手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

衝撃のラスト、これに尽きる。
どんでん返しが好きな人におすすめ。
ただのおじいちゃんほのぼの映画でも、
96時間みたいな実はめっちゃ強い主人公でもなく。
素晴らしい"サスペンス"映画でした。
もとみ

もとみの感想・評価

3.5
ギリギリ生きてるおじいちゃんの復讐劇。原題REMEMBERの方が最後締めくくりがきれいなんだけどありふれたタイトルなので仕方がない。
まー

まーの感想・評価

4.5
うわー騙されたー!
ナチぶっ殺す系は大好きだけど、これはまた素晴らしい脚本です。原作あるのかな?少し考えればわかりそうだけど、クリストファー・プラマーの演技が凄すぎて完全に騙されました。

ナチはどうやっても罪を償えない。永遠にね。ナチ信奉者はクズ。ナチスを礼賛する某院長も某副総理もクズ。ナチスは完全な悪なのです。皆が伝えていかないといけない。
piccolo304

piccolo304の感想・評価

4.3
認知症のおじいさんが自分の家族を殺したナチを探す話。
ロードムービーかと思いきやラストに衝撃が、オチが読めなかったのがくやしい。
最後まで緊張感があり、話もよくできていておもしろかったです。

wowow
まる

まるの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

衝撃の最後が悲しくて悲しくて、何度も思い出しました。体に自由が効かなくなっても、恨んでしまう戦争の根深い悲しさを感じました。
ゆりあ

ゆりあの感想・評価

3.5
ラスト5分で全てを持っていかれすぎてそれまでの感想が全部消えた。
ダンサー・イン・ザ・ダークを見た時の気分に似てる。果てのない絶望と虚脱。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
「終戦間近に多くのナチス将校が死んだ捕虜の身分を盗んだ」という噂に基づいたミステリー。

主人公が認知症のじいさんだから、何かやる度に状況を忘れちゃう。とりあえず、アウシュヴィッツ・サバイバーの元ナチへの復讐な訳だけど、追う方も、追われる方も余りにも高齢。ヨタヨタしてるし、すぐ忘れちゃうし。すぐに死んだばあさんの名前を呼んで振り出しに戻るんで、その度にやきもき。

じいさんがショッピングモールで拳銃持ってても何も言われないのも、アメリカだな〜って。日本じゃ考えられないですもんね。

で、物語がゆる〜く進んでいるのを心配しながら見ていると、終盤、怒涛の展開! 一人称視点が認知症だし、何かあるな〜と思ってはいたけど、これは読めない。確かに気になる伏線張ってあったのにな〜。やられた! 脚本上手いな〜。

名優クリストファー・プラマー、「サウンド・オブ・ミュージック」でトラップ大佐を演じていた彼が、85歳にして見せる名演技に脱帽。

このレビューはネタバレを含みます

言葉に出し得難い事実を1番効果的な方法で本人に伝えるこの映画は、中盤中弛みしてしまうけれどそれも全て必要な事で、実にお見事だなぁと思いました。
この映画を見て、もっと忍耐強くなろうと思いました。

アウシュビッツはまだ終わっていないしヒトラーも死んでいない

原題「REMENBER」が強く突き刺さる
hiroko

hirokoの感想・評価

3.3
老人ホームを抜け出した主人公のロードムービーの雰囲気。衝撃的なラストに絶句。