映画だけです。
色んなテイストがキラ星のように詰め込まれていて、最後まで全く飽きさせない老若男女誰もが楽しめるエンターテイメント。
chico

chicoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の無門と平兵衛と川のシーン迫力ありました。
戦っているうちに無門が変わって行くのを見ていて、戦いには負けたかも知れないけれど無門の心を変えた平兵衛は、見事に無門に術をかけていたのかも知れないなと思いました。
心を持たなかった無門が唯一大切な存在としていたお国の最期。無門の叫びがたまらなく切なく、お国を抱えながら無門が平兵衛と同じ言葉を仲間にあびせかけていて、初めて人の命の大切さをこんな悲しい結末で無門も思い知ったのでしょう。
最初、コミカルな感じでクスクス笑って見ていたけれど、最後、泣かされてしまいました。
Osato50

Osato50の感想・評価

-
一言でいうなら、面白いです。
戦国時代劇にあまりない、POPで軽快な音楽と、忍び達の笑いを誘う戦い方。
前半は、笑いさえも起こるけれど、それは終盤への序奏と言えるのかも。
どこか飄々とした主人公無門の心の変化とももに、様相が変わって、最後は胸を締め付けられる大野智の演技。
とにかく、何度も見ることのできるの映画だと思います。
mepori

meporiの感想・評価

5.0
何度見ても新たな感情が湧き出し感動する映画でした。大野智さんの演技が素晴らしかったです。
原作で読んだ世界がそのまま表現されていて、原作よりもっと温かみのある愛が描かれていた
yoi

yoiの感想・評価

5.0
登場人物など原作と比べて変更はあるが原作者が脚本を担当したこともあり、不満に思うところはなくむしろ色濃く描写されていたように思う。

中村監督のこだわりのキャスティングがハマり登場人物たちが下忍の一人までも個性的で面白い。

ほんのりと西部劇の香りもする作品は時代物の真髄を保ちつつ、かと思えばロックであったり、アクション物かと思えば深い愛の物語であったり、常に相反する二面性を持った内容で観客を引き込む。愛を知らず育った男が愛を知る物語。

また川と呼ばれる忍びの決闘シーンはそれぞれ本人が演じており息もつかせぬ戦いで撮影には3日を要したとのこと。
蓮華

蓮華の感想・評価

5.0
一度見て、なんだろう?と気になってまた、見に行きました。原作を読んでいたので、ラストが意外で、映画の方が気に入りました。最高です❗

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のロックな音楽がこれまでの時代劇ではないと感じさせる。
始まってすぐに虎狼の輩による殺し合いのシーンがあり、本来なら残酷なのにあっさりと終わってしまう。まさに戦国エンターテイメント
人を殺す事をなんとも思わない無門を大野智が演じているが、これがはまり役である。
また、愛するお国の前では頭が上がらないダメな男になるのも面白く、残酷さだけでなく笑いもある。
無門と鈴木亮平が演じる平兵衛との対決シーンは見もの。
無門がお国を失うシーンの慟哭は、胸が痛くなる。
ラストシーンは原作とは違うが、映画のラストは希望を感じさせる終わり方でこれはこれで良いと思う。
blue0705

blue0705の感想・評価

5.0
全体的には原作のイメージに沿っていて、キャスティングも主役から脇役までピシャリとはまっていた、さすがキャスティング重視の中村監督だと思いました。後半の盛り上がりは何と言っても、圧巻の殺陣アクション、と大野智の目と声の演技、役者としての次の作品も心待ちしたい。