手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ナチスものとは知らなかった。認知症のおじいちゃんのコミカルなロードムービーだと思って観てたらだんだん不穏な空気になってきて、死人が出てビックリした。初めて撃つのにピストルの腕がやけに的確やんと思ってたら、そういうことだからか?
訪ねていく人が、うまい具合に勘違いできる人なので笑ってしまった。
主人公に思い入れして観てたのに、最後は複雑な気持ち。
ナチの元将校を追い詰める話といえば『ゴールデンボーイ』や『きっと ここが帰る場所』などを思い出します。それぞれ印象深い作品。さて、今作はというと…。
粗筋だけを箇条書きにしてみるとなかなか良く出来た話ですし、ラストの展開も想像の一歩上で、脚本自体はきっと面白いのだと思います。ですが作品として見ると、いくつかの事柄がどうにもノイズになってしまい、心の底からは楽しめませんでした。
1つ目の問題は、そもそもこのテーマはエンターテイメントとして楽しんでしまって良いのか?という点です。あくまで自分の中での線引きですが、娯楽映画の創作のネタとして「ナチスは有り」で「ホロコーストは無し」だと思っています。(X-メンのマグニートー覚醒の件も無し)ましてや、被爆者やホロコーストの被害者の高齢化によって、直接の体験談を聞く機会の存続が危ぶまれる中、今作の主人公の設定では“彼等は歳を取りすぎて意識が曖昧になっている”というイメージを植え付けてしまう事に成りかねないのでは?とも思います。何か別の仕掛けは考えられなかったのかなぁ…。
もう1点の問題は明確で、見た目が悪いって事です。特に拘りも無く、必要な画を撮って繋げた風、というかテレビ映画みたいな、緊張感の無い画になってしまっているのです。正直、ここ三作程の監督の作品はいつもそうで、話は悪く無いのにチープな画作りが作品世界への没入を拒んでしまっていて非常にもったいないです。いっそ撮影チームを刷新すべきではないかしら。

ドラン、グルー、ヴィルヌーヴらカナダ映画界の新しい才能が台頭する中、長きにわたってその屋台骨を支えてきたアトム・エゴヤン監督の、捲土重来を期待したいです。『スウィートヒアアフター』の衝撃をもう一度!
yuta

yutaの感想・評価

4.0
老いた一人の男が妻亡き後、過去に自分の家族を殺したナチスの残党を捜しに行くというあらすじ。

途中までは、誤解を顧みず言うのなら、歪でちょっと可笑しくもある復讐劇。(相手に向けて銃を向けてるがその手年では震えている描写の銃は持っているが威圧感や恐怖がないところ)でも、一番は哀しい。70年経っても残る戦争の傷跡。そしてそれに翻弄される一人の老人。復讐を遂げたところで、最愛の妻は亡くなっているし、気持ちが晴れやかになる事もない。
そんな序盤は淡々としていて、あまり乗れなかったのです。

途中から予想はしていましたが、重く暗い展開が続きます。主人公が認知症で寝る度に記憶を失ってしまうので、謎は深まるしやきもきもする。
そして、、、
そこから予想の斜め上をいく、まさかの展開に。予想もしてなかったというか、そんなタイプの映画ではないと思って観ていたので、正に意表を突かれました。そして、観終わってからの原題が出るのですが、その時の異様な怖さとカタルシス。
思い出してみると色々、伏線も張られていました。

この作品の主人公で、元アウシュビッツに収監されていたユダヤ人役はクリストファープラマー。数年前に最高齢でアカデミー賞を受賞した事でも有名な名優。
そして過去に、主人公の家族を殺したナチスの残党役にブルーノガンツ(過去にナチスの象徴でもなるヒトラー役を演じた)を持ってくるところに皮肉を感じました。
そして、主人公にナチスの残党がいる事を伝える同じ老人ホームの入居者が今年亡くなったマーティンランドー。
ベテランの名優が集まったこの布陣もこの映画の魅力を倍増させていました。

少し前に鑑賞した、逃亡者はオチが微妙で点数を下げましたが、今作はラストの展開で点数を結構あげました。終わり方で明暗を分けたのです。
この2つの作品で、オチのまとめ方の重要さと、大切さに改めて気づきました。

このレビューはネタバレを含みます

手紙が「憶えている」のは誰の記憶なのかを考えると、この邦題は結構深い。
yh

yhの感想・評価

3.9
退屈はしなかったけど、あまり驚くようなことはなく期待外れ。
furlamami

furlamamiの感想・評価

3.5
見終わってから、最初の老人ホームのシーンを見返しました。
最初からそれ目的で主人公に近づいたのか?痴呆を使い、うまく駒を使った所が賢い!執念さを感じる映画でした。
ni5ro

ni5roの感想・評価

3.7
騙されたー!

老後は穏やかに過ごしたいです。
くるみ

くるみの感想・評価

3.7
まんまと騙された…
観終わった後に原題と邦題を改めてみるとあぁ…となった
たま

たまの感想・評価

3.0
なるほどとうならせる展開。
ナチの生き残りへの復讐の為に痴呆症の老人を使うとは考えたものだ。電車で一緒だった少年の父親、ホテルの従業員や服を買った店でも老人に親切だったように、見ている方もゼヴの行動をハラハラしながら見守っていた。
予想外のラストに驚愕しつつも、マックスのセリフが余計だった。
表情だけで充分だったのに。