手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

決して忘れることも消されることもないホロコーストへの怨み。

老人は残虐なまでの復讐劇を成し遂げる。

家族を奪われた痛烈な思い。
その思いは復讐への強烈な思考を生んだ。
おじいちゃん映画。

おじいちゃんは目が醒めるたびに記憶がリセットしてしまう→手紙だけが頼りという設定で、ドキドキの展開を生む。

そして、何せおじいちゃんなもので、動きが遅いw
ピンチの場面でもとてもスロー。それでいて話はコンパクトな時間にまとめられてて見やすい。

展開として、途中で「こんな感じにかな」と浮かんでくるいくつかの候補の中の範疇だが、実際見るとなかなか衝撃的。
gaku

gakuの感想・評価

3.9
ナチスという題材の中でサスペンスのような結末もあり、楽しめました。主演のセブ役が85歳なのは驚き。

このレビューはネタバレを含みます

ナチとユダヤの関係性を理解した上で観る作品。


途中銃の扱いが異常に上手く、またワグナーを弾くシーン等、伏線だったわけか。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

4.0
ストレイトストーリーの緊張感持ったバージョン。
Elmar

Elmarの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あのレベルの認知症で、自分がナチだった事も忘れてしまう?
自分の家族の死んだ原因忘れてしまう?
と、ちょっと疑問に思ったわ。
>|