手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

4.5
ホロコーストその後ものというテーマはあるにせよ、認知症老人のホノボノとしたロードムービーという雰囲気にすっかり騙され、ラストの種明かしが衝撃な傑作ミステリーである。
人探しの旅なのに4人の内3人が人違いというのも仕掛けの一つ。そして何といっても絶対と言っていい囚人番号の入れ墨が最大のトリックとは、完全に脱帽させられた。
車椅子の老人が少し怪しいとは感じていたが、これほどのバッドエンドになるとは…
最近はお歳の割には元気ハツラツな役が多かったクリストファー・プラマーが、ボケ老人を完璧に演じている。顔出し出演程度だったブルーノ・ガンツをもう少し観たかった。
こう

こうの感想・評価

3.8
やっぱりそうか……ていうかもうそれしかないよな……

そういうストーリーだと思って観てたから道中もずっと哀しかったなぁ。
chipi

chipiの感想・評価

3.9
自分の記憶が、人生なんだなと。
とても曖昧なんだなと感じた。
ドラマリベンジに出ていたヘンリーツェニーがチラチラ出てきてちょっとワクワク。
kit

kitの感想・評価

3.5
「メメント」を連想させるストーリーだったが、メメントよりわかりやすく、短い中で良くここまでまとめれたなと感心
オチも壮絶だった
あまり好きな作品ではないが😅

認知症で手ブルブル震えてるおじいちゃん、銃持っちゃあいかん!
aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.3
オチは中盤あたりから、わかった。

けして、忘れてはいけないことだよ…それは…

ん〜でもな、話の展開あまり好きじゃないな

うん、好きじゃない。
戦争の記憶の、殊に加害の記憶の忘却は決して許されないし、それは死をもってしても償われることはないし、そしてさらに加害者に復讐するという暴力を行使することもまた無意味の底なし沼に落ちる、とでも言いたげな。認知症ですらも忘却の言い訳にはならないという、<戦争責任>の果てしない重さ。だから結局は言語を用いて記憶を保持して物語を紡ぐしかないのだし、映画はこのようにエンタメ性と格闘しながら、自らもかつて戦争に加担する道具であったことも含めての歴史的反省を重ねていくしかない。そのなかでもそんな負債への応答を奇跡的に見事にやってのけた一本じゃないかと思う。政治的スタンスや時代背景は違うけれど、「アメリカン・スナイパー」にも比肩する鬱々とした後味の悪さに震えた。
ysm

ysmの感想・評価

4.1
観終わった時すごい汗かいた。

失った時間と、奪われた人生を取り返すにはどちら側の人間もあまりに時間が足りない。正当な裁きも下されないまま時は経過して、傷が癒える事もない。歯がゆさが残る。当に負の遺産。
ネオナチのポリ公、客がユダヤ人と知った時の表情の豹変ぶりよ。あの薄汚い物を見るような目付き、観てて嫌悪感が凄くてあの演技力にはやられた。

このレビューはネタバレを含みます

テーマはナチ重い話ではあるが、最後のどんでんをしたいがために老人を振り回す感じがあまり好かない。最後まで認知症を通さず思い出すのはまだ救い。