手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

k

kの感想・評価

3.9
思った思った。銃の使い方うまいやん。
一発でパーンやもんなぁ。
tammy

tammyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

くそー
マックス爺さんにしてやられたわ

認知症のお爺ちゃんが友人の手紙を元に復讐する話って聞いてたから「ほぉーメメントのお爺ちゃん版か?」と思ってたよ

ある意味
本当にメメントのお爺ちゃん版だった
過去の回想シーンが一切ないことに違和感を感じたのはこのせいだったのね

見終わった後の原題のリメンバーが非常に感慨深いタイトルに思えてくる
認知症を患っている老人が
かつて自分の家族を殺した
アウシュヴィッツの兵隊に復讐に行く…。

といった大変良く出来たミステリー。

ネタバレしないでご覧いただきたい…が
オチは割と早目にやって来る。
この手の作品には有りがちだったから。

しかし本作 かなりの傑作で、なのに観賞後の胸を引き裂かれるような思いは何なのだろう。

認知症という扱いにくいであろう事柄を
扱いながらも、主人公演じるクリストファー・プラマーの役者力だけでも一見の価値はあるだろう。

彼の演じる主人公の表情、声のトーン、笑顔、ピアノ演奏どれをとっても素晴らしく、長年のキャリアを感じさせる安定感が良かった。

本作は個人的には稀に見る傑作だったので
是非お勧めしたい作品となった。
tomtomcat

tomtomcatの感想・評価

3.5
前情報も入れず、暗い話だなぁ…
ぐらいの気持ちで観ていたので
最後びっくりした。

頭がいいなぁ、と思うけど。
あれで本当に満足なんだろうか。
あそこでたまたま再会しなければ、
この流れは無かったかもしれない
なぁ…。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.7
認知症のおじいさんが、ある復讐をしに行くロードムービー。
いやーよく出来てる。あまり情報入れないで観て正解。戦争の残り火。✡️
前半つまらんかったけど後半でおもしろくなった。マックス頭いいな
これはすごい、、
後半、引き込まれ過ぎて時間を忘れてた、、

傷痕がどこまでも、負の連鎖がどこまでも、つきまとってくるのが戦争、なんですね
mtorakichi

mtorakichiの感想・評価

2.9
クリストファープラマーさんのルーツは知らないが、最初からユダヤ人に見えなかった。それでディーン・ノリスのシーンで確信した。本性出るよね。ふつうの人は撃てないよね。ノリスはいつもどおり保安官の姿が似合うけど、とんだ災難、とばっちり。

犬は本当に嫌だなぁ…大好きなジャーマンシェパード、よく犬が撃たれるけれど、麻酔を打って眠らされてるだけだと思いたい。
翔猫

翔猫の感想・評価

-
高齢者施設で暮らすゼヴは90歳の孤独な老人
最近では認知症が進行し、記憶の混乱が増え、妻のルースが死んだことさえ思い出せないこともあった
そんなゼヴは同じ施設に入所している友人マックスは、ある手紙を彼に託す
その手紙には、2人がアウシュビッツ強制収容所の一区画の生き残りであることと、2人の家族を皆殺しにしたナチスの兵士について記されていた
その男の名はオットー・ヴァリッシュ
2人が収容されていた区画の区画長であり、あろうことか終戦後“ルディ・コランダー”と名を変え、アメリカでのうのうと生きているという
マックスは必死に調査し、条件に合う同名の人物を4人にまで絞り込んでいた
身体が不自由なマックスの意思を受け取ったゼヴは“ルディ・コランダー”を殺すため、単身 施設を抜け出すのだった

認知症の老人が復讐を果たすために旅立つサスペンス映画

目覚める度に、何故ここにいるのかさえ忘れてしまい、その都度 手紙で思い出していくのは『メメント』みたいで面白い発想だった
内容はホロコーストを扱ってる上に、忘れてしまう恐怖と戦う老人が主人公ということもあって始終悲劇的な復讐劇になってる
観ててつらいくらい

重苦しい旅もさることながら、認知症という設定を活かした展開が凄まじい
名優クリストファー・プラマーが演じる裁かれない悪を討つアンチヒーロー像も見事
正直 観るまで存在も知らなかった映画だけど、とても素晴らしい良作だった
Karin

Karinの感想・評価

3.9
なんとなくそうなんじゃないかなって思ってもこういう映画ってなぜか面白い。

記憶をなくしてしまうから手紙を頼りにある人物を探す。

まるでメメントのおじいさんバージョンのようでした。
メメントほど分かりにくくはないけど。