手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 107ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

Yui

Yuiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

東西ドイツ統一記念日の本日、「手紙は憶えている」試写会@ 六本木に行ってきました〜!

BGMが絶妙で、不安と恐怖を煽ってきた。終始、私の心臓とか胃とか内臓がばくばくしてた。
「なになに、何が起こるの」って。

▼思ったこと

①長年、嘘(生きるための嘘)をついていると、身体の全細胞まで嘘が本当のことのように染み付いてしまうんだな。嘘というか記憶の入れ替えというか・・

→見解が分かれるかもしれないけど、私は彼は本当に認知症で最後の最後まで覚えていなかったと思いました。
(いやいや、って人の見解も聞きたいですー!)


②嘘をついた時のキーワードもまた身体に染み付いている。

→ゼヴ=狼、(あともう一個なんか思ったけど忘れました)、は認知症になってもスラスラと出てきていたこと。


③でもそんな長年の嘘も一つのキーワードで芋づる式に一瞬にして呼び起こされる。結局嘘は本当にはならない。


④ジョンコランダーがザ・アメリカ人の警官って感じでイメージ通り過ぎた。アメリカって移民の国なのにどうして「黒人」「ユダヤ人」「同性愛者」を受け入れられないの、っていつも思う。(歴史的に/キリスト教的に、とかではなく、もっと単純なところで。)
ジョンコランダーはゼヴの本当の過去を知ったら尊敬し、「もっと話を聞かせてくれよ!」と目を輝かせたのであろう。
捕らえる側と捕らわれる側、ユダヤ教と反ユダヤ教、同じ人間なのにこんなにも違う結末になるのか。同じ人間なのに、だなんて綺麗事ですが・・。


⑤「動物が死ぬ映画は見ない」と言ってるのに、見てしまった。それも大好きなシェパード。。でも残念ながらゼヴに感情移入していたので、悲しくはなかったです。


⑥音楽は嘘や記憶を越える。

→主人公ゼヴがピアノを弾くシーンは2箇所。私は、元々どんな映画でもピアノ独奏には感動しがちだから、2回目のワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」にまんまと心が揺さぶられていたら、まさかここがこんなに重要なシーンなんて。

・細胞までも嘘の自分になりきっていても、感性である音楽までは騙せない。(ワーグナーが反ユダヤなのはクラシック好きは誰でも知ってる有名なことですよね。)



⑦終始、現代のシーンで描かれていたのでとても見やすかったです。特に四人目のルディコランダーさんのおうちは華やかで映像も素敵だった。
私は義務教育の教科書で「アウシュビッツ」「ナチス」「ヒトラー」というテストに出るキーワードとして知ったから、大昔の遠くの国のことでしかないような気がしているけど、本映画は現代で描かれているからこそ、「まだ終わっていないんだな」と思った。この映画、とても苦しかった。


⑧「衝撃のラスト」と言われ過ぎて、途中で察しがついた。が、それでもちゃんと驚けたし、楽しめた。



長くなりました。。
久しぶりに映画館(風/試写会室)で見たら、やっぱり真面目に見入りますね。

とっても苦しくて手が震える映画だったので、帰ってワイン飲も〜。冷えたシャルドネとともに平和に浸ります。

これから見る人は「サーモンヴィーゼンタール」「クリスタルナハト」の意味を知った上で見た方がいいと思います。途中説明なしで物語りが進むので。
「そんな言葉もちろん知ってるわ」って方はとても楽しめる映画だと思います。
認知症の老人が、手紙を頼りに家族を殺した犯人を見つけ出そうとするサスペンス映画。

題材はナチス絡みですが、直接的に戦争を描くシーンは全くありません。それが逆に恐怖を煽ります。
また、ここぞというシーンでドイツ語が出てくるので、ドイツ語に馴染みのある方は余計にドキッとするでしょう。

全編を通して音が効果的に使われています。基本的にはサスペンスらしくドキドキしますが、主人公が奏でるピアノが束の間の美しさを感じさせます。

ナチス関連ではありますが、直接的ではない方法で、サディズムの脅威を思い起こさせる映画になっており、ただのサスペンス
に終わらないところがすごく良かったです。
pepperman

peppermanの感想・評価

4.0
主人公の境遇や性格など脚本が練られているなと思いました。最後は途中の展開から予想できましたが、予想していても出演者の迫力や演技力によって驚かされてしまいました。
過去から現在に繋がる歴史を描いた良い作品だと思いました!
yukacafe

yukacafeの感想・評価

3.8
Filmarks試写会@アスミックエース試写室。

これまでに何本もナチスやアウシュビッツを扱った映画を観てきたが、こんな切り口は過去に観たことがない。戦場や収容所を直接描かなくとも、十分に残酷な映画だった。

戦後70年以上経っても断ち切れない負のループ。忘れられるというのは幸せなことかもしれない。あらゆる意味を含んだRememerというタイトルが秀逸。
Tomona

Tomonaの感想・評価

3.8
音楽がすばらしかった!劇中の挿入曲もゼヴが弾くピアノも美しかった。これがミステリアスだったりあやしかったりする雰囲気を醸し出していた。

途中までは単調。でも3人目くらいからあれあれ、と思い始めて最後はびっくり!世界史を勉強したいとちょっとだけ思った。
口数少なくて飄々としてるおじいちゃんめっちゃ好き。奥さんより先に死んでたらどうするつもりだったんだろ?ほんとに最後の最後まで気付いてなかったのかな?いろいろ疑問残った。あと子役たちの声が可愛かった。
あ

あの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どんな結末なんだろ〜と思っていろいろ考えながら鑑賞に臨んだけど、予想外の結末だった。(まだまだです…

主役はゼヴ爺ちゃんではなく マックス爺ちゃんなのではと思うくらい キャストの存在理由が強い。

歴史は、風化してもなお 個人の中で生きていて 現代を生きる私たちが「過去の出来事」ですませてはいけないと思いました。

こういう映画はいろいろな意見があるだろうけど、歴史をたどる映画はやっぱり良いと思う
話の展開・結末ともにほとんど予想通りの作品。そういう意味では刺激が足りない。でもクリストファー・プラマー演じる主人公の心情はよく描けていたと思う。テンポもよかったので個人的には満足です。
ユイ

ユイの感想・評価

3.9
ナチスに対する知識がある程度ある人にオススメ。

ゼヴが弾くワーグナーが深い。ユダヤ人はさすが頭の出来が良い、と言ったら不謹慎かな。
構成と脚本のみならず、役者の演技力の高さに驚愕。
もはや認知症にしか見えない‥‥。

あのセリフさえなかったら、気づかなかったのにな‥‥。
もし、気づいちゃっても、どっぷりと引き込まれます。

映画史上、最も戦闘力の弱い“復讐者”の執念や見事。