手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

邦題のセンスがイマイチ⤵︎の作品が多い中、本作はピタあーっとハマり良し。

痴呆症を患う老人の人探しの旅。手紙を元に会わねばならない人物を追う。

はじめてのおつかい、老人編みたいな感じ。しかし、そんな可愛いもんじゃない。
復讐履行の旅だから…遂にターゲットに辿りつくが…一番悪いヤツがなんとあの人‼︎

ラストが秀逸。大ドンデン返し‼︎派手さが全く無くとも、エッ‼︎と唸らせられた秀作であった。

⭐️教訓⭐️今やSNS時代のど真ん中。手紙の大切さを改めて再認識した。

このレビューはネタバレを含みます

題名の「手紙は」って要らなくない?原題がRememberだし、最後のセリフを聞いてもそう思った。
内容としては、次はいつボケてしまうのかと心配しながら見てしまう。後半になると、もう復讐辞めると言ってたのに、それすらも忘れてまた復讐に駆られてしまうのが痛々しかったな。真実が明かされてからは展開が読めてしまったけど、その方法でしか終われないし仕方がないね。
それにしてもおじいさん達はみんな贅沢なお金の使い方だったし老人施設も家もデカイし、ドイツからアメリカやカナダに移り住んだ身でもこんなに年金貰えるものかと若干不思議に思った。
2018.3.1
これは執念の映画。

アウシュヴィッツ訪問から初めてみた関連作になります。訪問して分かったあの空気感なんかを思うと、ゼヴやマックスの復讐や執念はより理解できてしまうんですよね…

この映画の特長は直接的な当時を連想させる戦争シーンが出てこないこと。そりゃ70年も経過してる現代を舞台にした映画ですから。本当に「記憶」だけで紡がれていくストーリーとクリストファー・プラマーの切ない演技にやられます。クリストファー・プラマーだけでなくマックス役のマーティン・ランドーもほぼほぼ主役です。
皆さん、ご長寿で
しかし、その人生は遺恨と悔恨
反して、家具が可愛い過ぎる
あぁ ログハウス
おじいさん版のメメント。本家より好き。
こういうナチの描き方があるんだなあと感心。
オチの予想はだいたい着くけど、4人の候補者に会うことでどのような展開がされるのかどのような人物なのかわからず始終ドキドキ!

潔く、すっきりしたラストでした。
90歳のお爺ちゃんが主人公なので、地味で派手さはないですが 最後にどんでん返しがあり、中々のミステリー風に出来ており、期待以上でした。
alabama

alabamaの感想・評価

3.7
おじいちゃん、徘徊しながらの。
最初は痴呆のおじいちゃんが秘密の使命を!?と思いながら見てたら最後にズシンと衝撃のラストが来ましたね。
ワーグナーが好きか。。

過去を伏せてアメリカにということを知らなかったので、そういうことがあること自体に驚きでした。

原題のRememberでよかったのでは。
認知症のおじいちゃんが主人公のノワール映画という設定が絶妙で、あちこち徘徊してるだけでハラハラドキドキ。
特に失禁しつつも拳銃をぶっ放すところは最高だった。
オチはあらすじだけで予想がつくけど、それでもラストの重みと切なさは胸を打つ。
出てくる子供が可愛かった。
>|