手紙は憶えているの作品情報・感想・評価

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

初期の認知症の男が、手紙を頼りに復讐の旅に出るという物語。
過去と決別しきれていない戦争経験者と、平和ボケしているその家族とが混在する中で起こる出来事が、この映画の魅力へと繋がっている気がする。過去の戦争経験がなければ、劇中のように比較的容易に殺人が起こる事は無かったであろう。衝撃のラストに誰もが面食らうこと間違い無し。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

3.9
ラストシーンが衝撃的!

この話の主人公ゼヴは、第二次大戦中、ナチスに家族を殺され老人ホームに入って今でも、そいつを殺そうとする復讐だけをずっと考えている。

戦争が遺すものはやはり負だ。
tai

taiの感想・評価

3.5
途中でオチが読めてしまったけどまあまあ楽しめたかな。80歳を超えたおじいちゃんが動くのでスピーディーな展開ではないけどそこがまた動きが遅いことによってヒヤヒヤ感が出てて良かった。
卒寿のじい様の復讐劇❗

妻の死を契機に認知症のじい様が、友(?)の助けで彼の家族をアウシュビッツで殺したナチの戦犯を探し復讐する物語

未だにアウシュビッツ戦犯を探す動きがあることに、ここで行われた虐殺の惨さが見てとれる

でゎ、広島&長崎での犠牲者家族ゎ原爆という一瞬の殺戮が故に、その戦犯達を恨み、問い詰める資格ゎないのだろうか?

今日が72年目の長崎の慰霊日だったことと、今作のラストに戦争を知らないオイラでさえ胸が締め付けられる

(ーー;)
Beginnersでオスカー獲った時、本当にイケメンだなあと思ったクリストファー・プラマーなんですが、ヨボヨボは演技だと思いたい。たぶんそうでしょう。もうちょっとマシな筈。

アトム・エゴやんのメガホンでマーティン・ランドー共演と豪華。この息子さんなんかムカつくぞ…と思ってたらリベンジ(TV)で嫌な奴役だった人だった。

たぶん思い過ごしでないのは、寒々しい景色、連なるコンテナ、ホテルの部屋の見取り図等、説明は無いけどアウシュビッツを想起させるアイコンが随所に散りばめられていました。で結末は…
そんなこったろうと思ってた系です。

でも助け合いの精神を持つ親切な人々、現代的なヘルシーそうなキッズ達、重苦しく無い軽々しい雰囲気。全てが対比なのだなと思うと計算された造り、本当に素晴らしい。

最初、会う人会う違うから、「ナチ側の人達も苦労したんだから。」と教える赦す旅をセッティングされたのかと思ってた。
naomi

naomiの感想・評価

3.5
自分で手を下さない復讐劇は身の毛がよだつ恐怖を与えてくる。
ハンナ

ハンナの感想・評価

4.1
ラストはなんとも言えない気持ちになった。