アリータ:バトル・エンジェルの作品情報・感想・評価

アリータ:バトル・エンジェル2018年製作の映画)

Alita: Battle Angel

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:122分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アリータ:バトル・エンジェル」に投稿された感想・評価

世界観をわざわざ説明しなくてもよい、圧倒的世界観。
いいよね。

レース最高やからレースだけのも作って欲しい笑笑
サイボーグとわかっていても恋しちゃうよね。かわいいはつくれる。
izumo

izumoの感想・評価

3.9
吹き替えで。

「銃夢」はちらっと読んだきりだったので、話はほとんど覚えていない状態
で観る。
高速サイボーグバトルがこの作品の肝。
スタイリッシュかつパワフルに、みんな動く動く。

ストーリー、まさか続き物だとは思わなかった…。
割と色々解決しない状態で終わるので、視聴後はもにょもにょする。

古舘伊知郎の実況が後半全てを持っていく。
やはり本業の実況者がやる実況は、声優のそれとは格が違う…。
画に集中できなくなるほど、彼の語りには圧がある。
マサ

マサの感想・評価

4.0
すごいね!
次回作も観たいなぁー
hosy

hosyの感想・評価

4.0
2019年 63作目

公開時から気になっていてようやくレンタルで見れました。

2500年代の話
ロボット=サイボーグが戦争を起こしていた
その戦で脳が無事だったサイボーグを、娘として蘇らせた。
腕がなくなっても、ロボットの擬似腕を着ける。

見た目がとても可愛い子が、ハンター戦闘機ロボットとして敵と立ち向かう姿、応援したくなります。
戦闘シーンは機械同士がぶつかり合う描画がとても綺麗で迫力あり。
アクションSFが好きな方、おすすめです。
アリータは可愛いんだけど、ヒューゴがどうしても好きになれなかった、、
mlt

mltの感想・評価

3.0
トレーラー出た時に当初感じてた目の大きさに関する違和感は見ていて気にならなかったな。ボーイミーツガール…ではなくガールミーツボーイからの巨悪に立ち向かう流れ自体はザ・王道って趣で、悪くはないんだけど原作のある作品ゆえか結構駆け足にいろんな要素を書き込んでてちょっと追いつくのが大変だった。アクションもスローモーション多用だったりと、個人的には物語の内容もビジュアル面ももさっとしてるなあという印象。もう少し色々丁寧に書いてくれたらハマれたかなあ。ラバーの質感にフェチズムを感じた。
ShimaSyun

ShimaSyunの感想・評価

3.5
まぁこれは続編作ったところでやる事一個しかないしこのままのが良いよね
Bosch

Boschの感想・評価

4.0
話しの動きは意外と地味目で、大きな戦いがあるわけではなくて、まるで序章という感じ。アリータが徐々に記憶は戻りながらも、過去の闘いも敵も今一つあいまい。今回はアリータが出会いと別れの中で成長するまで。本編は次回かもしれないが、この内容で次作が作られるかは微妙。

CGとしてのアリータはそれなりに魅力的だが、CGにする必要性があったかどうかは微妙。
セットや様々なガジェットは良く出来ているのだが、キャラの設定や狙いが曖昧のために疾走感や闘いのカタルシスが薄まってしまった。

敵ボスはエドワード・ノートン、アリータのリーダーもミシェル・ロドリゲスだけどクレジット無し、なんで?
>|