手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

よりも

よりもの感想・評価

4.3
戦争は終わっても、人それぞれの心の中では終わりはないんだな。
最後は衝撃!
Yuquee

Yuqueeの感想・評価

3.8
悲しみの根深さ
深海心

深海心の感想・評価

4.0
‪認知症を抱えた90歳の老人が、一通の手紙を頼りに、家族の仇であるナチの残党を探す旅に出るという、ロードムービーテイストの異色サスペンス。鑑賞後に「ああ、いい映画観た!見応えあった!」という心地よい満足感を与えてくれる。
オープニングに代表されるように、クリストファー・プラマーが映る時だけ、ボケた不安定さを象徴するためにカメラは縦に揺れるんだが、単純な手法なのにかなり効果的な演出になっている
色彩感覚豊かな風景の中、悩ましげにいる姿は時代に取り残されている様を見事に表現している ストーリー展開といい、この辺りはゆきゆきて、神軍を思い出した
そして対照的に綺麗に横移動するマーティンランドーの場面、この時点で何かがあると思わさせるんだが、それが意外なラストにつながる
過剰な演出がほとんどない中、重いテーマが淡々と進む、お陰で押し付けがましさがない
ただの復讐劇ではなく、アウシュヴィッツが絡むことで物語に厚みが増していた。
なおー

なおーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

登場人物の平均年齢何歳になるだろう。

ゼヴは認知症のため、つど記憶を失い、手紙というバックアップにより、使命を思い出すが、記憶を失う直前時点で、どこまでゼヴは過去の記憶を思い出していたのか(思い出せたのか)を考察しつつ、もう一度見たいと思った。
Abu

Abuの感想・評価

3.8
映画として非常に面白い復讐劇。
但し…ブルーノガンツが言う【国の為に軍に仕えたまでだ、私は誇りに思っている。ユダヤ人に関してはヒトラーが正しいと思っていた。奴らは国に害をもたらした。追放し労働収容所送りかと思ったが実際は違った、恥ずべき行為だ】が全てを物語る。それは一介の親衛隊でも同じかな?!

そして戦いに負けると恥ずべき真実だけが明るみになる。
みんな気づいているのに。


緊迫できる映画でした🎬
kyoko

kyokoの感想・評価

4.0
良かった。久しぶりにミステリー見ると疑うことを忘れて見れて面白い。
見終わってからRememberっていう原題が良いなあと思った。
>|