手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 107ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.5
ネタバレするから書けない。
途中が1番ハラハラした。ワグナーのところでドキッとした。認知症は昔の事は結構覚えてるものだと思ったけど。
おじいちゃん達が名優だからやっぱり見入った。逃げてる戦犯はやっぱり牢屋にはいっとかないといけないなって思いました。
a

aの感想・評価

4.4
妻を亡くしたことさえ忘れるほど物忘れが進んでいるセヴ。ある日、友人(かつての仲間)マックスが1通の手紙を託し、家族を殺したドイツ人兵士への復讐を依頼する。容疑者は4人。その人を見つけるために旅に出る。

セヴは起床すると奥さんの名前を呼んだり、子供にキャラメルをあげようとしたり、妻を愛していんだなー、優しい人なんだなーと。

ナチスドイツの事はもう昔のことだけど、息子や孫に話していれば今も続いてて消滅したわけではなく、いろんな感情を抱いている人はいるんだよね。。。これって怖いよね!!忘れてはいけないことなんだろうけど、それが怒りや復讐心では良くないよ。涙

ネタバレになるから、なんか上手くまとまらないレビューになっちゃったけど、サスペンスとしてすごくいい映画だった。
ネタバレ⬇︎


















セヴはきっとね、きっといい人なんだと思う。ヒトラーが悪い、環境が悪い、時代が悪かったんだと思う(泣)
だから最後、ああいう選択肢をとったんだと思う。だからバッドエンドなんだけどモヤモヤしないのかもしれない。
えーこ

えーこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まだらボケのゼヴが妻ルース亡きあと、
決行すると誓ったこととは…
友人マックスが託した手紙を手に彼は旅立つ。

目覚めるたびに記憶を無くして「ルース、ルース…」
ちょっとぉ~、大丈夫かぁ~
90歳のじいさんがヨタヨタと、
一体何をしようとしてるんだとハラハラドキドキ。
それは、彼らの家族を殺したナチスへの復讐!!

前情報なしで観たので、ほんとスリリングで、
最後の男との再会には、グッと込み上げてきて、
ああ、とうとう…
こんなにも長い月日が流れている…

ひぇーっ、まんまと騙された。。
とにかく脚本が秀逸っ!!
今思えば、あれ?て思うとこもあったわけで、、
これは認知症を利用した、まさに完全犯罪!?

原題は『Remember』
己の罪を思い出せ。
決して忘れてはならないユダヤ人大虐殺の真実。
しかし、罪を犯した者もまた、その罪の意識に苛まれ、
決して穏やかな日々ではなかったり、
それぞれの気持ちを考えると、なんともやりきれない思いがする。
akiko

akikoの感想・評価

4.0
どんでん返しの結末に序盤で気づいてしまう珍しいケースだったがそれでも最後までとてもおもしろかった。
真実を思い出したくなくて、時間をかけて願いをこめて頭の中で生み出したことなのかもしれない。
Shin

Shinの感想・評価

3.5
全体的につまらなかったり、飽きる映画ではなかった

ただ、あらすじの期待を超える感じはしなかった

4点はつけられないかな

記憶系で言えばメメントは超えられないなー
まなか

まなかの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

復習に利用されていたんですね、ゼヴは。
彼はセヴを利用し気分が良かったんですかね。
孫の前であんな………。セヴに感情移入していたので辛いラストでした
全編通して緊張感があって面白かったけど、個人的には予告編がヒドいネタバレだと思うので予告編は見ないことをお勧めします。
Santa

Santaの感想・評価

4.5
サスペンスとしてはとても良い。
非常に良い。
しかし、ストーリー内容や設定が認知症を利用してというのが不快。
➰➰➰➰➰中々の作品だが、哀しく不快かな➰➰➰➰➰あな、恐ろしや
主人公のように血眼にアウシュビッツの看守を探してる人が実在しているとうのを知りながら見るとすごく胸に響きました。
最後のシーンはよめませんでした、、、
いつみ

いつみの感想・評価

4.2
ずっしりと悲しいけれど、なんとも素晴らしい作品。

こんな風に彼等のその後を描くなんて視点の斬新さを感じた。

当時同性愛者も連行されていた事を知れたり、ユダヤ人に敵意むき出しなあの男に今もなお残るホロコーストの根の深い恐ろしさを見たりと勉強にもなりました。

毎日毎日最愛の妻ルースを失う彼を見るのも辛かった。
深い業を感じます。

マックスの気持ちや全てを理解したゼブの選択には心が押しつぶされる思いでした。