手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

    まめ
    4.5
    壮絶な復讐劇。ナチス。凄く面白かった。
    ひろ
    4.0
    凄かった、おじいちゃんだから少しのんびりとしながらターゲットを探す旅の話だと思ってた、実際にそんな感じで進んでた、おもむろに銃を突きつけてた時は笑えてたのに、、最後の最後、すごい衝撃だった、開いた口が塞がらなかった、、、素晴らしいピアノで彩ったのだから違う結末を想像するだろう、それでも当時の爪痕はそれを許さないということなのか?このおじいちゃん達の心の内は計り知れない、アウシュビッツの闇は深い(T ^ T)
    あらすじを勘違いしていて、それで偶然にも冒頭からオチに気付いてしまった!
    普通に見てたらどうだったんだろう…。

    出てくる重要人物達がみんな老人で、長い人生の最後でやろうとしていることが何だか切なかった。
    karo
    3.7
    切ないどんでん返し…(涙)
    久々に最後であっっっ!てなった。老人トリック。まさかの痴呆ミステリー。
    数多くのSS復讐作品読んだり見たりしたけど、戦後70年をグサリと突きつけられた。
    appletea
    3.8
    主人公があまりにヨボヨボで、頑張れ頑張れ!!と応援してしまう。
    そこからラストで予想外の結末を迎え、復讐は遂げられたが、後味が悪く残り考えさせられる内容でした。
    最後の結末が予想をはるかに超えてた
    見終わった後で、思い返すと深い深い復讐を感じた
    kyo
    3.7
    アウシュビッツの生き残りのユダヤ人が、家族を殺したナチス親衛隊を探し出して殺す話!

    主人公のセヴと言う老人は認知症を患い1度寝ると全て忘れてしまう。

    そこで、同じ収容所の生き残りであるマックスは、セヴが やるべき事を忘れないよう手紙に指示を書き込んでセヴを送り出す。

    セヴは指示通り1つ 1つ 仕事をこなしていく
    はたして家族を殺したナチス親衛隊にたどり着くのか・・・!

    第2次大戦の後 世界中に逃げたナチス残党をイスラエルが 血まなこ になって追ってたのは有名な話!
    様々な都市伝説も残ってるくらい!

    ラストのどんでん返しには ビックリでした
    なつみ
    3.4
    アウシュビッツやナチについての映画は結構見てきたけど、これは他とはまた違う作品。

    アウシュビッツに収容され家族を殺された主人公が手紙を頼りに旅に出る話。

    途中まではこの作品はどんな着地点が待ってるんやろうって謎やったけど、思いもよらない結末でした。