手紙は憶えているのネタバレレビュー・内容・結末

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ひょえ〜!執念の復讐だな、ビックリしたわ。
まあ確かに今思えば、マックスが手紙持って来た時点で、もう少し疑ってかかるべきだった。

あと、いくら銃社会のアメリカ様とはいえ、認知症の老人に銃を売ったらアカンでw
認知症のゼブが戦争時に家族を殺したナチの看守を殺しに行く話。
結局探していた名前のやつは自分で、自分がナチの看守だった。
この話を持ってきたマックスはかしこいな。
手を汚さずに看守2人殺して復習成功。
良質な復讐劇
満足いく大どんでん返しってあまり出会えないですが、これは本当にアッ!となりました。。。
お見事!の一言!
背負った咎を自らの足で踏みしめながら浄化して行くミステリーロードムービー。
エピソード的な記憶は年老いても低下しにくいとされているので認知症が便利な設定として扱われているのが御都合主義的であった。
・めっちゃよかった
・何回も出てくるオットー・ヴァリッシュを殺せって意味は恐ろしくなる
・人の記憶の頼りなさをとにかく感じる
・偽の記憶なんて簡単に植えつけられるんだとおもうね
・誘導されていく感じがすごく良かった
歴史の上に成り立つ人間の物語。
ナチスドイツに対する怒りを胸に家族に雪辱を果たそうと奔走するセヴ。彼の参謀として活動するマックス。揺らぐ銃口が向く先は。
良く出来ている、という印象だった。目を背けるわけにはいかぬ歴史上の出来事に焦点を当て、物語性も保持しつつ、この作品自体のアイデンティティーとも捉えられる要素も盛り込まれていた。しかし、「納得がいかない」ような肌触りに感じる人も多いだろうな、とも感じた。この物語の中だけで見るとどうにも一貫しないものが見え隠れするのも事実であった。
全体を通して、人間に対する視点が鋭く描き出されている感触があった。名前も、記号も、頼れるはずのものがその情報を失った時、人は何を以て人を判断するのか。手紙なのか、旗なのか、家族なのか、銃なのか。この作品は歴史をバックボーンにすり込むことで、しかし事実は引き剥がすことが出来ないということを、改めて突きつけているように思われた。
目覚めるたびに妻がいないことを初めて知るシーンが度々つらい

最後の”remember”の重みがすごい
自分が何者かわからなくなってしまうんじゃないだろうか
そのうえでのあのラストシーンなんだろうな

彼の報復は果たされたのだ
終始暗い感じですすむ
戦争が題材になってるけど、ストーリーとかハラハラ感とかどんでん返しがしっかりあるから、あまりメッセージ性の強さがしんどくならへん感じ
鬱陶しくなくしっかり心に残ってくれる、みたいな


わたし的には正直3人目のシーンが衝撃的やった
教育とか洗脳(?)とか、小さい頃から植え付けられた意識ってほんまに怖いなって思う


とりあえず20歳最後の映画にこれを選んでよかった
邦題つけた人出てこいお前が一等賞や!
原題はrememberなんですね、いいミスリードでした
復讐としては最高の計画でしたね
どれだけ辛かったかを長い時間味合わせつつ、最後の最後に絶望感をもってくる良い計画でした
だんだんオチは予想ついてくるんですが予想できたらできただけ怖くなってくる作品でした
テーマはナチ重い話ではあるが、最後のどんでんをしたいがために老人を振り回す感じがあまり好かない。最後まで認知症を通さず思い出すのはまだ救い。
>|