手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

猫田

猫田の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

淡々と進むストーリーとは裏腹に、老いてもなお忌まわしい過去の記憶に囚われ苦しめ続けられる姿がすごく残酷に映る。死を前にした人間たちが自分の心に決着をつけるための哀しい復讐劇。あの出来事で心に負った深い傷は、被害者も加害者も同じなんだろうかと考えさせられる
chiyo

chiyoの感想・評価

3.0
サスペンスでありロードムービーであり
おじいさんの復讐劇
ディーンノリスやっぱりいい味出てるなあ~
ちょっと簡単に殺しすぎとも思うけどラスト観たらちょっと納得
inuさん

inuさんの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

こんなにゆっくりなサスペンス見たことがない!!素晴らしい映画です。ナチス関連の映画ということで期待をしていましたが、期待以上の映画です。特に印象的なのは、ネオナチが出てくるシーンです。現代でもナチが生きている恐怖を感じます。何度も見たい映画。
candy

candyの感想・評価

4.0
これはすごい。
とにかくすごい。鳥肌がたつ。最高の復讐劇。
これから見る方は、レビュー読まずに見るべき。すごいですから。
ホロコーストを直接描かない、ホロコーストもののサスペンス。
痴呆症の老人のロードムービーでもあり、地味ながら脚本が良くできてて面白い。
50年越しの復讐

『アンノウン』を思い出した
認知症のおじいちゃんが復讐の旅へ
コメディからシリアスへ

考えさせられる上に面白い
とにかくおすすめの映画
hirogon

hirogonの感想・評価

3.9
原題は「Remember」。
「手紙は覚えている」という邦題も、原題の意味するところをよく表しています。
予告編でも、”目覚める度に記憶を失う”、”だから、手紙が彼の記憶”という紹介がありますが、伏線になっているんですね。

本作は、アウシュビッツで家族を殺されたユダヤ人捕虜の生き残りが、家族を虐殺した元ナチスの潜伏者を探して復讐する物語。

復讐者は、ゼヴ・グットマン(クリストファー・プラマー)という認知症のユダヤの老人。戦後アメリカに移住していて既に90歳。
彼は、妻ルースとともに老人ホームに入っていたが、妻の死をきっかけにして、復讐の計画を実行しようとします。
しかし、認知症が進んでいるため、目覚める度に記憶が混乱していて、妻が亡くなったことすら何度となく忘れます。

老人ホームでのゼヴの友人マックス(マーティン・ランドー)が、復讐計画を助けるために、すべき内容を全て手紙に書いて彼に持たせます。彼もユダヤ人です。
家族を殺した元ナチに復讐すべく、ゼヴは老人ホームを抜け出し、犯人探しの旅を始めるのでした。
ユダヤ人捕虜と偽ってアメリカに潜伏した家族殺しの候補者は4人。名前は、”ルディ・コランダー”。しかし、それは偽名で、本当の名は”オットー・ヴァリッシュ”。

銃を購入し、一人ずつ居場所を訪ねて、探している人物かどうかを明らかにしていきます。
旅をしながらも、何度も記憶が混乱して、その度ごとに手紙の内容を読み返すゼヴ。
認知症の老人の旅自体が見ていて危なっかしい上に、銃を所持し、記憶を失い、犯人かも知れない人物を訪ね歩くという緊張感。
そして、とうとう4人目の人物の家を訪れることになります。

家族を殺された者の消しようのない憎しみの感情。そして、復讐計画の結末は?
ラストには、衝撃の展開が待っています。ホロコーストの闇は深い。
saki

sakiの感想・評価

3.7
おじいさんと復讐劇、どんでん返しのギャップが面白い。
ナチスを題材にこの筋書きとすることも、見事
>|