手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

衝撃のラストとか書いてあったわりには予測の範囲内かなぁ
要するにマックスの狙いはあの2人の同士討ちてことか
ゼヴの認知症を利用し、同じ捕虜と偽りもう1人の仇を仇に探させるとは…執念である

そこに行き着くまではほぼ淡々としており、若干の眠気も…
認知症も進行、体力的なハラハラもありつつもそこまで緊迫感はない。
この物語はどこに行き着くのかと思いきや、そう来たか!とはなるものの予想外とまではいかず、盛り上がりにかける(わざとあんな風にしたかもだけど)

面白くないわけではないし、オチが分かった上で見るのも面白いかもしれない。でもそこまででもない。そんな映画だ

他の人のレビューから
戦争の傷跡やそういった記憶や歴史を実際に知る人物が減っているなか、こういった物語は大事なのかもしれないですね
そこまでの考えにはいたらなかった
ミステリかと思いきやとにかく不穏な音楽にぴったりハマる良質なサスペンス。

ナチス残党を追う中で体験する様々な4人の「ルディ・コランダー」とのやり取りの中で見事な射撃の腕を見せた理由はオチで解消されたけど、逆にワーグナー好きの理由(ワーグナーはヒトラーが愛聴していた)を知ってどんより。

マックスはどう転ぶと予想していたのか、そして本心ではどう思っていたんだろうか。
戦時中のアウシュヴィッツで行われた大量虐殺の被害者家族となったマックスによる復讐の物語。

マックスが入居していた介護老人福祉施設に来たグッドマンを見て、被害を受けた事を思い出す。忘れたことはない。その男は認知症を患っていたのが幸いなことに、それを利用して復讐劇を行う。

それに使ったのが、マックスがその怒り憎しみをこめてきた手紙。

認知症のグッドマンは寝たら忘れてしまうため、その手紙を見るたびに自分の使命を思い出し旅に出る。途中で人違いの男を殺してしまうが、その後にシャワーを浴びて一眠りした彼の行動は異常さを物語る。

最後に行き着いた人物が、マックスが探していた人と合致し、今までの偽りの人生を家族に公表するように銃口をつきつけ促す。そこで分かったのは、マックスの指示により動いていたグッドマン自身もマックスの復讐の対象者となっていたということ。

一番印象に残ったのは、グッドマンと男(最後に殺された)は後悔の念にかられながらナチとしての自分の使命を果たした後、囚人であるユダヤ人に混じるためお互いに前後の番号を刻印して逃走したという事実が明かされるシーン。

戦争は悪いことで、その時のナチがやったことも許されることではない。
けれど、マックスの執念、憎悪の果てが殺人という過去と同じ事を繰り返してしまう過ちを犯してしまったこと、それが一番怖いことだと思った。

戦争ってのは人を狂わすんだな、って所がよく描かれてると思う。
ゼウも最後に出てきたコランダーも普通の生活を送ってたし、送りたいと思ってたし、家族に対しての愛もあるから普通の人間なんだけど、他人は殺した。
2人ともそれを悔いてるのか、どうなのかは描写が少なくてイマイチわからないんだよね。
結局、命は命では払えないし、代わりにならないから、人殺しはいけないのかもなあ。
3番目のコランダーの家で、ゼウは差別を受けるんだけど、実際は同じ?人種なのに、目に見える事だけで差別したのがなんか皮肉が効いているなと思った。

マックスはある意味、狂ってる。復讐に取り憑かれてる。全てを無にする、かつ、自分の手は汚さない、やってる事は非道なんだけど、そうなる、よな、とも思ってしまう。
【エンタメ】★★★
【映画評価】★★★★

切ないラストでした。
最初はただただ『おじいちゃんが頑張って旅に出たなぁ』という印象だったんですが、目的がわかるにつれ何がどうなるんだろうとソワソワ。
おじいちゃんのテンポで進む物語がもどかしくもあり可愛くもあり、応援しながら観ていました。ただ、やはり内容的に一筋縄じゃいきませんよね。
認知症を患うゼフ(主人公)があの結末を選択することで、教科書に書いてある程度でしか知らない歴史の惨劇が、どれだけ取り返しのつかなかったことだったのかを表している気がします。

決して許されることではないけれど、強く生きてきた人生があって、それでも人は無垢に戻ると罪には耐えられないのだなぁと思ってしまいました。
(なんかまとまりのない感想になってしまった。。)
寝るたびに記憶をなくしてしまう、認知症の老人が主人公。記憶をなくすたび、妻を亡くしたことを思い出さなければならない彼の姿が悲しくて仕方がなかった。
ユダヤ人に対する差別は現在でもあるものなのでしょうか。あのシーンは心が痛みました。
どんでん返しの映画ってよく「誰も予測できない衝撃のラスト!」と安っぽい煽り文句がありますが、この映画はほんとに予測できませんでした。まずそんな映画とも知らなかったのもありますが。きっと過去のことは過去のこととして、和解してくれるんだろうなぁと思っていた私が愚かでした。
1時間半とかなり短いのですが、かなり見応えのある映画でした。
最後にパタパタとパズルがはまるように進み、騙されたっ!となるところが爽快です。だけどいささかその展開についていけなかった。
困ってるおじいちゃんにみんな優しい…優しい世界…そんななかで、実は殺人計画と秘密を抱えているおじいちゃん、ミステリとしてめちゃくちゃ面白いよな。

いかにも怪しい、手紙を渡した男、
徐々に明らかになる目的、事情、そして真実。

銃の所持が当たり前の社会、認知症でも銃は買える、

四人のルディ・コランダー、オットー・ヴァリッシュ候補の男たち、
ひとりめは所属違いの元軍人、
ふたりめは収容所にいた同性愛者、
さんにんめはナチス信奉者でユダヤ嫌いの親子、いまだに続くもの、
よにんめは、楽園のような家に住む、かつての友、
ごにんめは、

いやー、すごい。思い出せ、思い出せ、まだ終わってないんだと、呪詛のような。手紙ひとつで完全犯罪。完璧な復讐。

彼が謝罪した相手。次世代の芽を自らの手でつんだのも、贖罪か。

狼のゼブ。どういうつもりで名乗ってたのか。なんともなあ。

子供とのやりとりがどれも素敵で、思い返しても、そこに恐ろしさは感じない。

忘れたかった、忘れられなかった、忘れてしまった、忘れさせてたまるか。淡々としていたからこそ、凄みのある幕切れだった。
原題のrememberって、思い出せ、憶えてるだろ、忘れさせるものか、っていうマックスの憎しみが詰まってると思うと胸が痛い
メメント(おじいちゃんver.)。
>|