手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

PPk

PPkの感想・評価

3.7
中盤まで退屈だったけどラストはやられた。これぞ爺さんの復讐劇。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.7
認知症という設定がとても活かされていて、すごい。前情報無しの私が想像していたのは、ナチスのした事・歴史的惨事を観客に知らしめたり反戦のメッセージが込められた映画かと。実際は復讐ミステリー(のように私は鑑賞した)。

単純に、認知症を患う老人が苦労しながらひとりで目当ての人物を探していく過程のハラハラ感・果たして誰が本物なのかという謎・『復讐』というものについて の3点がとても良かった。

全てを知った上でもう一度観たい。
tetsu0615

tetsu0615の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

衝撃のラストとか書いてあったわりには予測の範囲内かなぁ
要するにマックスの狙いはあの2人の同士討ちてことか
ゼヴの認知症を利用し、同じ捕虜と偽りもう1人の仇を仇に探させるとは…執念である

そこに行き着くまではほぼ淡々としており、若干の眠気も…
認知症も進行、体力的なハラハラもありつつもそこまで緊迫感はない。
この物語はどこに行き着くのかと思いきや、そう来たか!とはなるものの予想外とまではいかず、盛り上がりにかける(わざとあんな風にしたかもだけど)

面白くないわけではないし、オチが分かった上で見るのも面白いかもしれない。でもそこまででもない。そんな映画だ

他の人のレビューから
戦争の傷跡やそういった記憶や歴史を実際に知る人物が減っているなか、こういった物語は大事なのかもしれないですね
そこまでの考えにはいたらなかった
きよぴ

きよぴの感想・評価

5.0
これはまじでよかった!!
最後の大どんでん返し!!!
柴猫

柴猫の感想・評価

4.5
これは震えた。
派手さはないけどこれこそ本物の復讐劇。
復讐物って最終的な着地点を見いだせないまま空中分解したり、とんでもないとこにいっちゃたり、納得できないものも多々あるけど、これは自分の中で理想の見せ方だった。もちろんこの問題に答えなんて無いんだけど。

まず脚本の素晴らしさはもちろんのこと、始まって数分で引き込まれる演出の上手さ。
寝室での目覚めから病院、認知症、妻の死、友人、手紙と怒濤の情報を浴びせられ、よくわからないままに家族の敵である元SSを殺すための旅に出る。身分を偽っている容疑者は4人。おぼつかない足取りで銃を忍ばせ一人また一人と訪ねていく。
その光景をハラハラ見守りながら旅の中での出会いや優しさに安心したり、忘れる度に手紙を読み返し悲しみと憎しみが蘇る表情に辛くなったりとなんとも言えない。

もちろん復讐劇ではあるんだけど、そこにナチスや認知症といった問題を上手く絡めてあってこのテーマがぶれない。
手紙を読む度に妻の死を知る認知症の残酷さや、ナチス関連の用語を読むことが出来ない子どもであったり、etc.
この三つが物語にとって欠かせない要素にまで落とし込まれ、短い時間に凝縮されている。
復讐というテーマは倫理的な観点から答えを出す段階で、正しいオチか正しくないオチかの二項対立になってしまいがちだけど、この映画はそれを見事に回避しているのが上手い。また見る。

鑑賞済みなのと内容を忘れないために感想を残してるんだけど、自分の感想を読むならもう一回この映画を見ようってなる理想の映画。
脚本、演出、テーマの整合性と全てが三つ星。
94分なのに3時間くらい見てた気分になった。おすすめ。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

4.0
クライマックスで、
若干放心状態に(●´ω`●)
読めなかった。
ロードムービーとしても
おもしろい。
こう

こうの感想・評価

3.8
まあまあかなと思ってたらラストで加速してきたね〜。映像も音楽もなんかどんよりしていて緊張を煽ってくる感じ。ミステリー映画としてはまあ普通なんだけど、シンプルな展開と世界観はgood!!
ストーリー上、主人公に貸せた、いくつかの制約がよかった。設定勝ち。良作です。
asaka

asakaの感想・評価

3.7
邦題はヒント出しすぎ。ちょっと上手く行き過ぎてるのと、そこまで忘れる…?ほんとに…?ってところある。
クライマックス鮮やかだったから最後のホームのシーンはセリフが丁寧過ぎるかも。(なしにはできないけど)
前半ひたすらおじいちゃんの心配をしてしまってミステリなのかこれ、という感じだったので満足しました。