手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    金曜のおじさん
    金曜のおじさんの感想・レビュー
    2017/01/30
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    なんとなくで観た作品
    ただただ面白かった。オチは分かりやすいと言えば分かりやすいのだが
    それまでの課程と、なぜおじいさんが主人公なのか。なぜ手助けするのか。
    最後には すべてが伏線のように思えてくる。メメントが好きな方は好きかも
    sao
    saoの感想・レビュー
    2017/01/28
    3.9
    これは前情報入れずに観た方がいいですね。
    未見の方はそっと閉じてください。




    私もポスタービジュアルしか見ずに鑑賞。70年前、大切な家族を殺したナチスの兵士を探し出して復讐する。手がかりは一通の手紙のみ。

    復讐モノなんだなと思いながらも、認知症のお爺ちゃんだしまったりなヒューマンものかと勝手に思っていたら全然違った。
    ミステリー&サスペンスな展開と今にも倒れそうなお爺ちゃんにハラハラ ドキドキの緊張感のあるロードムービーでした。色々な事がお爺ちゃんの身に起こる度に胸が苦しくなるし疲れた~。

    ラスト〇分の衝撃との謳い文句でしたが、たしかに 旨い! でもこういう謳い文句は、変に意識して斜めから構えて観ちゃうからやめて頂きたい。。
    思ったよりも闇は深いし、鑑賞後はなんともやるせない気持ちになりましたが、真相を知った今 もう一度観たくなる良くできた作品でした。
    murph
    murphの感想・レビュー
    2017/01/27
    3.7
    後味はすごく悪い
    でも凄い…
    認知症の怖さ
    復讐の仕方は色々あるねぇ
    えちぜん
    えちぜんの感想・レビュー
    2017/01/24
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    「アララトの聖母」とか面白かったけど、最近は不振続きな気もするアトム・エゴヤン。

    けど本作はなかなか楽しめた。メメントじゃないけど起きると全て忘れている。認知症のじいちゃんが、銃携帯で、一人で旅をするなんて想像するだけで背筋ゾクゾク。語り口、話の運びがうまいので目を離せない。


    サスペンスの背後に、現在にも続く戦争の遺恨を感じるところも歴史的社会派。ナチスやユダヤの歴史とは、日本人は知識では知っていても、ヨーロッパの人とは肌感覚で温度差があるんだね。
    さやこ
    さやこの感想・レビュー
    2017/01/23
    -
    昔の記憶を呼び起こすような追体験ができる旅になっていておもしろい。
    マックスは思い出させようとしていたのか
    それとも単純に嫌がらせなのか笑
    認知症って昔の記憶はあるもんと思ってたけど偽りの人生を続けていたら記憶って改ざんされるものなのかな?
    y4a2s4u
    y4a2s4uの感想・レビュー
    2017/01/23
    4.1
    久しぶりに奇をてらった予想外の展開。
    手短ながらハリウッドみたいにお金かけても作れない?
    いい映画とはまさにこの映画だ。
    ツブ貝
    ツブ貝の感想・レビュー
    2017/01/22
    3.8
    なんかすごく後味が悪かったです、
    今まで見た映画のなかでもドンデン返しの、後味の悪さはあのセブンをも凌駕してるかもしれません。

    認知症って怖いなって思いました
    Musashi
    Musashiの感想・レビュー
    2017/01/21
    3.8
    2017年最初の映画館へ足を運んだのはこの作品。

    認知症の進んだじいさんが友人の手紙を頼りに、かつて家族をアウシュビッツ収容所で失いそこにいたナチス兵士【ルディー・コランダー】を探し出し復讐を行う。

    決してラストは衝撃的ではなく、道筋からある程度予測できるものの、90分ほどのストーリーでしっかり纏められていている。
    かはしさと
    かはしさとの感想・レビュー
    2017/01/19
    -
    17 /1/ 19映画館
    ワーグナーが好き…
    的確な射撃の腕…
    だよね〜