手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

どんなに老いても忘れない記憶。痴呆と戦い老体に鞭打ちながら老人が辿る復讐の道。老いた人間の心情など、余人はおろか当の本人さえ計り知れないのかもしれない。
maeda

maedaの感想・評価

-
最後の最後に真実と本当の復讐
忘却の復讐劇

男は認知症
ターゲットは4人の男
友人の手紙を頼りに
着実に追い詰めて行く



ジジイ版ボーンアイデンティティかなと思ったら、ラストのどんでん返し

アイデア一発の意欲作
復讐譚。
ラストまで、重く息苦しい。
DWWG

DWWGの感想・評価

3.1
90歳を過ぎたアウシュビッツの「生き残り」が、家族を殺したナチに復讐を目論む。重いテーマの割にコミカルな、淡白なテンポ。意外なオチ。自分の中で二枚目の代名詞のクリストファー・プラマーが、すっかり品のいいお爺様になっている。
AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.7
ホロコーストを題材にしてる映画は久しぶりに見ました。

いや~これ脚本すごいなあ、
見事に衝撃を受けました…

アウシュヴィッツについて
色々調べてみようと思います

いつか行って、自分の目で見たい
生きてるうちに見なくちゃ…
ぴのふ

ぴのふの感想・評価

2.5
わたしも近い将来
こんなふうになってしまうのかと
リアルに不安がおそいかかりました。。
あ、老後の怖さです。。
認知症、、、母もそうだったのでリアルにみてはきてました。
日本で尊厳死を選べるなら私はそれを選びたい。。と感じていますが、、、。
10代のとき、まだ若かった母にどっちみちしぬならヨボヨボになった状態で長生きしても仕方なくない?とか聞いたことがあり、その時母は「年取ると1日でも長く生きたいって思うものなのよねー」と言っていました。
さっきの事を忘れてしまうようになった母は覚えていなかったと思いますが。。

映画の話しですが、ここまで強く復讐しようと思っている相手がいるっていうのは、幸せに生きているわたし達には到底理解し難い事なのだろうとおもいます。
それだけ辛く悔しくその後結婚し子どもや孫ができたりどんなに楽しい事があったとしても忘れることができない程のことなのだと。。どんな言葉を使っても表現しきれないですが。
ずっと恨みを持ち続けることが幸せなのか不幸なのか、こういったことをみると正解はないのかも知れないし、きれいごとになってしまうようで軽々しく言えないですね。。
でも復讐を成し遂げた彼は達成感や充実感はあったとしても、幸せになれたのでしょうか?
それが自分の快楽のための犯罪ならまだしも、戦争だの拷問だのの責任は指名された個々ではないと思うので。。。
いろんな意味で戦争の犠牲って奥が深く、本当に本当になくなってほしいです。
アウシュビッツの生存者
認知症の老人
が眠るたびに記憶がなくなってる
手紙の記憶を頼りに復讐に行く話し

行く先々で出会うみんなが老人に優しくてホッとするし

主人公の演技が良かった

ストーリーの先がよめちゃったのが、残念
NATSU

NATSUの感想・評価

3.6
忘れてしまうことが、必ずしも不幸ではない。という事。
あらすじも見ずにハートフルストーリーかと思って観始めたら、えらくラストがしんどい内容だった。中盤からラストまでの流れがいい。そしてみんなおじいちゃんに優しい。