yuta

手紙は憶えているのyutaのレビュー・感想・評価

手紙は憶えている(2015年製作の映画)
4.0
老いた一人の男が妻亡き後、過去に自分の家族を殺したナチスの残党を捜しに行くというあらすじ。

途中までは、誤解を顧みず言うのなら、歪でちょっと可笑しくもある復讐劇。(相手に向けて銃を向けてるがその手年では震えている描写の銃は持っているが威圧感や恐怖がないところ)でも、一番は哀しい。70年経っても残る戦争の傷跡。そしてそれに翻弄される一人の老人。復讐を遂げたところで、最愛の妻は亡くなっているし、気持ちが晴れやかになる事もない。
そんな序盤は淡々としていて、あまり乗れなかったのです。

途中から予想はしていましたが、重く暗い展開が続きます。主人公が認知症で寝る度に記憶を失ってしまうので、謎は深まるしやきもきもする。
そして、、、
そこから予想の斜め上をいく、まさかの展開に。予想もしてなかったというか、そんなタイプの映画ではないと思って観ていたので、正に意表を突かれました。そして、観終わってからの原題が出るのですが、その時の異様な怖さとカタルシス。
思い出してみると色々、伏線も張られていました。

この作品の主人公で、元アウシュビッツに収監されていたユダヤ人役はクリストファープラマー。数年前に最高齢でアカデミー賞を受賞した事でも有名な名優。
そして過去に、主人公の家族を殺したナチスの残党役にブルーノガンツ(過去にナチスの象徴でもなるヒトラー役を演じた)を持ってくるところに皮肉を感じました。
そして、主人公にナチスの残党がいる事を伝える同じ老人ホームの入居者が今年亡くなったマーティンランドー。
ベテランの名優が集まったこの布陣もこの映画の魅力を倍増させていました。

少し前に鑑賞した、逃亡者はオチが微妙で点数を下げましたが、今作はラストの展開で点数を結構あげました。終わり方で明暗を分けたのです。
この2つの作品で、オチのまとめ方の重要さと、大切さに改めて気づきました。