手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 107ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

mito

mitoの感想・評価

3.8
妻に先立たれて10日目、しかしそれすら忘れつつある認知症の老人。
彼は友人のマックス「この手紙には忘れても大丈夫なように、君が約束した事が書き記してある。」と手紙を手渡される。
彼らはアウシュビッツで一家を皆殺しにされており、妻が死んだら、ホロコーストに関与していたナチス残党に復讐する、と誓っていたのである。
かくして、主人公ゼヴは記憶が混濁する中、犯人の偽名「ルヴィ・コランダー」を手がかりにナチス残党を探す旅に出る。

話は大体読めるのだが、認知症という設定をかなり有効に扱った内容となっている。目覚める度に記憶が定まらない中、手紙のみが頼みの綱であり、物語の核になっている。
認知症を患った人物が主人公といえば、最近ではニコラス・ケイジと故イェルチンの刑事ものがあったが、それとは雲泥の差(笑)よく出来ている。
個人的には結末とは逆のオチを予想していたので、「やられた!」となった。
みゆ

みゆの感想・評価

4.3
2016.11.03(310)
劇場・字幕


これから見る方は一切、一切、一切の情報を入れずに見るのをお勧めします。大事だから3回言いました。気になっているけど迷っているかたは、是非。

ほとんど何も書けていないし書いてもいないので、読んでもそれほどノイズにはならないと思いますが、もしこれから見る方はここから下は読まない方が良いかも。
****************************





見終わって言葉が出てこない作品がたまにあるんだけど、今回は本当に全く言葉が浮かばなくて、今も正直どう書いたら良いのか迷っている。

多分、一番言いたいことは反戦だと思うんだ。

とにかく大変に酷な映画だった(登場人物たちにとって)。

戦争の歴史は日本にもあるけど、島国だから地続きのヨーロッパとは環境が違うので、頭で理解しようと精一杯想像力を働かせても、やっぱりちゃんとは分かっていないんだと思う、私は。でも学ばなければならないし、同じ過ちを繰り返さぬよう、後世に伝えていかなければならない。こんなこと、こんな思いを、余命短いお年寄りにさせては絶対にダメだ。そうならないよう、全ての人は慎重に歩まねばならない。
Fumis

Fumisの感想・評価

4.5
Remember 2015 Canada/ Germany

ホロコーストを題材にしたサスペンス映画。身元を隠して潜伏しているナチスの残党の所在を調べ上げ、自分の手で復讐しようとするアウシュヴィッツからの生還者のストーリー。そして彼は認知症。

全体的にとても哀しい話しなのだが、個人的には非常に満足の作品。予習を全くしていなかったのも良かったかも。物語の作り方がとても素晴らしく、作中で適切に伏線が張られており、気持ちよく騙された。音楽も絶妙。皮肉にもヒトラーが愛したワーグナーの「愛と死」がとても重要なシーンで流される。

歴史好きな父が少し物忘れが激しくなっているので、少し辛かった。

監督はAtom Egoyan。主演はなんと上映中全く気がつかなかったのだがトラップ大佐(Christopher Plummer)。だからピアノが素晴らしくうまくて、そして満席だったのか。その他、Martin Landau、ベルリン・天使の詩のBruno Ganzなどすごいおじいちゃんが出演。
のこ

のこの感想・評価

4.1
非常に分かりやすい単純なストーリーですが、

中だるみなく、90歳のゼヴ(クリストファー・ブラ マー)の認知症を患いながら、
家族を殺したドイツ兵への復讐劇にどんどん、引き込まれて行き、
スローペースなのに、間が良く、クリストファーの演技力に緊張感を覚え、

ラストの衝撃な展開まで目が離せない~
会いに来てくれた、待っていた4番目!
会いに行ったセブとの思いの違い!

余韻引く、期待以上に面白かった映画!
最初からは、この展開は、あらすじ読んでないとわからないと思う!!

ワーグナーを弾くゼヴ、
ナチスを礼崇していたワーグナー!
音楽は別と言いながら弾いていたゼヴ~
認知になっても、心はワーグナーと共に~(^-^)
構えているとオチは読めてしまうかも。
話にメッセージ性があるし、映像と音楽が良い。ダムの音が効果的。

クリストファープラマーの演技が素晴らしい。今年87歳。ピアノも本人の演奏。いやー素晴らしい。
yuunadelic

yuunadelicの感想・評価

3.3
認知症のゼヴがアウシュビッツの元ドイツ兵に復讐する旅に出た話。
年月が経ってもナチの罪は終わらない。
とにかく最初からラストまでずっと悲しい。
ゼヴの演技がすごく自然で、引き込まれる。

ガス室を連想させるシャワーとか、貨物列車とか、ところどころアウシュビッツ関連の物が強調されていた。

警官のゼヴに対する罵声とか、警官の飼ってた犬の名前がヒトラーの妻の名前だったり、少し悪趣味すぎるな…と思うような場面も。でもこの映画のメッセージ性を伝えるにはこれくらいの方がいいのかな?

