手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

最後の最後でビックリ
あまりユダヤ人のこと、ナチスのしたこと、世界がナチスをどう思っているのか考えなかったが、この映画を見て少しわかった気がする
わからないことが多かったが、きっと殺したくなるような記憶であり、死にたくなるような記憶であり、許せない記憶、信じたくない記憶であるのだろう

構成がとてもうまく、おじいさんの役がとてもうまかった
ユダヤ人、ナチスのことをよく調べてまた見たい
思いもよらぬ結末にしばらく呆然としてしまった。アウシュビッツを扱った作品はたくさんあるけど、これほど静かにその恐ろしさを伝えるものはなかなかないと思った。
Hiroko

Hirokoの感想・評価

4.1
サウンドオブミュージックのトラップ大佐を演じていたクリストファー・プラマー公開当時85歳!の出演作品。今回の作品観て本当に素晴らしい役者さんだなあと思った。
衝撃のラストという触れ込みだけど、難解な謎とか意外性とかそういうことじゃない。
認知症のゼブが手紙の指示に従い頼りない足取りで行動を進める姿は時間経過と共にどんどんなんとも切ない気持ちになる。
老いてる様子のリアルなこと……詳細な心理描写は敢えてしてないでいて、全く派手な表現もなく過不足ない正確な状況描写に人間の一生を感じられます。
行動を評価する他人はいたとしても、本当の答えを出せるのは自分自身だけ。
うめ

うめの感想・評価

3.8
愛する妻ルースを亡くしたゼブ。
90歳ともなれば、認知症を患い曖昧になっていく記憶。
目を覚ます度に、妻の名を呼び探すゼブ。
その表情や慌てふためく様子から、いかに妻を愛していたか…彼女に頼っていたかが透けて見える。

そんな彼に、同じ老人ホームに入居しているマックスから告げられる共に交わしたという約束。
それは、アウシュビッツに関するものだった…
指示書を頼りに旅に出るのだが…
動きもゆっくりで、足取りも覚束ない。
途中で出会う人々とのやり取りも何か起きそうて不安で見ているのが辛い。
カバンの開け閉めさえもハラハラする程だ。
しかし、旅を続けているうちに見えてくる記憶は薄れていっても失われないもの。
身体は忘れないのだ。

自分の頭の中にある「記憶」
それは、高齢者だけに限った話ではない。
我々にとっても、本当にそれは確かなものか?

そして、最後に突きつけられる原題でもある「remember」
まだ、戦争は終わっていない。
それを忘れるな。
重いメッセージを、観ている我々に向けてもいるんだと思う。
mei8

mei8の感想・評価

3.0
記録用✏︎
ただただびっくり
記憶があやふやな認知症のお爺さんの復讐劇。
寝て起きる度に既に亡くなった奥さんを探す姿を見て心が締め付けられながらも観ました。
ラストを見てからだと奥さんと結ばれた経緯も気になるなぁ。人に歴史あり、そんな映画です。
二兵

二兵の感想・評価

4.3
知り合いが絶賛していたので鑑賞。

いや、これは凄かった。優れたロードムービーであり、上質のミステリーであり、そして、かの戦争が遺した物について、嫌でも考えさせられる作品でもある。

主役は何と認知症のお爺ちゃん。妻が亡くなったことをきっかけに、とある人物に会うために、老人ホームから旅に出ることになるのだが、頼りになるのは、友人が持たせてくれた手紙のみ…。

彼が会おうとしている人物の正体とは。そして、何の目的でその人物を訪ねようとしているのか。

こういった数々の謎で引っ張ると同時に、何せ主人公が認知症で高齢者なので、とにかく一挙一動に物凄いハラハラさせられる(苦笑)。このシナリオは巧いなあと思った。

作中にいくつかある、子どもと触れ合うシーンや、彼がピアノを弾くシーンには癒されるが、ラストが、かなり衝撃的。もう一度最初から観たくなった。
YUI

YUIの感想・評価

3.8
衝撃でした‥
ラストに出るタイトルのREMEMBER、ゾワッと来ますね。

filmarksで見かけて、評価高かったよなぁ~って借りたので、全く内容を知らず、何となくで観たので、まさかこんなストーリーだとは‥

これは何も知らずに観た方が絶対おもしろい!
だからあんまり書けない!!
ストーリーが進むに連れどんどん手紙の内容が分かっていくのが良かったなぁ~

ラストは本当に衝撃で、ちょっと鳥肌が立ちました。
最後の展開に!!!!!っとなった。
みんなかわいそう