手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

執念の復讐劇。
ラストシーン、ゼブは本当に思い出したのか?
わからぬまま、苦い気持ちだけを残して終わる。
これは勝手な想像なんだけど、マックスの手紙の誘導に乗せられて自分を元ナチでなく元囚人のユダヤ人だとすんなり思い込んでしまったのは、きっと認知症のせいだけじゃなくゼヴの心に重く残る罪悪感も原因だったんだと思う。
クリストファー・プラマーの演技がすごく良い。本当に認知症を患った老人という感じで魅力的だった。
後半、少女に手紙を読んでもらって記憶を取り戻す最中の表情の移り変わりなんかもとても良く表現されていた。毎朝こんな感情を抱くところから1日が始まるのだろうか、と考えると非常に切なくなる。

過去にアウシュヴィッツでナチスに家族を殺された主人公が、家族を殺した1人の軍人に復讐をしに旅立つ。
家族を捨て、人を殺めて、ようやく辿りついた真実。それは彼が殺そうとしていた軍人は自分自身だったということ。
この展開がとても悲しく美しい。

淡々と続いていくが、退屈せずに観れて良い映画だった。
タイトルを見るにおじいちゃんののほほん記憶探しの旅の映画かー
なんて軽い気持ちで見ていたら、なかなかに重たいストーリーでびっくりした。

あぁ復讐劇の映画か、と気を取り直して見ていたけれど、最後の展開が衝撃的すぎてまたまたびっくりした。

驚きの連続で疲れたよ僕は・・・。


見終わってから、少し考えてみて思ったけれど、手紙を渡したおじいちゃんが一番怖い。
老人になっても復讐の日を燃やし続け、一番殺したい人の近くにずっといて、いつでも殺せるはずなのに、計画的に自分で手を下すことなく復讐を果たす・・・。
この執念と狡猾さよ・・・・・。
サスペンス
どんでん返し
ラストのどんでん返しに胸が切なくなる。
胸が痛いのは、悲しみを受けた方だけじゃない。
悲しみを生んでしまった方だって、逃げても逃げても逃げられない痛みを抱えているんだね。
自分だと気付いてしまった時の衝撃とやりきれなさ。

ありきたりだけど、あんな悲しいことがもう二度と起きませんように。
メメントを彷彿させるストーリー。
こういう作品は面白い。
何も情報なしで見てほしい。

結末に関しては、驚きはあったけど、まあそうかってなる。ストーリー自体に衝撃は少ない。

ただ、そこまでの行動に移すことができるほどの復讐への執念、自らの行動に対する後悔だとかを考えると、第二次世界大戦の中で起こった悲劇の根は深いと感じる。むしろそちらへの衝撃の方が大きい。
ナチスの戦犯系
ユダヤ人でアウシュビッツにいた
最後の当事者と言われる2人

確かに時間が流れ流れて
当時を知る人って本当に最後なんだと思うと、ナチスに限らず戦争について知る人がいなくなるんだなと思った

2人とも老人ホームで出会う
1人は認知症だけど健康
1人は車椅子で記憶が定か

妻が死んだのをきっかけに
健康なおじいちゃんの方が
当時のドイツ人に復讐しに行く話

ドイツ人も戦犯で処罰されるのを恐れ
名前を変えてユダヤ人として生きている
その変えた名前を頼りに
何人もに
[アウシュビッツにいたか?]
と尋ねながら本人を探していく


アウシュビッツにいなかった人
ドイツ人だが性同一性障害でアウシュビッツに投獄されてた人
アウシュビッツの看守に憧れていたキッチン担当のドイツ人

最後に、本人に出会う
アットホームな家庭を築いてた看守も
身分を偽っているから
家族には知られたくない事実

でもお互い声を聞いた時に
あー、こいつだと分かる

殺そうとするんだけど
そこで衝撃の事実が

[お前も俺も身分を偽ったドイツ人]

相手に言われて混乱するが
徐々に思い出してくる
あー、俺も今の姿は偽りだった

相手も自分も殺して終わり



戦争の時代って混乱ばっかりだ。
当時はそれが正解だと思っても
戦争が終わった時に
身分を偽りながら生きてきた結果
不正解だと思ってる自分がいる

しかも家族を殺されたっていって
復讐しにいくレベルで

何が正解かって
当時の権力者だったり
勝者だったり
コロコロ変わるんだなと思った

その時代によって
人間が考える正解は変わる

だからこそ、
正解を探すんでなく
自分にとっての信念だったり
そういうものを持たないと
人生ウロウロして終わるんだなー
なんの疑いもせず見始めたんやけど、最後にえ?!そーやったん??マックスは知ってて誘導したん?!てなって、まんまと騙された。
戦争とかってさ、やっぱり皆んなが辛い思いするよな。。
>|