手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

ピノコ

ピノコの感想・評価

3.0
最後の最後…! ((;゚Д゚))))))

うぇーん…(´・_・`)

最後までしっかり見てたのにさ、
こんな…こんなオチ(/ _ ; )
予告編を見てなければもっと楽しめたなあ。予告編は絶対に見ないことをお勧めしたい。

もし気に入ったら同じ監督の「白い沈黙」もぜひ。
ミチ

ミチの感想・評価

4.2
かつてアウシュヴィッツ収容所で一緒だった老人2人が、家族を殺された恨みを晴らすため、その犯人である元ナチスの“ルディ・コランダー”に復讐を果たそうとする物語。


近年様々な形でホロコーストやナチスドイツを扱った作品が制作されているが、この作品も新たなアプローチでホロコーストを描いている。

主人公は初期の認知症を患った90歳の老人ゼブ。

彼は眠ると記憶を失ってしまい、目覚めるたびに亡き妻の名を呼び探してしまう。

そんなゼブに、同じ老人ホームで暮らす友人マックスが手紙を渡す。

そこには、かつて自分たちの家族を奪った元ナチスの“ルディ・コランダー”を探し出し、復讐するという計画が書かれていた。


老人の復讐劇というのは、実に切ない。

目覚めるたびに記憶を失くし、妻を探すゼブの姿は弱々しく頼りない。

しかし彼は過去の恨みを確かめるように、何度も記憶を失っては手紙を読み返し、復讐の炎を消すまいとする。

まるでそれが、最後の生きる望みのように。


サスペンスとしてもよく出来ているが、ストーリー性がさらに素晴らしい。

ラストに驚いたあとには、自分を見つめ直したくなるようなメッセージが浮かび上がる。

そして、歴史の傷跡の深さを思い知る。


クリストファー・プラマーをはじめ、ベテラン俳優たちの重みのある演技も素晴らしい。

直接的なホロコーストものが苦手という人にも是非観てもらいたい作品。
汰雅

汰雅の感想・評価

4.3
高齢者の復讐って自分の中では斬新な映画なやった!
ラストも全然予想してなかった笑
マックスが一番頭良い笑
Tommy

Tommyの感想・評価

4.5
【2017.10.07.SAT】

多くは語りません。

前情報を何も入れずに観てください。




観てください。オススメです。
展開は読めたものの、なかなか面白い作品でした☆
mari

mariの感想・評価

3.3
途中からそんな気がしてて
クライマックス迎えてた
MODS

MODSの感想・評価

3.7
奥さんが死んだことも分からないほどの認知症の男が、友人の手紙通りに復讐を行おうとする話。

目覚めてまず奥さんを探して、手紙を読んで死んだことを知るのは辛いだろうな。

終わりの展開がなんとも言えない。
megu

meguの感想・評価

2.7
おじいちゃん👴が手紙を渡されて復讐の旅に出るお話し。
ナチとか、なんとなくで詳しくはわからないけど
なぜかあのマークをみるとゾッとする。
中盤から復讐できるのかできないのか?ってどうなるどうなる?と目が離せなくなりますね。
どの映画を見るときもとりあえず何も予想しないで見るタイプなので
最後が、おーおーぉ!まじですか?って単純に驚きましたわ。
まいろ

まいろの感想・評価

3.9
認知症の主人公が手紙を頼りに復讐の旅へ。90歳のゼヴのアウシュヴィッツでの過去を巡り、辿り着いた衝撃の真実。
何も知らずにパッケージで選んだもので、予想外に作り込まれた内容に単純な私は見事に打ちのめされてしまったとです←

奏でれば蘇るピアノの音色。記憶とは不思議なもの。戦争の記憶と復讐という重々しいテーマを絡ませながらも入り込みやすい流れで最後まで目が離せない!!
後味は、なんとも…ね!?パッケージで選んで正解でした!