手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

ふち

ふちの感想・評価

4.3
レビューもあらすじも見ないで観ることができたので楽しめた。少しでも観ていたら、多分最後のことを勘繰っていたと思う。
peche

pecheの感想・評価

3.7
ナチスの残した傷は深い。
始終認知症の老人に気をとられて最後の結末が強烈だった。
Konny

Konnyの感想・評価

3.2
人探しお爺ちゃんロードムービー。
認知症やからハラハラさせられる。
お爺の執念たるや。
ゼヴは認知症の記憶障害。

ルディ・コランダーを探し出すゼヴの旅。

目覚める度に記憶ないから心配になる笑。
YUME

YUMEの感想・評価

4.2
突然訪ねてきた老人には注意⚠︎
雑食

雑食の感想・評価

-
みた 何の気なしに結末だけ先に見てしまってから見直したのでどうなるかわかってしまっていて失敗した。
保安官の人がほかの洋ドラでもたいていああいう役なんで出てきたけど瞬間に悪者感漂ってしまう。本当はそうじゃないよ、って言って。
最後のカットがサウンドオブミュージックのトラップ男爵そのもので(服装は違うが)ああ本当にイケメンだったし、いい感じに老いたのだなと思った。長く行きてまだ演技している。認知症の役もこなす。すごい。
認知症の老人の静かな復讐。

「衝撃の結末」って言われてたから、だいたい予想できてしまったんだけどね。
戦争によって狂わされてしまった人生。何も知らずに天国に行けたら幸せだったろうに。まさに「手紙は憶えている」。

ゼヴの行く先々で、彼を助けてくれる人たちが優しい人ばかりでなんか切なくなる。その中で出会ったあの警官はなんだったんだよ…親がそうだと息子もああなるんかな…なんか悔しい。

2018/72
家族を失った悲しみと、憎しみの執念が感じられた。
自分がどこにいるのか、何をしようとしているのか。
手紙を便りに復讐の旅にでるセヴ
優しいピアノの旋律が心を穏やかにさせてくれる。
悲しい記憶を封じ込めるように

これ。
すごいよ
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.3
うーん。面白いんだけど、ちょっと期待しすぎてしまった。何も情報入れずに見るべし。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.0

2018年7月15日
『手紙は憶えている』 2015年カナダ・ドイツ製作
監督、アトム・エゴヤン。
この監督さんの『クロエ』がアマンダ・セイフライドさん
が準主役で悪女?を演じていて面白そうだ。

妻が亡くなり、老人ホームで暮らすゼヴは90歳で認知症を
発症している。
同じ老人ホームで暮らす車椅子の友人から手紙を託され、
友人の代わりに、まだ歩けるゼヴはその手紙を持って、
ナチスの残党、オットー・ヴァリッシュを探す旅に出る。


認知症のゼヴを見るのがしんどく、ちょっと観ただけで
何か月も放っていました。
お暇な?三連休♪なので、続きを観てみようかと
観出すと、あら、意外とおもしろい♡
現在は"ルディ・コランダー"という偽名を使って暮らし
ているというオットー・ヴァリッシュを、一軒、一軒、
訪ね歩く旅なのですが、観ている此方はそれぞれの
暮らしぶりも性格も違う人々を見せられ、興味をそそられる。
そして、ラスト、出会ったのは・・・!?

ラストに訪ね歩いた家の雰囲気がとてもいい(^^♪
あぁ~、こういう温かみを感じる家がいいな♡と思う。
居心地良さそう、家族も幸せそうだと想像する。
家具の配置も彩りも良さげ、花いっぱいの庭も、テラスの
家具もいい♡
そこで幸せに暮らす家族を、訪ね歩いた主人公は・・・
それこそ罪です!!

話しはよく練られていて、おもしろいですよ。

第2次世界大戦時にナチスの党員でアウシュビッツに
いたことが、何十年たっても、他国にいても後悔する
過去なのですね。
その子世代、孫世代もナチス党員を恥と感じていて…
かと思えば、憧れのナチス兵と思う息子世代もいて。
そういうことを、映画にしているドイツ。