手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    coral
    coralの感想・レビュー
    2017/02/12
    3.8
    最後の最後まで見て、
    やっと意味が理解できた。

    眠った瞬間、すぐに忘れちゃう。
    ホント不安でドキドキする映画!

    マックスがなぜ手紙を書いたのか。
    最後にゼヴがしる真実は「リメンバー」
    の意味がすごく詰まった結末。

    過去にしたことは、
    どんなに歳をとったおじいちゃんになっても
    消えることはないし、
    傷ついた人は、永遠と忘れることはない。
    ユウ
    ユウの感想・レビュー
    2017/02/12
    4.0
    おじいちゃん頑張れ、寝ちゃダメ、、、とハラハラしながら観ていくうちに、じわじわと違和感。でもおじいちゃんを信じたいという気持ちのままラストへ。

    原題「REMEMBER」の示すものは重い。

    ドイツやユダヤについて知る初めての機会でした。映画ってやっぱり凄い。
    こーじ
    こーじの感想・レビュー
    2017/02/12
    -
    ラスト10分
    幕埜リア
    幕埜リアの感想・レビュー
    2017/02/10
    3.8
    @JAL

    寝るたびに行動がリセット。
    妻を探し狼狽える姿と使命を理解しゾーンに入ってからのしっかりとした行動のギャップ。

    行きの韓国行き機内にてクライマックスで個人用テレビを仕舞う羽目に。
    音楽でも聞こうと思って再度ヘッドフォンを装備したところ、どの爺か分からんが不穏なセリフが…
    英語とは言え断片的に聞こえた単語で、慌てて耳から離したもののラストの脚本が描けてしまった。
    帰国便で再度じっくり見ようと思ってたのに、そういうオチかよ…

    帰国便で見たラストシーンは設定が違った。
    ホームで動けずにいるのがあっち側の人間で、愚かな者たちの同士討ちを狙ったのかと。
    この筋の方が良くないか?

    変則的な見方で、この映画の正しいポイントを捉えられなかった。
    やはり映画館出来た見ておくべきだった。

    改めて見なければならない作品。
    こじこじこじか
    こじこじこじかの感想・レビュー
    2017/02/09
    3.0
    認知症を患っているおじいちゃんゼヴの復讐劇。ナチスに家族を殺された恨みを晴らすべく認知症のおじいちゃんとその友人マックスが立ち上がる。

    自分は過去の記憶が曖昧だが身体は動く、友人のマックスは頭ははっきりしているが足が悪い。マックスの記憶を頼りにゼヴは復讐に乗り出すのだった・・・。

    設定としては使い古されているが、ナチス・アウシュビッツ強制収容所というバックグラウンドが物語に重みを持たせている。

    あー、驚かされたー!!という作品ではなく、物語の余韻に浸る作品なのだろう。観るスタンスを間違えた。
    ntk
    ntkの感想・レビュー
    2017/02/09
    3.3
    どっきりに続くどっきり! っていう感じです。暗い…。
    福本敏弘
    福本敏弘の感想・レビュー
    2017/02/08
    4.4
    映画感想「手紙は憶えている」

    その映画を観たいと思う理由は、原作や監督、俳優など様々だが、その一つに「衝撃の結末」の宣伝文句がある。

    いわゆる「大どんでん返し」や「予測不可能な結末」モノが大好きで、ほぼ例外なく観ていると思う。
    ラストのラストで、ネガとポジが反転するような、後頭部をガーンと殴られたような「衝撃」を味わいたいのだ。

    この作品もまさにそんなラスト5分の衝撃映画だった。

    妻に先立たれた90歳のゼブ(クリストファープラマー)は、70年前、アウシュビッツでナチスに家族を殺された過去を持っていた。
    同じく家族を殺された友人(マーティンランドウ)から一通の手紙を託される。
    殺したナチスを探せ。容疑者は4人。手がかりは友に託された一通の手紙のみ。
    認知症を患い、記憶障害により昨日の記憶もままならないゼブは、果たして真犯人に辿り着くことが出来るのだろうか?
    ついに最後の一人を追い詰めた時、ゼブは衝撃の事実を知ることになる。

    ラスト5分の衝撃―すべての謎が解き明かされるとき、あなたの見ていた世界は一転する。この宣伝文句に偽りはなかった。
    これは名優たちの名演技も光る、見事な超一級の大どんでん返しミステリーである。
    harape
    harapeの感想・レビュー
    2017/02/08
    3.8
    最後10分で全部がパタンパタンパタンつながった
    mick
    mickの感想・レビュー
    2017/02/07
    4.3
    ブレイキングバッドのハンク出て来て笑った。
    感動ものかと思ったらかなりシリアスでビックリ
    生茶
    生茶の感想・レビュー
    2017/02/06
    -
    記録
    2017年7本目