手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

爺さまロードムービー?はたまたコメディ?と思いながら観ていたら最後にけっこうなどんでん返しがあってびっくり。

クリストファー・プラマーが魅せるの何の。顔のシワがまたいい感じ。
あとディーン・ノリスの歪んだオヤジ役はテッパンですね。

認知症がテーマのひとつなのだが、なんとなく「メメント」的な感じも。
原題『Remember』。刺さります。
さと

さとの感想・評価

3.7
悲しく切ない。

ストーリーとは関係ないけど、お年寄りに優しい人が多くてなんか安心した。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

4.5
(過去観賞記録)
去年観た映画。ストーリーは「老人ホームのおじいちゃんが過去の手紙を元に復讐の旅に出る」なので、勝手にコメディ寄りの作品だと思ってた。

内容はわりと大真面目。というか復讐心だけを残して健忘症気味になったらそれこそ怖いな…だいじょぶかな自分…て心配になったりした。

最後のオチも途中で気付けたものの、おじいちゃんの生きた時代背景も相まっていろいろと考えさせられるテーマだった。面白かったし、ちょっぴり悲しかった。
Haru

Haruの感想・評価

3.0
認知症を題材としてる映画ではよくありがちなんだけどねー
oh

ohの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想より重い映画だった。ナチに家族を殺された2人の老人。腕には囚人番号が彫られている。生き残った兵士を探すために、認知症のゼウは友人のマックスと協力して探し回る話。寝て起きる度に記憶がなくなるゼウ。最終的に生き残りを見つけるも、ゼウ自身も兵士で互いに逃げるために腕に番号を彫っていたという。全てはマックスだけが復讐のために仕組んでいた。ゼウが弾くピアノが素敵。
orimarks

orimarksの感想・評価

4.4
" I remember. "

この一言が、これほど苦しく、ずっしり来る映画は、これ以外にないのじゃないでしょうか。
期待していたけど、期待以上でした。