手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

どんでん返し。
90歳のおじいさんがポーチを開いて銃を取り出すまでのスピードの遅さよ〜!
それを向けるのがまた同じくらい高齢のおじいさんという、どこか滑稽にも見えるんだけどその度に緊張感が走るのは認知症ゼヴの危うさからくる心配の気持ちだった。
とりあえず「おじいちゃん頑張れ」映画と思って観てください…!

ナチスやユダヤ関連の映画って見る度に気持ちが重なっていくようで、これもその一つになりそう…

個人的には海外ドラマ「ブレイキング・バッド」が好きだったのでディーン・ノリスの使い方最高でした。
yumiko

yumikoの感想・評価

3.0

アウシュビッツの生存者である老人のナチス残党への壮大な復讐計画…戦後70年を経てもなお揺らがない、もはや怨念とも言える執念になんとも苦い気持ちに。キャッチコピーのせいで、冒頭から真実が透けて見え、老人の銃の腕により確信に。そこからのどんでん返しが欲しかった。
HAL9000

HAL9000の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アームチェア・ディティクティブっぽいなーって思っていて、途中から、これはアームチェア・マーダーかと。
もう一捻りはあったものの、うん。まぁ。
浦沢直樹さんが漫画で描きそうな感じだった。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.7
身体も心も弱った認知症の主人公という、ありきたりだが難しい役柄を想像以上に自然に演じるクリストファー・プラマーが素晴らしい。

読めたところもあり、読めなかったところもあり、ミステリーとしては素晴らしいバランスだった。
(全て読めても、全く読めなくても、つまらないので。笑)

最近洋画では必ず思うが、邦題のセンス無さすぎる…原題でいいよ…
かーく

かーくの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

公式の「世界がひっくり返る」みたいなキャッチコピーを見たせいもあるかもしれないが、最初から認知症という設定を明かしているためラストまで意外なことは何も起こらず終わる

とはいえ思うところが何もない訳では無い
おじいさんがナチハンターになっていたのは「アウシュヴィッツで許されないほど酷いことをした」という自覚があったからだろうとか
全てを忘れたいと願ったが故の今なのでは、とか
宣伝コピーには「ラスト5分の衝撃ーーすべての謎が解き明かされるとき、あなたの見ていた世界は一転する」とあるが、どうやら観るべきものはそれだけではないようだ。復讐の相手を追って、カナダ、アメリカを旅する認知症の老人の目に映る景色がとても印象的だ。

主人公のゼブは90歳、認知症で妻の死さえも認識できていないこの老人が、アウシュビッツで虐殺された家族の復讐を果たすため、名前を変えて移り住んでいる元ナチスの人間を探しに出かける。頼りとなるのは、自らのおぼろげな記憶と同じアウシュビッツの生き残りでいまは車椅子での生活を余儀なくされているマックスからの指示書(手紙)。

それによれば元ナチスの人間の名前はルディ・コランダー、該当者は4人いて、ゼブは拳銃を携え、ひとりずつ訪ねて行く。アメリカの中西部からカナダへと国境を越え、またアメリカに戻り、最後は西海岸のレイク・タホにまで行くのだが、基本的には90歳の老人のロードムービーと言ってもよい。

小さなバッグをひとつだけ持って、長距離バスを乗り継ぎ、孤独な旅を続ける認知症の老人の表情がいい。いったい彼の目に何が映っているのか、映像はそれを問いかけて行く。

そして、この復讐劇は、訪ね歩いた3人目あたりから、これはまともには終わらないなという予感がするのだが、ここでのやりとりが彼に強い衝撃を与えることになる。

ネタバレすると興味は半減してしまうかもしれないので、あえて結末は書かないが、「認知症」という状況を巧みに織り込んだサプライズとなっている。

原題は「Remember」、邦題もこれでじゅうぶんだと思うのだが、なぜか「手紙は憶えている」になっている。
hatthi

hatthiの感想・評価

3.7
結末が素晴らしい

後で感想。
デミ夫

デミ夫の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

認知症老人が主人公ってことで結末が読めたのがちょっと残念

このレビューはネタバレを含みます

今年期待の一本、楽しみに視聴しました。
予備知識ほぼ無しだと面白かったです。

展開はほぼ序盤に読めますが、ポイントは復讐者が認知症であるという点。淡々と進みつつも、場面毎にピリッと締まる展開があって最後までダレずにいけました。

題名通りテーマは記憶。ところどころでサイレンや爆撃の音がし、本人の認識がリセットされるのは斬新なアイディア。

彼が楽しそうピアノ弾くのも印象的で、才覚や人格が良くても環境による影響の大きさを感じたりと、よくできた映画でした。