手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

SYU

SYUの感想・評価

4.0
過去鑑賞記録
ミステリー
妻を亡くし、一度寝てしまうと記憶がリセットされてしまう認知症を患っている90歳の主人公ゼフ。
ユダヤ人で、第二次世界大戦の生き残りである彼は、同じ病院に入院する友人(同じく生き残り)から彼らの家族を殺した元ナチス隊員の名前を知らされ、一人復讐の旅に出る。
記憶と戦いながら仇を探すゼフだが、途中立ち寄った家で事態は急変、そして待ち受ける恐るべき真相とは。
途中で思った「何故?」という違和感も思えば伏線で、ラストで回収されます。
名優クリストファー・プラマー、老いて尚、この演技には脱帽でした。

これは良作だと自信を持って言えます。


主人公が認知症を患っているという映画を観たことがなかったので、最後まで結末が予測できませんでした!
また警官やガードマン、パスポートをチェックする人等の言動にひとつひとつハラハラさせられました。

主人公が認知症ではあるけれども、記憶を通り越す程の憎しみを持っているはずなのにあまり乗り気でないことや、老人ホームの友人であるマックス(?)が不自由な体であることを理由にか、主人公をつかっている様に見えることにはじめから違和感を覚えてはいました。
また結末を知った上で思い返すと、銃を何不自由なく使えていることや、事後は取り乱している様に見えたものの、殺害に何の戸惑いも見せなかったことも伏線だったのかと気づきました。

認知症になってしまったのは歳のせいではあるけれども、何より自分の過去を忘れ去りたい程後悔があったのかもしれないなと思いました。(配偶者が亡くなると症状が進むと作中でも言っていたので)


原題の回収であるであろう最後の"I remember "がこれ程重く、これ程哀しいことが他にあり得るでしょうか。思わず身震いしました。
NORA

NORAの感想・評価

3.7
バックボーンが分からないからナチスとかアウシュヴィッツとかよく分からないけど、まとめかたがよかった!
あと終わり方!
sonozy

sonozyの感想・評価

4.0
2015年製作のカナダ/ドイツ映画。
ホロコーストを題材にした、アトム・エゴヤン監督作。
Canadian Screen Awards脚本賞受賞。

最愛の妻ルースを亡くした喪失感から認知症が進行しつつある介護施設にいる90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)。
同じ施設の友人で車椅子生活のマックスから「ルース亡き後、君がすると約束したこと」について書かれた手紙を渡され、ひとり施設を抜け出し旅に出る。

ゼヴとマックスはアウシュヴィッツ収容所の最後の生き残りという事で、大切な家族をナチスに殺された復讐を果たすと約束していたのだ。

復讐相手・ナチスの生き残りの男は“ルディ・コランダー”という偽名で暮らす"オットー・ヴァリッシュ"だという。

同名の容疑者は4名まで絞り込まれており、ゼヴは認知症で危うい状況の中、"オットー・ヴァリッシュ"を見つけるべく、手紙の指示に従い順番に訪ねていく・・・

そして衝撃のラスト。。。

クリストファー・プラマーの円熟の演技。(ピアノもお上手です。)
サスペンス感あふれる脚本が素晴らしい。
qudan

qudanの感想・評価

4.0
認知症で記憶があやふやという設定なので、オチはそうなるだろうなと予想できるものの、そこに至る過程が丁寧なので見ごたえがあった。

アウシュビッツで家族を殺害したナチス兵士を友人の手紙を手がかりに探しに行くという大枠のミステリーがしっかりしているため、主人公のゼブがふらついても、物語のベクトルがブレないのが良い。

合間合間に入る、殺人を犯しに行くのがバレそうになるサスペンス要素によって、見る側のドキドキが主人公のゼブに重なることで感情移入できる。
それによって、オチのどんでん返しが効いてくる構造になっている。
Canape

Canapeの感想・評価

3.4
アウシュビッツの生存者のおじいちゃんの話。記憶障害でも消えない深い悲しみと憎しみ。よたよたしても、彼を突き動かすその復讐心。なのに、なのに、、衝撃。もう悲しすぎる。
爺さまロードムービー?はたまたコメディ?と思いながら観ていたら最後にけっこうなどんでん返しがあってびっくり。

クリストファー・プラマーが魅せるの何の。顔のシワがまたいい感じ。
あとディーン・ノリスの歪んだオヤジ役はテッパンですね。

認知症がテーマのひとつなのだが、なんとなく「メメント」的な感じも。
原題『Remember』。刺さります。
さと

さとの感想・評価

3.7
悲しく切ない。

ストーリーとは関係ないけど、お年寄りに優しい人が多くてなんか安心した。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

4.5
(過去観賞記録)
去年観た映画。ストーリーは「老人ホームのおじいちゃんが過去の手紙を元に復讐の旅に出る」なので、勝手にコメディ寄りの作品だと思ってた。

内容はわりと大真面目。というか復讐心だけを残して健忘症気味になったらそれこそ怖いな…だいじょぶかな自分…て心配になったりした。

最後のオチも途中で気付けたものの、おじいちゃんの生きた時代背景も相まっていろいろと考えさせられるテーマだった。面白かったし、ちょっぴり悲しかった。
oh

ohの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想より重い映画だった。ナチに家族を殺された2人の老人。腕には囚人番号が彫られている。生き残った兵士を探すために、認知症のゼウは友人のマックスと協力して探し回る話。寝て起きる度に記憶がなくなるゼウ。最終的に生き残りを見つけるも、ゼウ自身も兵士で互いに逃げるために腕に番号を彫っていたという。全てはマックスだけが復讐のために仕組んでいた。ゼウが弾くピアノが素敵。