手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    ロコモコ
    ロコモコの感想・レビュー
    2017/05/17
    4.0
    yoko45
    yoko45の感想・レビュー
    12時間
    4.0
    ヒトラー最後の12日間の後に観賞。認知症役のクリストファープラマー、1965年のトラップ大佐から50年後、素晴らしいです。ブルーノガンツ、もう少しみたかった。ディーンノリス、態度豹変の演技にゾッとしました。最後は衝撃的、原題が表示されて「なるほど」。クリスタルナハト(11月のポグロム)とユダヤ社会ではワーグナーが触れてはならないものであることをこの映画で知り勉強になりました。(メモ:たまたま湊かなえのリバースを読んでいたところ。共通点があり面白い)
    ならちゃん
    ならちゃんの感想・レビュー
    13時間
    4.0
    おおお...これは上等な...
    大半→認知症の老人のロードムービー?
    ラスト→急にズシッとくるサスペンス

    家族をナチに殺されたセブは、妻が死んだことも忘れてしまうほど重度な認知症を患っていた。
    目覚めると忘れてしまうため、ホームの友人が書いた手紙を頼りに、家族を殺した兵士を探し出し復讐する為の旅に出るが...

    なるほど。
    随所で感じた微妙な違和感は、ラストで納得。
    これはネタバレ厳禁ですね( ö )/!!衝撃!斬新!
    面白かったです( `・ω・´ )

    年月がどれだけ経ったとしても、罪は消えない。
    だけど、おじいちゃん記憶なくしすぎ笑
    はるまき
    はるまきの感想・レビュー
    1日
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    途中で、ゼブはあやつあれてるだけでは?と思ったけど、ラストはもう一段超えてきたね〜
    最後の自殺は何に対しての贖罪だったのだろうか
    朝稲青沙
    朝稲青沙の感想・レビュー
    1日
    4.0
    認知症と復讐をかけ合わすのは難しいと思ったけどなるほどそういう仕掛けかぁ。

    アウシュヴィッツの恨みは根深い。

    「きっとここが帰る場所」もナチを探す話だったので少し似てる。

    老人は立ってるだけで絵になるから良い。

    最後の家が素敵すぎて住みたい。
    ワタタ
    ワタタの感想・レビュー
    1日
    3.6
    映画館で観忘れていたのでレンタル視聴。
    序盤から漂う「メメント」感。

    アウシュビッツで家族を失った認知症の90歳のお爺ちゃんが、ある手紙を頼りに復讐計画を実行しようとする話。

    ラストの会話は緊迫感あります。
    ラストの為の映画。
    ここで評価がグッと上がる。
    好きです。面白いです。

    だけどメメントの文脈に乗っているせいで、どうしてもメメントと比べてしまって個人的評価が少しダウンの映画になってしまった。
    Joey13
    Joey13の感想・レビュー
    2日
    3.6
    認知症ミステリー!
    衝撃のラストが待ち受ける!

    〜〜〜〜〜〜〜〜
    最愛の妻が死んだ。

    認知症のゼブはそれも忘れてしまう。

    ある日、
    同じ病院の
    アウシュビッツの生き残り仲間に
    「覚えているか...?」と
    ゼブが誓った決意を記した、
    1通の手紙を渡される。

    その決意とは、
    家族を殺したドイツ人兵士への復讐。

    認知症も進んでいるが
    わずかな記憶と1通の手紙を頼りに
    リベンジが始まる。。

    そして、、、!
    〜〜〜〜〜〜〜〜


    衝撃すぎる!!!
    ラストが衝撃。

    ひたすらゼブ。
    ゼブストーリー。

    これ、意外とラストが重い。


    P.S.
    手紙にコーヒーこぼしたウェイトレス
    あの拭き方ある?
    さいあく。(笑)
    EIR
    EIRの感想・レビュー
    2日
    3.8
    記録
    BB
    BBの感想・レビュー
    2日
    3.7
    5月26日
    高齢者映画の極み
    認知症とナチスへの怨みが主題
    やられた方は忘れない
    しんだぞ
    しんだぞの感想・レビュー
    2日
    3.8
    悲しい話かと思っていたけれど、別の意味で悲しい話だった。
    こんな悲惨な話を撮ろうってなったのがすごい
    映画が終わって10分くらい「はぁ、マジか…」と連呼してました
    >|