ガザの美容室の作品情報・感想・評価

ガザの美容室2015年製作の映画)

Dégradé

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:85分

3.5

あらすじ

オシャレする。メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それが、私たちの抵抗。 パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容院は、女性客でにぎわっている。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――。 極限状態…

オシャレする。メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それが、私たちの抵抗。 パレスチナ自治区、ガザ。クリスティンが経営する美容院は、女性客でにぎわっている。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。皆それぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される――。 極限状態の中、女性たちは平静を装うも、マニキュアを塗る手が震え、小さな美容室の中で諍いが始まる。すると1人の女性が言う。「私たちが争ったら、外の男たちと同じじゃない」――いつでも戦争をするのは男たちで、オシャレをする、メイクをする。たわいないおしゃべりを、たわいない毎日を送る。それこそが、彼女たちの抵抗なのだ。

「ガザの美容室」に投稿された感想・評価

yoichirrr

yoichirrrの感想・評価

3.5
強烈で斬新な1本。
全く新しい視点を植え付けられたように思う。

勧善懲悪ではなくリアルを感じた。
描かれている普通の女性たちの日常の直ぐ隣で起きている戦争、狂気の中それでも日常の営み。治ったら裏から迎えに来てって誰かに普通に電話!まるで雨が止むのを待つように、戦闘を普段のことのように捉える逞しさを思わせる不思議な映画だった!ただ一つだけ髪の毛整えるのに一人に時間かかりすぎじゃないのかと思った笑笑
SC07

SC07の感想・評価

3.5
映画としてはまぁまぁ。内情を知ると、見えてくる真実がたくさんある。
尺は短いけれど、それでちょうどいいと思えるくらい、濃い85分間でした。美容室からほぼほぼ出ない密室劇でして、その分会話の応酬です。会話というか、罵り合い?観ていて疲れるけれど、それもよし。演劇にしても面白そう。

ガザ地区の戦争に終わりはない、しかし日常も終わらない。

美容師の女性の彼氏が、喧嘩の最中に、首輪でつながれたメスライオンを店の前に連れて来る。それは男性社会で抑圧された女性の隠喩のようだし、本当は力強い真の女性像を表しているようにも思える。
uedachiaki

uedachiakiの感想・評価

2.8
あんまり覚えてない、最初から最後までなんか悲しかった。思い出したら書く。
宗教を大切にする人、ヤク中のおしゃべり、花嫁と母親と義理の家族、妊婦、そして二人の美容師、離婚調停中の女性、いろんな境遇の人たちが出て来た。

こんなにずっと頭がキリキリ痛いような切迫した映画だなんて思ってなかった。
髪を綺麗にしたかったり、脱毛をしたかったりみんな普通の女の人たちだった。
私たちと変わらないような欲望を持っていて、若さへの妬みがあったり、夫がだらしないとか暴力を振るうとか悩みがあったり。
でも、ベースが全然違った、彼女たちを覆っているものが全然違った。
常に争いに怯えて、男たちの暴力に怯えて、愛する男が奪われ壊されることに常に怯えていた。
今の私にはこの映画を全てわかることはできない。
何度か見ていた予告からは

戦地であれど美容室の中は
明るく楽しく朗らかよ
を、謳っている
そんな作品だと思っていた。

違った。
無知ってヤバい。

ガザの現状は
男女を問わず職はなく、貧困で、
供給される物資に頼らざるを得ない。
治安だって飛び切り悪い。

自分たちには選択権が完全にない。
何かしたくても2つの派閥の
二重構造の検閲に阻まれて、
大きな砦の中にいる
言わば囚われのような身。
生まれながらの終身刑。

彼女たちは平気な顔をしながらも
内面は酷く疲弊していて、
すっかり心は蝕まれていたのだと

物語が進むにつれてジワジワと伝わる。

擦り切れそうな精神状態。
切れてしまった精神状態。
カメラは美容室から外には出ない。

それはもう、ガザ地区そのものなんだ。
出ないじゃなくて
出ることを許されていない。

花嫁になろうとする女性の止まらない涙に
とても戸惑ったけれど
点と点と点が線で繋がるように
彼女の真の心情を理解できた時、
こみ上げるものがあった。

イスラムの強き女性にパワーを分けて貰おう
なんて思っていたけれど
そうじゃなかった。

閉塞感すごくて窮屈だけど
とても良い映画。
知るということは糧。
ramu

ramuの感想・評価

3.3
戦時下のガザ地区の美容室で繰り広げられる、女性13人のワンシチュエーション群像劇。

皆さん個性が強くて、戦時下故なのか、どんな状況でも刺々しくて素っ気ない。
ただ、冷房が使えない中で半日以上も待たせられたらそりゃイライラしてしまいます。
美容師さんが、仕事中にちょくちょく電話しに行ったり、中断が多かったりして、1人のお客さんに半日以上も時間を掛けていて、仕事が遅すぎる。

作品全体もテンポがあまり良くなくて、印象に残る場面がなかったけど、戦時下での美容室という、考えたこともなかったシチュエーションが垣間見れたのは興味深かった。
R

Rの感想・評価

3.0
記録
女性だけが集まったパレスチナ自治区ガザの美容院を舞台にしたシチュエーションドラマ(シーンがほぼひとつの場所だけに固定された物語)だ。それぞれの事情を抱え美容院にやってきた女性客たちと、ふたりの美容師、そしてその娘、13人の女性たちが織り成す人生模様が、喧しい会話のなかで語られながら、外では銃撃戦が始まる。美容院内の女性、外での男性、このコントラストはなかなか確信犯的な仕掛けだ。

監督は、作品の舞台でもあるガザで生まれた双生児タルザン・ナサールとアラブ・ナサールの兄弟。彼らが生まれたのは、この地区にあった最後の映画館が閉館した1年後(1988年)だったという。彼らにとっては長編のデビュー作品となる。作品を観ていて、女性ばかりが登場するため、すっかり監督は女性だと思っていたのだが、それは単なる思い込みだった。男たちが外の世界で戦争をしている間、女たちはしっかりと生活に根ざしながら、抵抗を試みる。シチュエーションドラマだけに、美容院内で繰り広げられる女性どうしのドラマはなかなか濃密だ。戦争と日常、この対比を巧みに描いた作品。パレスチナとフランスとカタールの合作だ。
>|