手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 6ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

shiii

shiiiの感想・評価

3.9
クリストファー・プラマーなしには成り立たない系。

とにかく終始緊張して観ていたし、その緊張感を張り詰めたままラストを迎えられたのは、主演のおかげだと思う。

哀しい記憶は哀しいままだ。

これから観る人は、予告とあらすじを観ないでスタートしてほしいし、2回目も観てほしい。
目覚める度に、「ルース!」と妻の名を呼び、手紙を読んで、その死を悲しむ…。イタイ!痛すぎる!けれど、結末はさらに衝撃的!美しい風景と、散りばめられたユーモラスなシーン、強い怨念。重いテーマだけど、いい映画に昇華されていて、監督、脚本、爺さんたちの演技に脱帽。
mao

maoの感想・評価

3.5
重かった。完全に今観るべきじゃなかった
horry

horryの感想・評価

4.0
「人生はビキナーズ」をみたので、クリストファー・プラマーつながりで、軽い気持ちでレンタルしたけど、力のある作品でした。
アトム・エゴヤンは「アララトの聖母」もすごくよかった記憶。
記憶を描き続けている監督が、アウシュビッツをテーマにするとこうなるのかー。
いや、ホントお見事です。

あと、原題はRememberなんだけど、邦題の方がいい。
mizutama

mizutamaの感想・評価

4.2
ナチ系の映画も出尽くしたかと思いきやその手があったか‼︎と。
※ブルーノガンツ出てました⁇
Tomomi

Tomomiの感想・評価

3.7
2018年3月20日
TV
みやこ

みやこの感想・評価

3.8
怖!こっわ!😱
認知症のおじいさんゼヴの人探しの話。

脚本が秀逸でしたね~!
後からジワジワくるタイプ。
途中から何となくオチは読めてしまったものの普通に面白かった!

70年経っても消えることのない、強烈な記憶と大切な人への想い。
大きな力に翻弄された過去を背負って生きる人たちの物語でした。
おじいちゃん映画ですがほっこり系ではありません。

こんなん書いといてアレですが、あまりあらすじとかレビューとか読まずに見る方が楽しめると思います。
予告も観ちゃダメ、ゼッタイ🙅
とても良き。
勝手にほっこりムービーだと思っていたけど全くほっこりムービーではなかったが、良き。
やんぬ

やんぬの感想・評価

4.0
多くを語るとバレるから言わない笑
そう来たか!
ラストにもう少し余韻があった方が良いような、この形がベストなのか

アルツハイマーで寝る度に記憶がリセットされるの、怖い

これは原題より邦題の方が良い!