手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

90歳目前の認知症を患う老人が、かってアウシュビッツで家族を殺した男を探し出し復讐を果たすため旅にでる
眠るとすべてを忘れてしまう彼は、友人の書いた手紙を目覚めるたびに読む事により、自分の使命を思い出し、憎むべき男を追う
しかし…
彼が追い求めていたのは何だったのか、それが明らかになるクライマックスは衝撃的
そー言えば…といった伏線の張り方がなかなか巧みで、最後には納得出来る
実年齢に近い役柄を演じたクリストファー・プラマーはお見事です
もやし

もやしの感想・評価

4.9
衝撃のラスト…



認知症の老人が友人の手紙に従ってナチスに復讐しようとする話。


寝る度に記憶がリセットされるからただ旅をするだけでサスペンスっぽい。
どうしてもメメントを連想してしまう。
不吉なBGMに引き込まれる。



最初はナチスを推進力にした単なるシチュエーションものに見えてなんかあんまりだなあって思ってたけど、そういう甘い読みは吹っ飛ばされた。

「罪」というものを圧倒的な力で突き付けてくる。



でも何故か満点はつけたくない何かがこの映画にはある気がする。
上手く言語化はできないけど。
やっぱりユダヤ人虐殺というどうしようもない歴史を描くときに、何らかの物語的ギミックのようなものを用いるのはちょっと違うんじゃないのかなあと個人的には。
まあそうでもしないとこの現代において目を引く映画にならないからこの流れは必然なのかもしれないけど。
クリストファー・プラマーのおじいちゃん振りが最高。パルナサス博士の時もそうだったけど、危なげで頼りないおじいちゃん演技が絶妙。

ストーリーは、認知症を都合よく使われた感はあるが、人情味とミステリー性があり、時々ハラハラしながら引き込まれて一気にラストまで観入ってしまう、素晴らしい出来だと思う。
途中、「あれ?」、「おや?」と思っていたことが、最後に種明かしされ、「あー、なるほどー」と唸った。こういうの、久しぶりかも。

沢山のナチス党員が戦後(戦中から)名前を変えて国外に逃亡したという話、少し調べてみたが、かなり組織的に行われていたようで、そういった組織と、それを受け入れ、助ける国や政府、団体がいて、それぞれの思惑や利益のために成り立っていたという、なんともモヤモヤする仕組みがあった。一方、この映画でも登場するが、ナチス戦犯を捜索するユダヤ人からなる団体もあり、こちらの闘いは今でも続いているのだろう。

改めて、知らないことが多すぎるなぁと感じた次第。その上で、戦争、罪、恨み、復讐、過去と今とこれからについて考えさせられた。
なつ

なつの感想・評価

5.0
良かった。オチが良かった。最後、どんな気持ちだったんだろうと思うとしんどい。良かった。私たちユダヤ人にアウシュビッツでの酷い生活を強いた奴を探せ。殺してやるっていうお話。戦争を生き抜いた人たちの話ですね。主人公が認知症。時折、亡くなった妻を探したりするシーンが良かった。そして切ない。もう奥さんいないんだよ。だからこそ最後の「全部覚えてる」が際立つ。つらい。良かった。
iceblue

iceblueの感想・評価

3.9
このお歳でも活躍が目覚ましいクリストファー・プラマー。よれよれの老人役ながらピアノを弾くシーンの何と素敵なこと!
物語はというと、戦後何十年経っても残るホロコーストの傷について。おぞましい過去と対峙するためにどのように記憶と向き合い生きてきたのか…
人生ももう終盤、かつての収容所の看守を探し出し復讐するため、施設を抜け出し旅に出る。友人の示した手紙だけを頼りに…。
認知症という設定が効いているので、老人のまごつく様子にハラハラしながら見守ることに。ラストに至るまで、なかなか巧妙な筋書きになっていると思う。
途中警官の家に立ち寄ったシーンは怖かった。昨今あんな人物が増えてきているという恐怖。
 
本編はよかったのですが不満なのは予告編。私は展開が予想できてしまいました(><) 
邦題のセンスがイマイチ⤵︎の作品が多い中、本作はピタあーっとハマり良し。

痴呆症を患う老人の人探しの旅。手紙を元に会わねばならない人物を追う。

はじめてのおつかい、老人編みたいな感じ。しかし、そんな可愛いもんじゃない。
復讐履行の旅だから…遂にターゲットに辿りつくが…一番悪いヤツがなんとあの人‼︎

ラストが秀逸。大ドンデン返し‼︎派手さが全く無くとも、エッ‼︎と唸らせられた秀作であった。

⭐️教訓⭐️今やSNS時代のど真ん中。手紙の大切さを改めて再認識した。
chica

chicaの感想・評価

3.5
派手さが全くなく静かな復讐劇。
ヒトラー満載。
アウシュビッツ。
ユダヤ人、ドイツ人。
すごく重苦しく根の深い作品。

クリストファープリマー
マーティンランドー
さすが名俳優さんですね。
暗い作品だけど引き込まれてあっという間だった。
何かあるやろなぁと思いながら鑑賞していて…やっぱりなんかあった。

最近重苦しい作品を見てあの人は何を思ってたんやろとか色々と余韻に浸るのが多い。
PPk

PPkの感想・評価

3.7
中盤まで退屈だったけどラストはやられた。これぞ爺さんの復讐劇。
ぽんた

ぽんたの感想・評価

3.7
認知症という設定がとても活かされていて、すごい。前情報無しの私が想像していたのは、ナチスのした事・歴史的惨事を観客に知らしめたり反戦のメッセージが込められた映画かと。実際は復讐ミステリー(のように私は鑑賞した)。

単純に、認知症を患う老人が苦労しながらひとりで目当ての人物を探していく過程のハラハラ感・果たして誰が本物なのかという謎・『復讐』というものについて の3点がとても良かった。

全てを知った上でもう一度観たい。
tetsu0615

tetsu0615の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

衝撃のラストとか書いてあったわりには予測の範囲内かなぁ
要するにマックスの狙いはあの2人の同士討ちてことか
ゼヴの認知症を利用し、同じ捕虜と偽りもう1人の仇を仇に探させるとは…執念である

そこに行き着くまではほぼ淡々としており、若干の眠気も…
認知症も進行、体力的なハラハラもありつつもそこまで緊迫感はない。
この物語はどこに行き着くのかと思いきや、そう来たか!とはなるものの予想外とまではいかず、盛り上がりにかける(わざとあんな風にしたかもだけど)

面白くないわけではないし、オチが分かった上で見るのも面白いかもしれない。でもそこまででもない。そんな映画だ

他の人のレビューから
戦争の傷跡やそういった記憶や歴史を実際に知る人物が減っているなか、こういった物語は大事なのかもしれないですね
そこまでの考えにはいたらなかった