手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

gaku

gakuの感想・評価

3.9
ナチスという題材の中でサスペンスのような結末もあり、楽しめました。主演のセブ役が85歳なのは驚き。

このレビューはネタバレを含みます

ナチとユダヤの関係性を理解した上で観る作品。


途中銃の扱いが異常に上手く、またワグナーを弾くシーン等、伏線だったわけか。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

4.0
ストレイトストーリーの緊張感持ったバージョン。
Elmar

Elmarの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あのレベルの認知症で、自分がナチだった事も忘れてしまう?
自分の家族の死んだ原因忘れてしまう?
と、ちょっと疑問に思ったわ。
konomin

konominの感想・評価

4.5
ラストは「ほぇ〜〜〜〜」って言ってました。
niconico

niconicoの感想・評価

4.5
キャストがシブくて最高だ。
クリストファープラマー、ブルーノガンツって。マーティンランドーも。
派手さはないけど秀逸。
メメントなんかを思い出したけど、それを応用したような作品。
社会派作品でもあり。
できればラストは静かに終わって欲しかったなあ。キャストに語らせるのは好みじゃない。語らなくても分かるでしょ。
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

認知症だけど歩行も人の認識も割にしっかりしているし、老眼もなく、銃も的を外さない。なのに重大な自分の出自(正反対のナチスかユダヤ人か)や本名はスッパリ忘れている辺りにややご都合を感じた。
けどたぶん、この映画は憶えている。将来自分が認知症にならない限りは。
よしみ

よしみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

引き込まれた

人物設定が良かった

偏見や差別がこれほど
根強く伝わっているのかと思うと
言いようもなく悲しい

その当人達は忘れたくても
忘れることができないのだろう

依頼した友人は
すへてを知っていたのだろうか

もしかしたらという思いが
明らかになる真実に
更なる衝撃を付け加えてくれる
mimu

mimuの感想・評価

3.5
オチは読めてしまった。
が、いわゆるアウシュビッツの悲惨な画や描写は一切無く、登場人物たちの''記憶''の描写だけで観る側に恐怖心や憎悪を連想させる演出は見事。
被害者と加害者の線引きが困難な時代を生き抜いた人々の生命が消えようとする瞬間、憎しみは消えるのだろうか。
ryothis

ryothisの感想・評価

3.9
オチは見当が付きます。

ただ、それを込みにしても面白い。
扱ってるのはナチに認知症だけど、社会派と言うよりは普通にサスペンス映画です。

壮大な復讐劇でしたとさ。