手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

nIa

nIaの感想・評価

4.8
2016年下半期公開作品のなかでは一番面白かったかもしれない 映画に詳しい人はオチも読めてたらしいですが、幸い全く僕はそんなことなく、たっぷり展開を楽しむことができました
ぱな

ぱなの感想・評価

3.7
主人公の年齢90歳なのにビクビクした。
うーん、何もヒリヒリ来るものが無かった。

サスペンスやストーリー進行を重視し過ぎてこんなシーンに時間掛けるなら、もっと描かなければならない悲しみや憎しみがあって、それも描けてないのにはいどんでん返しですみたいに打ちひしがれても役者の演技力だけで無理くり押し上げてる感じが強過ぎる。

唯一良かったのが三人目。
実際のユダヤ人はもっと恐ろしい思いをしただろうに。
このままでは死に切れないと最後にもがくユダヤ人の慟哭と憎しみをあんなふんわり楽に終わらせて良いのか。映画だろ?


アトム・エゴヤン監督は「白い沈黙」にしてもそうだけど、興味惹くあらすじの脚本選ぶ割に描ける力が無いからホラーから始めればと思うこの頃。
Rick

Rickの感想・評価

4.5
何を言ってもネタバレになりそう...。少なくともナチスに関しては、必ずしも昔の出来事ではなく今も根強く残っているし現在進行形の問題なのだろうと考えさせられる。
totoruru

totoruruの感想・評価

4.0
短いけど濃厚で衝撃的な映画。

ガツンと来てキライじゃない感じ。

あと、クリストファー・プラマーが、非常に良い演技で、年齢を考えると脱帽です。

前半は妻に先立たれ、認知症も患っているおじいちゃんの、哀愁漂う切ない感じです。

老人版メメントで、手紙を読む度に妻が亡くなったショックを何度も受けるのが、観ていてツラくなる。

そして何故だが判らないが、観ていて時折切ない感情が不意に押し寄せて来た。
ピアノを弾くシーンでは、予期せず涙を流している自分にビックリした。

後半から、特に終盤は衝撃の展開。
これ以上は、チョット書けないかな。

内容的には重いけど、見応えのある映画です。
MaT

MaTの感想・評価

3.9
映画としてはおもしろい
が、
現実味がない

さすがにそれはないだろ
ちょうどいい長さで話もまとまってるけど、展開が読みやすいかなあ。ナチスについてあまり知らなくても問題なく観れる。
ラスト5分は衝撃でした
まさかの展開に茫然自失でした

復讐に燃える2人の男アウシュビッツに関わる
人たちも、もうこんな年齢になるんだと思うと
時々こういう映画は必要ですね

ユダヤ人の被害者たちは一生消えない傷を負ったでしょうし
ナチスの加害者たちも自分を隠しながら負い目を持って生きないといけない
戦争が終わってそれぞれ目線は違うけど辿り着く先は同じなのかなあと思いました

またこの映画で気になったのは加害者側であるアウシュビッツにいたナチス兵ですね
何故、当時逃げ出そうと思ったのか?
その理由が知りたかった
そしたら何かがわかるかもしれないと思ったんですが結局語られませんでした
もしかして・・・から逃れるためかなあ

私はほんとに真っ直ぐにゼウの復讐劇として
観てましたからほんと衝撃でしたが
もしかしたらあのピアノにヒントというか
伏線があったのでは?
と今となっては思います
もしかしたらピアノに詳しい人はわかったんじゃないかなあ

脚本はほんと秀逸でした
ゼウが認知症だからか時々ヒヤヒヤさせてくれます
それもラストに比べたらどうって事はないですが
けど例え認知症だったとしてもあそこまで忘れるものなのかが疑問
当時の事は強烈な出来事だったと思いますから

でもまあ、なんかまた別の視点で考えさせられた映画でした
これはおすすめです
mie38

mie38の感想・評価

3.8
認知症があるから複雑って思ってしまうけど、ラストは認知のフリ?だったのかとも思わせる‥
想定外でマジかぁ‥です。
>|