手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 107ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

3.5

認知症を持つ主人公が過去に自分の
家族を殺したナチスを探す話

今まで見てきた作品は当時の様子を生々
しく映した作品ばかりだったので軸が
現代というだけで興味深かった

ラストに途中で気付いてしまっても
入り込める内容なのではないかと

あとBGMがこちらの不安をも煽るよう
でとてもよかった
ラストに何かあるだろうと予告でわかっていても、秀逸なストーリー。
記憶に問題が出てきた老人が、手紙を頼りに復讐の旅に出る。曖昧な記憶とおぼつかない足取りを心配しながら、でも後半には意外な展開に驚き、ラストはそうなるの?と切なくなった。クリストファー・プラマーは素晴らしい。
認知症の場合、昔の記憶程鮮明で、新しい記憶が定着しないものだが、嫌な記憶を封印して生きてきたのだろうか…
現代にも残る戦争の傷あとを老人を通してシリアスに語る映画のように感じた。

このレビューはネタバレを含みます

ゼブの復讐の旅は、今にも倒れそうで、すべての記憶が消えそうで、危うい演技が真に迫ってハラハラドキドキしました。
戦争の傷あとは現代の悲劇となり、まさかの結末に!この結末は、後半に入った頃に、予想はつきましたが、、、。最後まで目が離せなかったです。
ナチスやアウシュビッツの描写はないけれど、その光景が頭に浮かびました。ゼブのピアノが良かったです。
Ziggy

Ziggyの感想・評価

4.1
認知症の主人公の復習のための旅。
たどり着いた先にあったものは驚愕の結末。
最期の瞬間は画面を見続けることができなかった、一瞬目を閉じてしまったよ。恐ろしかった。

また、映像とシンクロする音楽の使い方が印象的だったな。
クリストファー・プラマーの弾くピアノの旋律がBGMに変わっていく演出、不安をあおるBGMが物語の中の音に変わっていく演出。ある時は悲しく、ある時はスリリングに、絡まりながら物語が進んでいく感じ。
エンディングロールで流れる曲も映画の余韻が体に染み込んでいくような感覚を味わうことができて秀逸だったな。(ワーグナーだったのかな)
ところで、ロールの後ろの映像は、なんだったんだろう。
動く文字と何かの写真?目を凝らしたがわからなかった。誰か教えて。

最後に、言うまでもなく、クリストファー・プラマーの演技は素晴らしかったよ。文句なし。さすがトラップ大佐。

今年見たナチスを題材にした映画たち。
「サウルの息子」は加害者(被害者なんだけど)の視点で映像化してた。
「奇跡の教室」は実在の被害者に語らせてた。
「帰ってきたヒトラー」はパロディとして蘇った本人に語らせていた。
「栄光のランナー」ではスタジアムの数万人の観客からナチスの恐ろしさを感じた。
「手紙は憶えている」は、また違った視点でナチスの罪深さを表した。

あの恐ろしい犯罪を憶えているためにも色々な視点で撮り続けてほしい。いや撮り続けるべきである。
そして僕らは憶えているために見続けるのだ。
wanbo

wanboの感想・評価

3.0
Filmarksの試写会にて鑑賞。

認知症で記憶が長時間持たない主人公の老人セブは、ある日友人から、「君が成し遂げなければいけないと言っていたことを、忘れないように私が書き留めた手紙がある」とある手紙を渡す。
セブはその手紙に書かれた手順に沿って旅に出ることになる。それはある人物を探し、復讐を果たす旅…

ナチのホロコーストが絡んだ現代のサスペンスとあって期待してたけど、やっぱ最後は読めちゃったなぁ…
後半からまさかと思ったけど、そのまま思った通りに終わってしまって残念。
眠りにつくたびに記憶が飛んで、記憶を呼び戻すツールが手紙というのは斬新で面白かった。
ちょっと「メメント」っぽいけど。

サスペンスなんだけどなんか全体的に緊張感もなかった。
途中、「これってブラックユーモアよりのサスペンスなのか!?」とだんだん監督が描きたい映画がなんなのか分からなくなってきました。
多分バッグで流れてる音楽も関係してるかも。
なんか緊迫感のあるシーンでもちょっとシーンに合わない音楽だったので。

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて。
メメントにしろ、君の名は。にしろ俺も最近何話したか覚えてないから体に書いとこかな。ゼヴのピアノの旋律がきれいだった。

このレビューはネタバレを含みます

予告編をみた大体の人が想像した通りのオチが待っています。しかし物語りが進むにつれて主人公への感情移入が「たのむから予想を裏切ってくれ!」と切に願っています。
第二の容疑者がアウシュビッツで生き延びた『本当』の被害者と知り泣いて詫びる所は泣きましたし、ネオナチにユダヤ人とばれた時の修羅場はビビりました。
犯人にたどり着くまではハラハラさせてくれたので観て良かったと思ってます。
urisuha

urisuhaの感想・評価

3.0
手紙だけが主人公の記憶というパターンは新鮮だけれど
ミステリーとしては、物足りない気がした。半分見たころには
だいたい予想できたし、ただ予想はできたものの、緊迫感はラストまであったようには思う。
yu

yuの感想・評価

4.0
filmarks様試写会で鑑賞

記憶が頼りにならなくなってしまった主人公は、手紙という記録を頼りに復讐の旅に出る…

予告編のラスト5分の衝撃、という言葉と、

主演のクリストファー・プラマーは、サウンドオブミュージックでもナチスドイツが背景にある物語を演じているが、この数十年の時が人間として俳優としてこのテーマに与えるであろう深みに興味を持ち応募した

予告編の言葉と、記録を頼りにするイメージがメメントと重なる

正直、予告編の時点で結末はわかってしまうためどんでん返し感などはない

しかしそこに、老人特有の、震えや呼吸、動き、妻がいるはずの日常から一変、失った悲しみを何度も繰り返す様などが盛り込まれることでより、生々しさを増しているように感じた

この平和な日本に生きている私と、
当事者となった方やその家族とでは感想が大きく異なるのだろうと感じた

登場人物それぞれの憂いと決意を感じさせる目が印象に残る映画だった
川越

川越の感想・評価

4.0
小島監督が絶賛していたので試写会に応募しました。監督がおっしゃっていたように何も情報なしに見るとより楽しめると思います。

オチはさほど驚くものではありませんでしたが、そこに至るまでの過程は斬新でした。
あとBGMの盛り立て方が素晴らしいです。テンポの速い映画ではありませんが、じわじわと煽られ、見入っていました。