手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

ええええ〜!!!
そう来たかwww

驚きの展開系の映画いつも騙されてきたけど、

『おっ??今回は…読めた……!?』

と、思ったのに全然ちゃうかったww
読める人は初っ端で読めるんやろな〜と思いつつ…意外すぎたので満足w

オチが分かってからよくよく考えると、ほんとうまいこと計画しやがったな〜と変に感心してしまったw
そもそも大虐殺?についても考えさせられる映画でもあるな〜…
たけ

たけの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

メメントを彷彿させるストーリー。
こういう作品は面白い。
何も情報なしで見てほしい。
Shiori

Shioriの感想・評価

-
サスペンス映画。ユダヤ人のおじいちゃんが復讐のために老人ホームを抜け出してアメリカ中を旅する。

復讐しようと思うに至った経緯、描かれてなくてもわかるって実際すごいことだよな、と。
Aya

Ayaの感想・評価

3.8
ホロコーストの話でびっくりした。
日本もね、戦後もう70年以上じゃないですか?
こういうお年寄りがいてもいいと思うんですよ。

妻を亡くしたクリストファー・プラマー(急に「オール・マネー・イン・ザ・ワールド」に出演した超ド級の偉い俳優なのにマーク・ウォールバーグのクソ野郎のせいで台無し)は認知症を患っている。
グットマンて名前、如何にもだよね。

しかし、妻が死んだらアウシュビッツで失った家族の復讐をしよう、と誓っていたメモと老人ホームから協力してくれる友人を頼りに、当時アウシュビッツで働いていたネオナチを探す旅にでる。

まずは武器の調達。
まずオススメする商品はシグM1911の22口径。

いいセレクションですね。
私はP210が好きなの(もちろんP226も良い)ですが、クラシックで高性能という意味ではこのオススメした店員さん気があうかも・・・。

しかし500ドル足すともっと高性能で殺傷能力の高いよ!と9mmのグロックをユダヤ人にススメんじゃねーよwと思いながら。
グロックは見た目のゴツくて安定しているわりに軽いので老人向けでもありますね!

アウシュビッツにユダヤ人だけでなくゲイのドイツ人も収容されていたってあんまり知らないですよね?
私は知らなんだ。

カナダが近いのでバスで行くんですけど、なんか荷物ガサゴソしちゃってモタついて並んでる後ろの人に睨まれるって税関あるあるですねw

でもそんなこととはつゆ知らない息子はとても父を心配してて、必死で探す姿がなんか当たり前なのにグッとくる。

そんな認知症と戦いながら老体に鞭打ち、やっと見つけたコランダーが住んでいる家がめちゃくちゃ景色のいいところにある素敵な木の家ってのも戸惑うよね。

しかもその先にあった真実の残酷さ。
なんという硬派な話なんだ・・・。

この協力してくれる友達のおっさんズルくない?
自分は車椅子だから、外出れないみたいなツラして自分の復讐までクリストファー・プラマー任せにするなんて虫が良すぎる気がするんですけど。

と思っていたら、うそん?!?!
びっくりしました。
もっと闇が深かった・・・。

こんな復讐の仕方ってある?!
頭良すぎるし、酷の極み。
それほど、私たちの想像を絶するほどの苦しみって・・・。

この協力してくれるおっさんを昨年亡くなった、マーティン・ランドーが演じています。
生涯現役俳優でしたね。
今のところ日本に来てるのではこれが最後?

今年北米公開になった「Abe & Phil's Last Poker Game 」コメディで面白そうだし、これ日本来ないかな〜?!
他にも来てないやつ結構あるから、もっと見たいです。

旅する認知症のクリスファー・プラマーはチャーミングでもあるんだけど、トーンは終始重めで、まさか終盤にそれ以上の重みがくるとは。
これは劇場で見たかった!!

私、今までのエゴヤンて面白くないんだけど、ピンとこないというか、なんとも言えない監督だと思っていて。
これがピーター・ランデズマン作品です!って言われたらめちゃ納得なんですけど、いやはや見直しました・・・。

両親がアルメニアから亡命したとはいえ、カナダで生まれ育ち、この歳で、この作品を作ったのはすごいと思う。
全作品見てるわけじゃないけど、最高傑作ではないでしょうか?

クリストファー・プラマーもカナダ人だし、最近気になってるカナダ英語も頑張ってみようと思いましたが、1ミリもわからず、すぐに英語自体のヒアリングチェレンジ精神を消し去りましたw
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
20180520
おじいちゃんが常におぼつかなくてハラハラする。最後凄まじい。
かじや

かじやの感想・評価

4.3
細かい演出が巧みで、作品の時間自体も短いのが相まって最初から最後までダレずにどんどん引き込まれる。登場人物はおじいちゃんばかりなのだが、非常にキレのあるサスペンスに仕上がっている。同時にしっかりと伝えたいメッセージを伝えることも忘れていない素晴らしい作品。
Chii

Chiiの感想・評価

3.1
移動中きれぎれに見る、はダメだなやはり。
オチが序盤でわかってしまった。
でもホロコーストについては、人類として同じ間違いを繰り返さないためにも勉強しなきゃいけないことの1つだと思ってる。過去の再現とかエグい場面はないけど、その傷は何十年経っても癒えないことが逆によくわかる。
おじいさんおばあさん、ナメたらだめ。
HIR0

HIR0の感想・評価

3.9
おじいちゃん可哀想とか色々途中思うシーンがありました。なんでおじいちゃんが一人でいると切ない気持ちになるのでしょうか。ラストはオォッと。面白かったです。
shizukitty

shizukittyの感想・評価

3.5
amazonプライムで鑑賞。
友達に勧められてこの映画と出会った。

なるほど…。こうゆうことかと…。
途中でなんとなーくラストが読めてきたけど…いやまさか…でも…と色々考えてたらあっという間にラストきたーって感じ。


今ちょうどNHKスペシャルで高齢労働者の話を特集していたが…高齢者の行動力には圧巻。。
どんなに老いても忘れない記憶。痴呆と戦い老体に鞭打ちながら老人が辿る復讐の道。老いた人間の心情など、余人はおろか当の本人さえ計り知れないのかもしれない。