手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

    気になってたから軽い気持ちで借りたら予想外の展開、マックス頭良いな
    こんな復讐の仕方ってあるんだ。
    ラストには驚きました。
    それにしても、認知症は辛い。見てるだけで胸が痛くなる。
    帰ってきたヒトラーとシンドラーのリストを見た後だったから余計に重く感じた。

    最後どうなるのかと思って見たけどまさかと言う感じ…!
    大どんでん返し!
    誰も救われてない。悲しい。
    すべては時代のせい?
    前知識なしで観たけどナチスの話だったのね。
    それにしても最近多いなぁ。
    間接的に戦争の恐ろしさ、被害者の苦しみを伝えている作品。
    戦争の傷は何年経っても、死ぬまで癒えないんだな。
    知人の臨床心理士の話し。
    50年間、色んな人に接してきたと。
    犯罪被害者、加害者家族、虐待を受けた子ども…。
    自分にその経験がなくても、想像力を働かせ、寄り添ってきたと。
    どれだけ想像力を働かせても、理解出来なかった唯一のことが『高齢者の気持ち』だと。
    自分が70歳を越えて、初めて理解出来たと。
    身体の衰えの恐怖、収入が無くなる一方の恐怖、淋しさ、何より物事を忘れる恐怖感。
    高齢者の気持ちは高齢者にならないとわからないと。
    本作を観ながら、そんな言葉がグルグルした。

    ピアノの旋律…染みました。
    アウシュビッツで、家族を殺害されたお爺さんがナチへ復讐する話なんですが、中盤までほのぼのしています。あれ?人違いだった。あれ?また人違いだった…。ボケたユダヤ爺さん諦めず探す探すナチお爺さんを。しっ、しかし!こっ、これはっ!予測付かなかった大どんでん返しではないですかーっ!マックス爺さん感無量。とまぁ、軽々しく書いてしまったものの少しヘビー系です。
    最後なんとなく読めたけど、なんとも言えない感情になった。切ないね。認知症のおじいさんが寝て起きる度に妻のルース(もう亡くなっている)を探すシーンが切なすぎた。
    美しいピアノの旋律が奏でる
    過去の記憶

    認知症ゆえ、記憶が薄れ行く中
    ピアノだけは若かりし頃のまま

    中盤のゼブの演奏と
    ラストの演奏を
    ぜひ見比べてくださいね

    素敵な紳士ゼブの復讐の旅

    いつのまにか、応援してる自分を発見するはず。
    アウシュビッツを扱う内容から静かな展開を想像していたら、最後に衝撃が