手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    Mercoledi
    Mercolediの感想・レビュー
    2017/03/03
    -
    最後の意外な展開!
    Lara
    Laraの感想・レビュー
    2017/03/03
    -
    決して許されないことは、時間によって緩和されることはない。
    しょうこ
    しょうこの感想・レビュー
    2017/03/03
    3.3
    おじいちゃんが愛しくなる。
    おさ
    おさの感想・レビュー
    2017/03/02
    4.1
    初めての国際線で見た作品。ドキドキしながら見ていたはずなのに、静かに悲しくなって、1人じゃ抱えきれずに涙が出てきてしまうような作品。

    認知症高齢者のセヴは認知症であるが故に様々な混乱を抱えながら、施設で暮らしている。認知症であるため、記憶はあやふやなのだけれど、友人の手紙をてがかりにホロコースト時代に失った大切な家族を想っての復讐劇が始まる。

    寝起きに奥さんを探すシーンにも、ナチスを憎む姿にも、胸が打たれて、混乱しながらも犯人を探すセヴが愛おしくて、愛おしくて。

    そしてなにより、最後の10分間の衝撃。
    ホロコースト関連の憎しみや悲しみ、苦しみはきっと永遠に続いてしまう。被害者たちの思いを忘れてはいけないし、2度と同じ過ちは侵してはいけないって思う。
    でも、もしかしたらいちばん苦しんでいるのはナチスの人たちなのかもしれない。もちろん、決して許されることではないのだけれど。傷つけられた悲しみよりも、傷つけてしまった苦しみのほうが、永遠に残るし、きっと、忘れてはいけない。
    みおこし
    みおこしの感想・レビュー
    2017/03/02
    3.6
    御年87歳のクリストファー・プラマー主演。見ごたえたっぷりのサスペンスでした。

    認知症と闘う90歳のゼブは、妻に先立たれたことさえ忘れてしまっている。そんな彼に、老人ホームに一緒に入居しているマックスからとある手紙が渡される。それは自分たちの家族を殺したナチスの残党が今も身を隠して生存しており、妻が亡くなった際にゼブは彼らに復讐を果たすと決めた、という内容だった。ゼブは意を決してホームを抜け出し、復讐を遂げるべく旅に出る...。

    度肝を抜かれるラスト、しばらく目が点になってしまいました(笑)。
    正直あのラストを迎えるまでは、ところどころツッコミどころがあって「なんでこのタイミング?」「なんでこの人が?」みたいな感じで頭の中でモヤモヤしてた部分が多々あったのですが、最後の最後でその伏線が全て回収されてガチッとハマりました。
    お見事...!!!
    いやーーー、なんて切ないというか悲しい物語なんだろう。

    クリストファー・プラマーは、『人生はビギナーズ』の時もリアルなおじいちゃん演技が凄まじかったですが、本作でも痴呆に悩む老人を熱演していて圧巻です。
    個人的には名優マーティン・ランドーがバリバリ現役でいらっしゃるのがまた嬉しくて嬉しくて...!『エド・ウッド』でオスカー獲得して以来、あまり出演作は多くないですが本作はまた美味しい役どころでした。

    多くを語るべき作品ではないのでこれ以上触れませんが、一見の価値アリです。予想外の結末の映画がお好きな方は、絶対にお好きだと思います!
    きらきら
    きらきらの感想・レビュー
    2017/03/01
    4.0
    想像してたのと全然違うからビックリ!
    最後はマジか!!!ってなる終わり方!

    マックスはどんな感情で毎日過ごしてたんだろうかを考えると永遠と考えてられそう
    透明
    透明の感想・レビュー
    2017/03/01
    -
    こんな静かで悲しいのははじめてだった 17-16
    きなこ
    きなこの感想・レビュー
    2017/03/01
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    国際線の機内上映で鑑賞。
    ずっと気になっていた作品でしたが、期待通り面白い!
    1時間半というコンパクトさに対してテンポの悪さがもどかしく多少気になりましたが、主役が認知症のおじいちゃんという事ならそれも演出のうちと思います。
    ドイツ映画やドイツ共同制作映画はストーリーがとにかく面白いイメージですが、今作も例に漏れずものすごく面白い。
    エーッ!という展開の後引きずらず、エンドロールに余韻を当てるところが良いですね。

    ◆追記。
    今作が脚本家の初脚本作品なのですね…
    嘘だろ!?
    今後にも期待が高まりました。
    75
    75の感想・レビュー
    2017/02/28
    3.8
    戦争を題材にした作品は苦手だが、戦禍の映像を使用しないこの作品は見ることが出来た

    最後の最後にセヴが言った'I remember...'が胸に刺さった

    邦題も原題も秀逸だと思う

    戦争は誰も幸せにしない
    たとえ認知症になっても、忘れることができないほど
    せんちゃん
    せんちゃんの感想・レビュー
    2017/02/26
    3.1
    主人公の設定に違和感あったが、ラストで「そういうことっだったのか」ってわかった。ずっとこの先どうなるんだろうって気持ちになって、最後までワクワクできたし、ラストも衝撃で楽しめた。