エクストリームマン

アリータ:バトル・エンジェルのエクストリームマンのレビュー・感想・評価

3.2
You made the biggest mistake of your life.

ヒーロー映画は2作目が一番おもしろい論は、ヒーロー映画に限らず続きものならだいたい当てはまる気がする。ただし、続きが作れるほど1作目が売れないとアレだけど…。

本作は原作に割と忠実であるが故に作品内で物語が完結することなく、黒幕を匂わせるキャラクターもアオリの画角でニヤつくにとどまるという、まぁ、最近ありがちな幕切れが気になった。一本の映画として起承転結はそれなりに作ってあるものの、はみ出す要素が多くてどうにも。いっそキャラクターだけ借りた完全なオリジナルとして再構成すればいいのに。

とはいえ、悪いところばかりではない。キャストは全般的に良くて、クリストフ・ワルツ演じるドクター・イドは原作とニュアンスを変えつつも、不器用な親父加減が素晴らしかった。エド・スクレインのザパンは『デッドプール』のエイジャックスそのままで笑った。マハーシャラ・アリのベクターも存在感があって良い。どちらかというと、内容的にドラマでやった方が良かったのかも。