手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

    末期の認知症の主人公が生き残ったナチス兵士を殺すために、薄れゆく記憶の中で最後の旅に出るお話。目覚める度に死んだ奥さんを呼んだり、意識が途絶えがちなのに銃を持ったりと、色んな意味でハラハラしちゃう。そしてラストのインパクトたるや!オススメですぞ。
    邦題からは全く伝わらない、
    反ナチスをテーマにした
    記憶喪失サスペンスの決定版。

    地味ながら徹底したサスペンス展開、
    ボケたくないと心から思える
    プロ中のプロの一作で候。
    最高!めっちゃ好き!見て見てほしい🎶
    ゼヴが妻の死後、一週間喪に服したところに友人マックスが「約束を果たすときがきた」とやってくる。
    ピンとこないゼヴは認知症による記憶障害があり寝ると忘れてしまう。
    マックスは心得ているので手紙に書いている。そこにはアウシュビッツ収容所時代のナチス親衛隊(SS)の隊員が名前を変えてアメリカで暮らしていると書かれており、復讐を果たすのが亡妻とマックスとの約束なのだと。
    その名前は「ルディ・コランダー」
    ゼヴの復讐劇が今始まる。

    変化球のナチス系で
    ラスト○分の衝撃系
    なのであまりレビューや予告を観ないで鑑賞することをオススメする。
    ネタバレは控えてはいるが、まだ観てない方は以下は観ない方がいいかも。



    ラストは確かに衝撃だが、それ以前に良い脚本だなと思う。
    短い中にも、どんな人達が収容されていたのか、ナチス側から見たユダヤ人・その逆、銃社会が描かれている。
    特に収容所にいた人の現在におけるストレスが随所に伺えるのが良い。

    キーポイントはワーグナー
    楽しめた。

    PVを見ればオチは想像できる。私もこういうオチだろうな遠想像していた。その予想したオチにさらにオチがついた映画でした。

    3人目におとづれた所での見事さは体に染み付いていたからなのかな。体も覚えているナンツッテー
    認知症を患った主人公が、友人の手紙をもとに過去に戦争で殺された自分の家族の復讐をしにいく話し

    寝て起きる度に妻の名前を真っ先に呼ぶのが切ない…そして手紙を読んで亡くなったことを知る、辛い…!
    全部が全部そうではないと思うのですが、大切なことやなにもかもを忘れてしまう認知症って辛いなと感じました。

    ラスト、まさかのどんでん返し
    この衝撃は『鑑定士と顔のない依頼人』を思い出す…
    展開を分かっててもまた観たい。

    私的にですがイケてるお爺さんが私の憧れで、主人公がカッコよくてたまりませんでしたw


    『ヘブライ語で、"狼"』
    お~っひたすらドキドキっ(;・ω・)
    よちよち歩くおじいちゃんにドキドキ
    も~危ないからと肩を貸して付き添ってあげたくなりますね

    しかし彼は目的を達成する為に4人のルディ・コランダーを訪ね続ける…

    やっと…やっと捜しあてたのに…
    そんな最後ってあるっ!?
    簡単に後味が悪いと言って良いのかなこのラスト…
    マックスにしてみたら思い描いた結末ですもんね…(ノ_<。)

    このレビューはネタバレを含みます

    たどり着いた真実がたまらない
    📽
    #手紙は覚えている
    ずっと観たかった作品

    昔アウシュビッツ収容所で
    家族全員を殺されたおじいちゃんが
    そのナチの党員を探しに
    復讐の旅に出かける

    簡単に言えばこんな感じですが
    より深い所にこの作品の良さが
    潜んでいます
    ”サスペンス”とでも
    言っておきましょうか

    本当に無力そうに見える
    おじいちゃんの危なっかしくて
    恐ろしい旅路を見守った先に
    待っていたラストに
    なんとも言えない気持ちになります。
    これ以上言うとネタバレになるので
    ギリギリのラインで…

    毎度毎度
    感じますが
    戦争では誰1人
    幸せにはならない
    それは加害者側も
    被害者側も

    #勝手に映画評論