皆書いてるけど、フライヤー見なきゃよかったw

このレビューはネタバレを含みます

スタイルで言えば叙述トリックとでもいう形になるのかな?
語り手自身が犯人でしたというスタイルは映像作品でやると難しい部分の多い設定でもあるのだけど、本作では主人公の認知症という設定を使ってその辺は上手く描いていたと思う。
ただ見せ方や流れが丁寧すぎるがために、設定や導入の時点である程度察しがついてしまうので、個人的には結末にも驚きはしなかったかな。
むしろ黒幕が主人公にニセの記憶を吹き込むにしても、ターゲットの名前を偽る必然性には乏しく、逆に主人公の本名を聞かせて記憶がよみがえったりするリスクが無いのか?という疑問さえ浮かんでくるが。
まあこの辺は結末のアイデアから逆順に話を膨らませていったのかなあ、などと感じさせられるところです。

なのでストーリーの仕掛けとしては、正直言うといまいち枝葉が気になる。
一方で主演のクリストファー・プラマーやマーティン・ランドー、チョイ役だけどブルーノ・ガンツなど老名優が主体で進む物語としては渋くて悪くない。
主人公が旅先で目にするシャワー・ヘッド、貨車、陳列される衣類などは、あからさまにホロコーストの収容所を連想させる様に見せているけれど、ある意味で観客のミスリードを誘っていたのかなと。
後から考えると主人公がそれらを見て何を思うのかという部分はよく分からないが、まあユダヤ人だと思い込んでいたのであれば…。

好意的に解釈すれば主人公の4人の“ルディ・コランダー”を辿る旅は、主人公にホロコーストの苦しみを追体験させようとした黒幕の策でもあったのかとも取れる。
しかしネタが分かると、この手の話は回りくどい計画だなと思ってしまうだけなのだけれど。
☆☆☆☆

日本題名の『手紙は憶えている』は分かり易さで間違いでは無いんですが、映画を観終わると「ちょっと違うかな?」…と。 原題は【remember】なんですが、これが映画を観終わって帰宅途中で色々と考えていると、ジワジワと効いて来る題名なんですね〜(´-`).。

早い話がこれは殺し屋のロードムービーなんですが。主人公の殺し屋はクリストファー・プラマー演じる90歳のボケ老人。 だから手足はおぼつかず、記憶も直ぐに無くなってしまう。まさにこんな殺し屋は前代未聞なのであります。

他にも、ネオナチ男が態度が急変する辺り…まあ、これ以上はネタバレになってしまうので止めておきましょう。 最後のオチが少し強引な面は有るものの、確実に入場料を損する事は無いと思いますね。 ネットでネタバレされる前に、是非お早目に劇場へ行かれると宜しいかと。

兎に角、日常に潜む暴力が怖い。 多少ネタバレしても大丈夫かな?ってところで言えば。先ず街中で普通に拳銃が買えてしまい、店員が「ちょっと値は張るけど(殺傷能力が高いから)確実に殺せるよ!」と言ったり。警備員が拳銃を見て「俺が最初に持っていたやつだ!」だもの。

これ!年間ベスト10に入って然るべき傑作だと思いましたね。
いや〜ゾクゾクしたわ〜(;´Д`A

(2016年11月3日 TOHOシネマズ市川コルトンプラザ/スクリーン2)
認知症老人が老人施設を抜け出し昔のナチス残党に復讐をする老人ミステリー映画。
感がいい人なら最初の時点でわかってしまうと思います。
ツッコミたくなるシーンはありますが上手くできている映画だと思います。
Kevin

Kevinの感想・評価

4.3
アウシュヴィッツ収容所の生存者であるゼヴ(クリストファー・プラマー)はマックスという友人からある手紙を託される。
その手紙には彼らの家族を殺したナチスの兵士の情報が書かれていた。
そしてその中のナチスの者が今もなお身分を偽り暮らしているという。
復讐を決断したゼヴはその手紙を元に旅に出るが...。

これは凄い。
何が凄いかって観客の引き込ませ方が凄い。
引き込ませて引き込ませて最後にとんでもない一撃をぶち込んでくる。
大御所クリストファー・プラマーの力による部分も大きいですが、監督による演出、そして息もつかせない予測不可能の展開に釘付けです。
予測不可能と書きましたが、予測出来る人も中にはいるでしょう。
しかしその衝撃の大きさは誰もに重くのしかかると思います。

と言ってもストーリーとして見れば〝家族を殺した奴を見つけ出す〟と割とシンプルなもので。
このメインとなるテーマが〝認知症〟という素材を上手く活かしてたなあと感じました。
そしてそのシンプルさが絶妙な緊張感を生み出し、変に難解な作品よりも好感が持てました。
また、作品の尺も90分弱と無駄なところを極力無くした内容になっており非常に観やすかったです。

ラストは本当に鳥肌もの。
決して派手な作品ではなく静かに進みますが、この作品の持つパワーは計り知れません。
鑑賞後は何とも言えない気持ちになり、それが少し心地よくもありました。
感情的に言えば【セブン】を観た後の気持ちに近いかも知れません。作品としては別物ですが。
これはまた一つサスペンスの傑作が生まれましたね☺
観る予定のなかった人も是非騙されたと思って観てください。

やはり戦争は人間が犯した一番の過ち。