手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

邦題のセンスがイマイチ⤵︎の作品が多い中、本作はピタあーっとハマり良し。

痴呆症を患う老人の人探しの旅。手紙を元に会わねばならない人物を追う。

はじめてのおつかい、老人編みたいな感じ。しかし、そんな可愛いもんじゃない。
復讐履行の旅だから…遂にターゲットに辿りつくが…一番悪いヤツがなんとあの人‼︎

ラストが秀逸。大ドンデン返し‼︎派手さが全く無くとも、エッ‼︎と唸らせられた秀作であった。

⭐️教訓⭐️今やSNS時代のど真ん中。手紙の大切さを改めて再認識した。
ungeziefer

ungezieferの感想・評価

5.0
アトム・エゴヤンは一貫して自他や善悪の境界の曖昧さを描いているけれど、今作は認知症の主人公がナチへの復讐を企むという、まさにこのテーマにぴったりのストーリーだったと思う。
凄まじい映画だった…
ボブ

ボブの感想・評価

2.5
2017/8/13鑑賞。妻の葬儀を終えた90歳のゼヴは、友人マックスとの夢だった「自分達の家族を殺したナチス兵に復讐する旅」に出た。しかし妻の死も忘れてしまう程、彼の認知症は進んでいた。記憶を失う度にマックスの手紙を読んで覚え直すのだが…という話。主人公がノロノロの老人のせいで緊張感がなく「はじめてのおつかい」の老人版みたいです。サスペンスなので最後の大ドンデンもある程度は予想出来てしまい、イマイチですが、暗殺者が老人ですぐ記憶を無くしちゃうという設定自体は凄く斬新で、もう少し他に料理の仕方があったのでは…と残念です。 55点。
2018.09.19
#1140 記録
N

Nの感想・評価

4.0
自分の家族を殺したナチスの責任者がまだ生きていると知り、施設が一緒の足の不自由な友人に変わり、復讐を果たそうとするゼブ。
彼は認知症になりかけており、朝目覚めると亡き妻を呼び続けているため、目覚めた時に思い出すように友人はこれからする行為を手紙に書き留めて渡していた。。
最後の最後まで気が抜けない…
サスペンスなのかなあ?
衝撃すぎて見終わったあと、ポカーンってなる笑
殺した方も殺された方もお互い年老いていても、何十年経っても恨みつらみは消えないのだろうか…。現代人は観るべき映画だと思う!!認知症を利用して映画を作るなんて…って声もあって賛否両論らしいが私はこういう現実があるってことを知ってもらった方が良いなぁと
chu

chuの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

事前にストーリーやキャッチコピーを見なくてよかった
綺麗に騙されすぎて完全にバラされるまで全く気づかなかった
派手さはなくても映画は楽しめる
ナチス関連ということ以外何の情報もなく 短くてサクッと観られる。くらいの気持ちで鑑賞。

ラスト15分。えーーーー😳ってなった。こういう系だったのね。

多くは語りません。何も知らずに観る方が楽しめると思います。
そうきたかー。
観始めたときは「あれ?ハズレ?」と不安になったけど、
終盤に一気にもっていかれた。
ただもうちょい掘り下げる部分があるともっと刺さったと思う。
原題は「REMEMBER」。
映画を見た後やと邦題の薄っぺらさを凄く感じる。
原題がまさにタイトル。

元アウシュビッツ収容所の生還者が
収容所の担当やった元ナチス兵に復讐するっていうサスペンスではあるんやけど
主人公が90歳の認知症のお爺ちゃんって事で
内容が異質になり、ドラマに深みが増している。
尺が90分くらいでサッパリ見れる良作。

映画などで記憶が1日で消えるって設定は今や腐る程あるけど
パーツの組み合わせ方で新しいモノが生み出せるっていうお手本のような映画。
>|