手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

誰もが分かる筋道。なのに誰も予想のつかない結末。深いわ〜。しかし、演技スゴイな。
切身

切身の感想・評価

3.6
王道の逆転劇サスペンス。
ナチが絡んでてそっちの意味でサスペンスなのかと思ったら、ヒューマンサスペンス。
現代のナチス・ドイツがらみのサスペンス。最後に大きなどんでん返しが待っていて、いずれにしても暗ーい気持ちで終わりました。
ラストでの大どんでん返し
単なる主人公の復讐劇かと思えば…
思わず「怖っ」ってなったわ
だーま

だーまの感想・評価

3.5

認知症のおじいちゃんのお話。

オチは少し読めたんですが、
全ては読めませんでした。
それにしても、これ系のオチの映画を
久し振りに鑑賞しました。

2015年になっても、
ナチの事がテーマになるなんて、
それだけ根深い問題なのですね…。

印象深いのはユダヤ人と分かった瞬間、
態度変えるオッサン。
差別の悲しさが凄く伝わってきました。
でも文化が違うだけで差別は
日本にもあるので他人事にするのは
駄目だと思います。

それにしても施設から脱走したら
すぐ見つかりそうなものですけどね笑
jaja

jajaの感想・評価

-
こういう高齢者が主人公の映画が最近、多いなあと思いながら観ていた。邦画もさることながら、洋画でも中高年をテーマにしたものが目立つ。それだけ高齢化社会は日本はもちろんのこと、先進国共通の問題なのだろうと。▼これも、シリアスなテーマだけど、どうせ最後は「赦し」、そして和解だろうとタカを括っていたのである。▼ああ、終戦記念日に図らずもこういう映画を観るとは、なんの因果だろうか。だがこれは、こうした体験を語り継ぐ人たちも残りわずかになっていることを知らしめる映画でもある。
ちょび

ちょびの感想・評価

4.5
認知症を患った老人が復讐のために気力を振り絞る様は、何一つ激しいシーンがなのに観ていてハラハラしっぱなし。

登場人物は概ね良い人ばかりで世の中は平和そのものなだけに、恨みの強さが際立っていた。
なんか見覚えあるような…
いや、冒頭の数分間のシーンなんですがね

認知症のおじいちゃん、アウシュビッツで家族を殺された過去を持つ彼は奥さんが亡くなったんをきっかけに復讐の旅にでる、物忘れハンパない彼がターゲット探しの手掛かりにするのは親友からの1通の手紙だけなんです、って話

主人公は奥さんが死んだ事すら覚えてられない極度の認知症
マシンボーイはまだ若いつもりなんで物忘れなんて…って思ってたんですがね
観たこと無い作品のハズなのに謎の既視感、なんでやなんでや?とフォロワーさんのレビューを見てみると…「途中て寝落ちして返却期限きたから返しちゃいました…」とマシンボーイがコメントしてました
通りで見覚えあるわけだ、借りた記憶は無いけど…、しかも冒頭の数分しか見覚え無いとか寝落ちすんのはえぇよ…
観てる途中は、え!もう忘れちゃったの?おじいちゃんシッカリしてぇ、観てましたが、真実が明らかになった今となってはおじいちゃんに共感しかないですわぁ、忘れちゃうよねぇ…

しかし本作は忘れてしまうのは勿体ないほどの良作
復讐映画といえば一時期は韓国映画でしたが、最近の韓国映画は似たり寄ったりで面白味に欠ける
本作は惹きつけられるストーリーに後味悪いラストまで、全盛期の韓国復讐映画群と並べても遜色無い素晴らしい作品でした
ワンコロに容赦無いとこまで…スンスン
スコアが4点台に乗らなかったんはただただワンコロが可哀想で…飼い主に罪があってもワンコロに罪は無いよ…

いやな、正直観ていて思いましてん
大丈夫か?おじいちゃん、人をそう簡単に信用して大丈夫か?世の中には認知症のおじいちゃんをカモにするような悪いヤツいっぱいおるで!言うて
にしてもな、行き着く果ては想像を絶する悪夢でしたわ…ゲロゲロ

ヨチヨチおじいちゃんがブッ殺す映画としては「ニトロ」以来の快作でしたね!
え?一緒の括りにいれんな!って?ヨチヨチ
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

4.4

90歳の認知症おじいちゃんのサスペンス
意外な展開でかなり驚かされた作品でした

最近妻に先立たれたが、寝て目覚めるたびに記憶を失くし、妻を探してしまう
同じ施設の友人に、「誓ったことを覚えているか?忘れないように書いておいたから」と手紙を渡され、誓いを行動に移す・・・

できればこれ以上の情報もなくいきなり観るのがおススメ

予告に惹かれて観たので、どんな行動を起こすのか分かってしまっていたけど、序盤からおじいちゃん何するの?と思いながら見る方がスリリング
公式サイトやDVDのパッケージとかにでかでかと書いてあるけどね・・・

うたた寝でも記憶なくなるし、おじいちゃんなので普通なら警戒されそうなところもすーっと受け入れられてしまうし、結構ほのぼのするところもあるんですが、全体的には重い映画

中盤にひどい出会いに緊迫・戦慄する場面もあり、ほのぼの気分も吹っ飛ぶ
そしてクライマックスは確かに衝撃的

ただ、最後に口を開く人物に、あれ?どういう考えでそういうことしたの?と思わされ、最後の最後にちょっとだけモヤッと

トータルでは良かったですけどね

振り返るといろいろ疑問点も出てきてしまいますが、確かに驚かされたし、公式サイトの「年表」を見るとリアルに今の時代にもありうる物語なんだなあ・・・と

歴史の重みを感じました
主演のクリストファー・プラマーは「サウンドオブミュージック」、友人役のマーティン・ランドー(今年亡くなったとのこと)は「北北西に進路を取れ」に出てたとか。
もはや「古典」の域の作品!その辺も観てみたいですね
たろす

たろすの感想・評価

3.6
アウシュヴィッツの歴史が産んだ復讐劇の話。
前情報なしで観たから、観てる間は認知症の中で頑張る姿にハラハラしたりかわいそうに思ったりしたけど、観終わったあとは別の意味でつらかった。
人の恨みって恐ろしい。