手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    光岡紋
    光岡紋の感想・レビュー
    16日
    4.0
    タイトルの意味が最後によく分かる作品。終盤に全てがひっくり返る展開が良かった。
    eigayarow
    eigayarowの感想・レビュー
    21日
    3.8
    老人がボケと戦いながら、標的を殺しに行くって怖いんだか笑わせたいんだかわからない設定を一切のギャグなしでやり切った。それが面白くもあり物足りない。ラストは驚かされる。
    aio10s
    aio10sの感想・レビュー
    24日
    3.5
    結末は途中で分かると思いますが、認知症の老人を中心におくことで生まれる不安定感が最後まで引っ張ってくれる。

    とかなんとか言っても、名優集結、それだけ十分。観てよかった。
    なっつん
    なっつんの感想・レビュー
    24日
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    このような作品は、真相を知ってから伏線を振り返るのが醍醐味。

    その一つがシャワー室。
    湯船に浸かりシャワーを見上げると、復讐の旅に出たことを忘れる。
    殺人を犯した後に向かったのはシャワー室。
    ガス室での虐殺と関連がありそうだが、はたしてどこまで意図しているのだろうか。

    もしかしたら、シャワーが引き金となり、ナチであった記憶が戻りそうになっていたのではないのか。

    あるいは、ラストだけではなく殺人を犯した時にもナチであった記憶が戻っていたのではないか。(殺人後とはいえ、ナチへの復讐者がヒトラー支持者のベッドで眠るのは少し違和感を覚える。)

    しかしこれらは憶測でしかない。
    一つ一つの場面が見逃せない、非常に緊張感のある作品。
    hiromin
    hirominの感想・レビュー
    26日
    4.4
    正直予想しながら観てたから途中からなんとなく気づいちゃったよ。
    でもナチス絡みのいろいろは知らないことばかりで。
    身分隠してとか。家族を虐殺されたユダヤの人たちは今でもそれを心に抱えながら生きているんだなぁとか。戦争はみんなを不幸にする。
    おじいさんが忘れないように腕に文字書いたりするとことかメメント!観客としてはおじいさん大丈夫かなぁとハラハラ心配になる感じ。
    ところで最近ナチス系の映画が多い気がするけど、なにか意味があるのかな。謎。
    六
    の感想・レビュー
    27日
    4.0
    この作品の素晴らしいところは、鑑賞後「あ~面白かった!」だけでは終わらないところだと思います。
    サスペンスとしてドキドキしながら観られるし、自分で予測をたてる楽しさもあります。

    戦後70年経っても、ホロコーストは昔の出来事ではない、という事実が胸に突き刺さりました。
    被害者の苦しみだけでなく、加害者の苦しみも描かれていたのが印象的で、戦争は何も生まないし、哀しみしか残さないということを、違った視点で見せられた感じでした。
    原題の"REMEMBER"は自分が何者であるかを思い出す、という他に自分が何者であるか=自分の罪を覚えているという意味もあるのかな、と思いました。
    何はともあれ、「憶えている」という漢字と表現を使った訳者さん素敵です。
    wiggling
    wigglingの感想・レビュー
    27日
    -
    痴呆老人版『メメント』でしたか。プロットも演出もかなり意識してるよねこれ。そして抜群に面白い。『メメント』のようなトリッキーな時制操作がないぶん、物語の背後にある重苦しさが際立つ。

    鑑賞者の欺き方も見事と言う他ないんだけど、中盤でゼヴの射撃精度の高さを見せることで、勘の良い観客を絶望の底に突き落とすんですね。まるで頰にナイフを当てられ「いいな、黙ってろよ」と脅されている気分。冷や汗が止まらない。
    ほのぼの感漂うおじいちゃんロードムービーが、それを境に地獄行脚と化してしまった。

    そして真実を知りながら交流を続けてきたマックスの心情はどんなものだったのかと。異常すぎるほどの段取りの良さに違和感を覚えつつ、その執念の源泉の荒涼を想う。想像を絶するとはまさにこのこと。

    人間にとっての記憶のかけがえのなさ、でもそれはフラフラと移ろう頼りないものであり、そもそも千差万別の思考を経て保存されるという真偽すらあやふやな、そんな記憶というものの蠱惑性にまたしてもやられてしまいました。
    3558abc
    3558abcの感想・レビュー
    29日
    4.5
    最後にしてやられた
    ボイラーDC
    ボイラーDCの感想・レビュー
    29日
    4.1
    認知症を患った老人を信用できない語り手として用いメメントばりのサスペンスに仕立てる。しかも現代に通じる歴史問題を絡めてという作りが超攻めてるし、エンタメとしてばっちり成功してるのはマジ、ヤバい。今年イチヤバい映画。
    忘れることと偽ることの境界はどこか。混濁したそれを区別することは可能かというのは今のASKAを見ても思うことですな