手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

eri

eriの感想・評価

3.7
切ない。とにかく切ない。観る前は、もっと生き生きとした老人が旅する物語かと思ってたけれど、こんなに心許ない老体且つ認知症の老人が旅をするとは…。そんな姿を見ているのは辛かった。最後は本当になんとも言えない気持ちになった。ものすごく残酷な復讐。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
良く練られた作品だと思いました。
後味悪いです。
場合によっては、認知症は本人にとっては幸せな病気なのかもしれませんね。
だぶ

だぶの感想・評価

3.5
まだらボケ爺さん、家族を殺したナチを探す旅に出る。あー?えー!!映画

息子が不憫だし、手ぇブルッブル
クリストファー プラマー
すごい俳優だ!

ピアノの演奏場面鳥肌…

トラップ大佐の時は気障っぽくて嫌だったけどね。


今年見た映画で1番すごいと思った。

全く話題になってない映画だったけど…


最後、唖然
∑(゚Д゚)
先の第二次世界大戦が終結して既に70年以上経過しているが、日韓の慰安婦問題など未だに暗い過去を引きずっているのが現状です。
この作品はアウシュビッツにおけるユダヤ人の大量虐殺をテーマにした反戦映画です。

介護施設に入居しているクリストファー・プラマー演じる主人公の老人は妻を亡くし、認知症の症状に悩まされている。だが同じ施設の友人の書いた手紙を手に家族にも告げずにひっそりと旅に出る。
それは、アウシュビッツで家族を殺害したナチの将校を探し当てる旅だった・・・・

既に90歳を迎えた主人公の老人たちが長年に亘って消し切れない戦争における深い傷。加害者、被害者それぞれの立場から描く抱え込んだ思いをサスペンス感たっぷりと描いた佳作に思います。

クリストファー・プラマー、ブルーノ・ガンツ、ユルゲン・ブロフノウなどの本当に懐かしい顔を観ることが出来ましたが本当に年を取りましたね。
その変化の大きさに驚きました。
Michael

Michaelの感想・評価

3.9
途中まではこれは悲しい静的な映画なんだなって思ってたら後半からのどんでん返し!

ナチス関連の映画でこういう展開は斬新だね!

人は自分の過去を受け入れて生きるか過去を捨て新しい自分として生きるのか。

ファイトクラブぽいところと良きだし、
普通に楽しめる映画!
ちろる

ちろるの感想・評価

4.0
大大大好きクリストファー プラマー主演のホロコーストを題材にした作品という事で、多少の重みを覚悟しつつ臨みましたが、後半に向けてサスペンスとしての見所があり面白かったです。
予想だにしないショッキングなラストだったので、なんか「鑑定士と顔のない依頼人」を観終わった時のやるせなさがありましたが、淡々とした会話の中に今思えばしっかりと伏線が織り込まれていたので脚本としても秀逸でした。
ナチスドイツやホロコーストを題材にした作品が近年またとても多くなってきた気がするのだけど、こういう変化球の題材になるとまた新たなる視点で当時について、そして戦争が起こりそうな今について深く考えさせられます。
ストーリーの構成としてはとてもシンプルで、もしもナチスドイツについて深く知らなくても全く問題がない作品ではないかなと思い、そういう意味では若い人にも気負わずにトライして欲しい作品でした。
人生を手紙がひっくり返す。恐ろしく、よくできたストーリーだった。秀逸
tulpen

tulpenの感想・評価

3.4
邦題を「手紙は震えている」と勘違いをしていた。
意味深でなかなかイイのでは…と思っていたのだけど違ったw

クリストファー・プラマーのピアノにハッとする。
ドパルデューもそうだけど 無骨で図体が大きい男が突然ピアノを弾くっていうのがたまらなく好き。
クリストファー・プラマーはピアニストを目指していたらしいから、演奏は本物。

アトム・エゴヤンの映画
初めて観たのは「スウィート・ヒア・アフター」
いつも必ず 「秘密」が隠されてる。
オチがどうとかではなく
見ている自分がそれに気づいた時のザワザワした頭の中の感じに興奮させられる。
今回は二段構え…
彼が正解に眉間を撃ち抜いた時に気づくべきだった…。

見終わったあと 「ミュージック・ボックス」が頭に浮かぶ。あれも恐ろしい映画だ。
naomi

naomiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

冒頭から何となく結末が予想できてしまったため、それを確認する作業として本作を観た。

やっぱり予想通りだったのだけど、過去にアウシュヴィッツ強制収容所にいたという同姓愛者のおじいちゃんと、本作の主人公ゼヴに彫られていた囚人ナンバーの入れられ方が若干ちがうなとか、ナチ崇拝の警察官を拳銃で打ったときの命中率の半端なさとか、ゼヴが戦犯だと気づく伏せんがけっこう張ってあったりしてそれを見つけるのが楽しかった。

そして、つくづく人の記憶というものの頼りなさを実感。自分に都合の悪いことや正当化したいことは勝手に記憶を改ざんしていたりするからこわい。ゼヴは認知症だったから余計ね。結局、この手紙を書いたおじいちゃんの復讐劇だったわけだけど、よくこんな回りくどいやり方で復讐を果たそうと思ったな、と感心してしまった。他の方法ではだめだったのだろうか。