手紙は憶えているの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

いかにもサスペンスって感じがずーっと漂ってる作品!大好物。
情報ゼロの状態から見れば良かった…もちろんラストは知らなかったけど、あらすじすら読まない方がィィと思えるくらいに作られ方が丁寧で良かったです!

さて、「記憶が持たない」「妻の死」「犯人探し」「身体に情報」…これらの要素がメメントを彷彿とさせて、それだけで興奮した。
伏線と状況説明がサスペンス映画として本当に上手いと思った。基本的に何もわからないところから進んで最後に盛り上げてくる感じ。

邦題に文句をつけるつもりはないけど、原題の「Remember」は色々と意味が込められてる感じがして◎物語の内容、認知症、ラスト、戦争について…などなど。そう思うと字幕とかなしで観れたらもっと深いのかなー?英語勉強します。
君子

君子の感想・評価

3.9
オチは全然思ってなかったものだった。

復讐の物語って普段観てたら虚しく感じるけど、この復讐はすごく達成感ありそうだなと思う。

観てよかったけど、もうたぶん二度と観ない。
WOWOW
りぃ

りぃの感想・評価

4.0
普段はカップ持つのも震える手先なのにピアノ弾くのは滑らかなんて素敵。
ラストは悲しい話だった…
認知症の老人が手紙(知人が書いてくれたメモ)を頼りに自分が為すべき目的を果たしにいく、という一風変わったロードムービー的ミステリーサスペンス。

アメリカに帰化して英語を話すドイツ人、というのがポイントでナチスドイツとアウシュビッツや銃社会についての提議が散りばめられている。

後半の展開は意外性があって引き込まれたのは確かだけど、俺にはいささか悪趣味に感じた。
原題のrememberが認知症と過去の因果に揺れる老人をギュッと体現していて、多層的な解釈に取れる力のあるストーリーであるのは間違いない。

途中で老人がホームセンターで警備員に軽く呼び止められるシーンがあるのだが、そこで老人のバッグから出て来た銃をみて
「グロッグか。銃は初めて?最初は俺もこれだったなあ」
と笑顔で返してしまうのが静かに衝撃的だった。そこまで物語に直結はしないさりげない場面なのだけれど、
実際アメリカってこんな価値観なんだろうなあとすごくリアリティを感じた。

重たいミステリー観たい人は充分納得出来ると思う硬くて異質な作品。
rage30

rage30の感想・評価

-
認知症の老人による復讐劇…という話がまず面白い。

老人が各地を周って隠れナチを探すだけでも大変なのに、彼にはいつ記憶を失うか分からないリスクもあって、このスリリングな緊張感にどんどん引きこまれていく。

あとは、何も情報を入れずに作品を見て欲しい…そういう作品です。
しほ

しほの感想・評価

3.9
最後の最後でほんとに
騙された!!!
全く予想してなかった展開◎

認知症のおじいさんが設定だから
より一層予想しづらかった(°_°)

アウシュビッツと関わった
人達が次々に出てくるから、
この先どうなるんだろう?って
ずっと思いながら観れた!

マックス恐い、、、
壮大な復讐だなー。
YutaToyama

YutaToyamaの感想・評価

4.0
面白かった。
衝撃作!!
90歳のゼヴは第二次世界大戦の頃にアウシュビッツで自分の家族を殺した元ナチス軍人に復讐するため手紙を頼りに旅に出る。

想像以上にスリラーな作品でした。
今も当時のアウシュビッツで働いていた人が逮捕されたニュースあったりで。
今作は90歳のおじいちゃんによる私刑です。
ホロコースト映画沢山ありますが現代が設定ってのはあんまりないですよね。

ハラハラで食い入るように観てたんですがゼヴが認知症を患ってたり拳銃持ってたり緊張感のある設定がうまいですね。

ホロコーストものですがまずサスペンスとして良作なんでサスペンス好きにはオススメです。
なんとも言えない後味の残る映画ですがこういうのめっちゃ好きだなぁ(´ー`)
なんの疑いもなく観てたものですから、でもこの作品はそうやって観ないとなぁ。
>|