手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

tomomin

tomominの感想・評価

4.2
言葉が出ない。。。

初めて見るタイプの映画。

観終わった後、ぼぉーっとしてしまった。
モモ

モモの感想・評価

3.0
設定はとてつもなく
ひかれるが
アトムエゴヤンの演出はいつも
どうも大事なものを描けない。
細部というか繊細さがなく。
設定だけが展開してゆき、
人物に奥行きがないのだ。
Miwa

Miwaの感想・評価

4.8
認知症を患う90歳のおじいちゃんのロードムービー
旅の終点にあるものとは…
どんなに年月が経とうとも どんな状況になろうとも許されない罪がある
海杜

海杜の感想・評価

3.6
これは脚本が上手い‼️
終盤まで手紙の内容がこっちにも分からず、認知症のおじいちゃんと一緒でなぜこの旅をしているのか分からないのがキーポイントである。

一見話が難しそうで、諦めかけてた自分にも最後のオチまで分かったから非常に分かりやすい話だった。
いやぁ上手い。
Kei

Keiの感想・評価

3.4
サスペンスが見たいなぁ…と、何も知らない状態からの鑑賞。そしたらおじいちゃんが復讐をしに旅に出るというから、これは認知症すら味方して大分カッコイイ話なのでは…?とワクワクしてきた!
が。見進めるうちに想像していたものとは違った感じと、もしやこれは…と期待する展開に引き込まれてました。途中何度もハラハラドキドキするところあり、未だに根強い歴史描写ありと静かだけど激しい戦いを見たような気がします。
ナチス
手紙を辿って旅する
大どんでん返し
Yukariyama

Yukariyamaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

いいですよ、これ。

おじいちゃんVSおじいちゃんの頼りなさかと思いきやね。
ナチスの是非はこの際置いといて、ストーリーとして見応えのある作品でした。
こういう良作観ると、映画やめらんないって実感します。

以下箇所書き

時折たどたどしい動きがあっておじいちゃんが心配になる
息子の家がとても良い家
最後の家がこれまた超素敵
おじいちゃんの銃の腕前スゲー(これはやっぱりアレなんだね)
ロードムービーとしても良作
最後の相手じいさんが特殊メイクみたいな老けざま
ナチグッズ不気味 ジャーマンシェパードもドイツ的な小道具か?
主人公のおじいちゃの時々眼力スゲー、いい役者なんですね!
シャワーヘッドの描写はアウシュビッツの暗示!?
マックスしてやったりの古狸

このレビューはネタバレを含みます

失った記憶には失うべき理由があって
忘れられない記憶には忘れられない理由がある。

きっとずっと殺したかったわけじゃなく
目の前に何事もなかったかのように現れて
奥さんと家族に愛される姿に、
憎しみが再燃したのかなと。
そして奥さんが死ぬまでは待ってあげたのかなと。
マックスの迷いが、鑑賞後に見えました。