手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

衝撃の最後が悲しくて悲しくて、何度も思い出しました。体に自由が効かなくなっても、恨んでしまう戦争の根深い悲しさを感じました。
言葉に出し得難い事実を1番効果的な方法で本人に伝えるこの映画は、中盤中弛みしてしまうけれどそれも全て必要な事で、実にお見事だなぁと思いました。
この映画を見て、もっと忍耐強くなろうと思いました。
どんでん返しがある映画は最後まで、見させてくれて面白い。
途中での警官を銃撃する場面で、銃さばきがただ者じゃないなあとは思ったが、
メメントみたいな感じかな?とおもったらまあそんな感じ 最後のマックスのセリフはなくてもよかった まあでも、最終的に目標は達成できてるしよかったねとおもった よくはないが マックスの忍耐力がすげえという映画
途中でてくるナチ信奉の警官が恐ろしい 見知らぬ人を憎むのって難しくないのかな
映画を見る前にPVを見てしまい展開が読めてしまったので悲しかった。
でもおじいちゃん強かったので楽しめた。
マックスの入念に手の込んだ
復讐劇でした。

あと味の悪さはミュージックボックスを
思い出します。



全てが見えてから想像してしまいます。

年老いたアウシュビッツ生存者は
老人ホームでナチの残党と出会います。
ただ、そのナチの残党は認知症で
過去の事を覚えていない。
1ヶ月前に妻をガンで亡くした事も
眠りから覚めるたびに忘れている。
そしてマックスはまだ外にいるナチの残党の仲間も共に復讐する方法を練るのです。


起きる度に記憶が無くなるのは
皆さんの言う通りメメントみたいでした。
でも本作は時系列が正しいので惑わされずすみました。

そして認知症って昔の事は覚えてるんじゃないかな??
と思ってしまいました。

あと、クリストファー・プラマーがユダヤ人の役もわたし的には腑に落ちないので
オチは見えてしまいました。


それから、ブレイキングバッドのハンク役が同じような役で出演していたので
(本作は嫌な奴でしたが…)
少し嬉しくなりました。


あくまでも主観ですが
認知症の疑問と
クリストファープラマーの件で
しっくりきていたら
おぉーっと思った作品でした。
最後のどんでん返しー!
ヒェッてなった
配信で鑑賞。
配偶者の死すら忘れてしまう老人、その演技と描写がリアルで思わず彼の身を心配してしまう。
伏線となるピアノのシーンが印象的。
覚えているのは手紙ではなく、身体なのだ。
要介護おじいちゃんのドキドキ復讐劇!
自分の記憶はあてにできず、頼りになるのはこの手紙……という設定のせいで「これメメントみたいな感じだったらどうしよう……」とずっと思いながらみてたよ


まあ……あたらずといえどもとおからずというか……
ていうかこのオチなら原題のほうがよくない??
重く重い作品だった。

最後に全てを思い出すまでは、偽りの記憶と忘れずにいる最愛の妻だけを頼りに使命に燃えていたと思うととても辛くなるが、それと同時に自分のしてきたことへの償いを決心するという心情が見事だった。

人の憎しみの業はここまで人を狂わせ、手段を選ばないものなんだと痛感した。
迫害にはそれだけの罪があるということなんだと思う。
>|