手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

    田所聡
    3.9
    2時間以上して中身ない映画がある中1時間半でこの内容は凄いね!髪の毛が薄くてもゼヴは渋いね
    予告等で衝撃の結末とか言ってしまってたらので、「やっぱりか」と言う感じでした。
    MUA
    3.6
    元アウシュヴィッツに収容されていた認知症持ちのゼヴが、同胞である老人ホームの仲間マックスと共に、戦時中に自分達の家族を殺したナチの責任者へ復讐しようとする話。
    これは前情報なしで見た方が良いが、アノ映画とアノ映画を掛け合わせたような作品。
    しかし、題材自体はとても重く、映画としても充分楽しめるが小説で読んだ方がより心理描写なども鮮明に伝わり、一層濃厚な作品に仕上がっていた気がする。
    (というのも最近から連城三紀彦の小説を読み始め、彼の書くミステリの巧すぎる捻りと圧倒的な心理描写の2つが見事に両立する様に心を奪われてしまっている為・・そもそも媒体自体が違うので比較してはいけないけど)

    しかしこういった映画は、「老人は非力」などという固定観念を壊して新たな可能性を考えさせてくれるのでとても勉強になる。
    まさか老人が、保身用ではなく復讐する為に銃を持つはずがないだろう、という”まさか”=見過ごしやすそうな話のタネをちょいちょい見せてくれる。
    最近話題にもなったホラー(?)映画「ドント・ブリース」も然り、これはこうである/この年齢層のキャラはこんな社会的役割でしかない、などといった硬くなりがちな頭を柔らかくしてくれる・・と言った意味でも良い映画だった。
    また、歴史や感情の蓄積が人一倍多い=高齢者、という見方をすると一層この映画の題材の重さが伝わってくる。しかし残念なことにこの映画からはあまりナチにまつわる”重さ”を感じられず、衝撃的な映画という感想だけになってしまった。
    だからもし小説が出れば絶対読みたかったなと。素材はすごく良いからより感情移入させて読むことで、読み手が歴史や人間一人一人の重さを改めて考えることが出来るのではないか?と。
    (でも細かい伏線はあんまり回収出来てなかった気も・・・。)

    勝手な感想ベラベラ述べたけど、良い映画でした。

    <メモ>
    キャラ設定(外面)と動機や方向性(内面)=想定出来なさそうな作り方
    4genji
    3.4
    寝たら忘れちゃうおじいちゃん。メメントと50回目のファーストキスを思い出す。

    ゼヴが弾くピアノが美しい。
    クアラ
    3.8
    オチは途中で読めたのですが、それでも面白い!

    ストーリーの全てが結末を観る前と後じゃ全然受け取り方が変わります。

    このレビューはネタバレを含みます

    マックスの用意周到さが凄い。どれほどの執念があったんだろう思う。
    ゼヴが寝て起きてその度に妻がいない現実を受け入れなきゃいけないのが辛かった。

    ラストが衝撃的。
    >|