忍びの国の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

忍びの国2017年製作の映画)

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:125分

3.5

あらすじ

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀…

時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!侍VS忍び、逆転劇の幕が開く!

「忍びの国」に投稿された感想・評価

たつこ

たつこの感想・評価

3.0
原作読んだ後だったから少し軽い仕上がりに感じちゃった。
アクションシーンは良かった
び

びの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

伊賀で人を想うことは変人扱いで、人を人と思わぬ人でなし。無門がお国を想う気持ちも信雄が(父)信長への葛藤も良かったけど原作を読んだらもっと分かるかな、読みます。
おこげ

おこげの感想・評価

3.5
映画『のぼうの城』が好きな人にはお勧めします。監督違うみたいですけど。
主人公が飄々としている
独特な雰囲気というか、流れの緩急が激しすぎるので好みが分かれるかなあ。それに耐性ある人は面白く観れるかと思います。

主人公が戦うシーンが見応えあり。あれは良いですね。あの川って本当にあるのかな。

この監督の前の作品『殿、利息でござる』もそうだったんだけど物語自体は面白いけど人情的な展開になると、どうも間延びして感じる。でも今回は前よりサクッとしてます。
個人的には主人公含め、伊賀の忍者がヒャッハー状態で戦ってるシーンがすごく好き。大義のため、国を守るためとかじゃないテキトーさがなぜか共感できるし潔く(?)てスカッとします。
良い意味で、軽めに観れるスナック感覚の時代物かなと思いました。

石原さとみちゃんを映画で観るのは新鮮。あの冷たい目が良かったのとギャップが良い。石原さとみちゃん好きな人はぜひ。
でんでんは出るだけでありがたさを感じる。
19731110

19731110の感想・評価

3.0
安定した石原さとみの可愛さと伊勢谷友介の演技。

自分の中でジャ◯ーズの2人を受け入れる事が出来なかった…
Ai

Aiの感想・評価

2.5
可もなく不可もなし…
思ってたほどはっちゃけたコメディでもなかった
大野くんの演技は好きでした
dosukoi

dosukoiの感想・評価

3.0
以外とポップなかんじで驚いた
ひとでなしにはなりたくないと思う
隼也

隼也の感想・評価

3.6
思ってたよりも面白かった。
忍びの者がみんな揃ってクズばかり、、
最後にかけてアクションとか殺陣とか良くなっていくのだけどラストシーンはあんまりいらなかったかなって感じ。
大野くんは上手いのか下手なのかわからんけど他の俳優さんたちはさすが。知念くんはしょうがないのか、、あんまり好きになれなかったな。どのキャラにも別に感情移入するわけでもなくお気に入りのキャラが1人くらい欲しかったところ笑
忍びが最後まで人として最悪な輩だったのでそういう映画としては楽しめた
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.5
読書ノート[12]

「忍びの国」観た。

ギャグやら、シリアスやらで疲れた(笑)

若干、後味悪いし。

大野君はやっぱ運動神経良いんだねぇ。

己の欲望に忠実で他人の事は歯牙にもかけない虎狼の輩の血。

その分の才能や技術は凄まじい人でなしの血は薄まったとはいえ、脈々と日本人の中に受け継がれているのやも?

面白かった。
えりみ

えりみの感想・評価

3.8
WOWOW録画。
原作を読んだ方がええのかな。
原作もこんなとぼけた話なんかな。
アクションパートは大袈裟ながら見応えあり。アクションやれる監督と思って無かったので意外な発見♪
大野君の身体能力の高さよ。
決闘「川」のシーンが見どころ。
伊勢谷友介の殺陣も魅せる。
鈴木亮平もええんやけど妙に浮いてる。

中村義洋監督に期待していたドラマパートがパッとしなくてガッカリ。
北畠信雄パートが特に陳腐、ジャニーズがゴリ押ししたせいか。
わしが知念君をどうしても受け入れられへんせいか。
2年後の話も別に要らんかなぁ、と。
忍者を金でしか動かない虎狼の族、っていう設定は面白かったのになぁ。
石原さとみは安定の可愛さ😊
一人だけちっとも汚れなくても全然気になれへんよ😘
平祐奈もチョイ役ながら可愛い♪😉
風来坊

風来坊の感想・評価

2.5
攻めるもクズ、迎え撃つもクズ。そんな映画。冒頭、何とも生死に感情が薄い世界観だなと思っていたら設定でした。主人公を始めとして感情が渇ききっている。鈴木亮平さん演じる悪役の半兵衛が一番人間らしさを感じるという何とも不思議な感じ。まあそういう輩のお話しなんですが…。

主役の人は普段の飄々とした感じが役柄とマッチしていてまあ良かったんじゃないでしょうか。コミカルなのに笑えない。「超高速!参勤交代」や「のぼうの城」のような痛快な感じを期待したが根底にある暗さがどうしてもネックでしたね…。愛する者を亡くして初めて気付く事もあるという事か…。無門が仲間に最後に吐く台詞も説得力がなく虚しい。

期待せずに観たのが幸いしたのか、まずまずは楽しめましたが何度も観たいとは思わないですね。