手紙は憶えているの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

SatomiN

SatomiNの感想・評価

3.7
なかなか面白い!
残された家族はとても辛いね。
老いぼれの演技よてもよかった!
呆け老人のロードムービー 淡々と進んでいく割に呆けているという要素があるため緊張感がある 最後まで観て、なるほどなかなか面白い よく出来ている と最終的には満足した 呆けるってこういうことなのか
#Remember #2015
Izumi

Izumiの感想・評価

3.8
認知症患者の症状を上手く使ったサスペンスだなと思った。

認知症患者は眠りから覚めると物事を忘れるか、と言われたらそうでもないけれど、

忘れた時の言動は上手く表せていた。

ナチスドイスのこと、深く知識は持っていないが、わたしにはほどよい緊張感でした。

結末(オチ)は、この私が想像できたぞ。だんだん映画を観る力を養えてきているのか、はたまた誰もがわかる程度だったのか。

見応えなかなかある映画でした。退屈なパートはない。よい。
makineko

makinekoの感想・評価

3.8
胸がギュッとなった
hayablacom

hayablacomの感想・評価

3.0
認知症で最後にどんでん返し。やっぱり記憶障害とか、精神疾患とかあると最後がひっくり返りやすい。こういうの好きだけど見飽きた感ある。ストーリー全体的に暗い話でBGMで終始煽ってきてるのを見てて、ストーリー中の音楽の大切さを実感した。ホラーを見てるわけではないのに音楽とグットマンが高齢でおぼつかない危なさで緊張感があった。
70年前アウシュヴィッツで殺された家族の復讐のため、身分を偽り生き残ったドイツ兵士を探す旅に出ます。齢90で認知症を患いながらの旅はひやひやものです。罪を自覚するということはこういうことなのかと思いました。
>|