手紙は憶えている(2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:
  • カナダ
  • ドイツ
  • / 上映時間:94分
    監督
    アトム・エゴヤン
    脚本
    ベンジャミン・オーガスト
    キャスト
    クリストファー・プラマー
    ブルーノ・ガンツ
    ユルゲン・プロフノウ
    ヘンリー・ツェーニー
    ディーン・ノリス
    マーティン・ランドー
    ナタリー・クリル
    ジェイムス・ケイド
    あらすじ
    最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

    「手紙は憶えている」に投稿された感想・レビュー

    kyoko
    kyokoの感想・レビュー
    2017/04/07
    3.7
    なんとなく後回しになっていた一本。たまたま予告を観ることもなかったので、かなり真っさらの状態で観ることになったのだけど、ブルーノ・ガンツが出ていたことにエンドロールで気づき、どれだったんだよ!と慌てる始末に。

    お年寄りのおぼつかない様子を見るのって辛い。まわりの人たちが親切で良かった…

    妻の死を忘れてしまっても、好きな作曲家は忘れないこと、憎しみの記憶は決して消えないこと、故に戦争の愚かさは忘れてはいけないこと…原題の「REMEMBER」という単語が、覚えている・思い出す、両方の意味を持っているように、これは単なる復讐劇ではなかった。
    それだけに邦題とキャッチコピーがなんとも残念。
    namiko
    namikoの感想・レビュー
    2017/04/07
    2.0
    ドンパチあるのに終始単調な作品だった。 
    先が読めない作りだけれど、そこまで興味がそそられないからラストも淡々と観ていた。

    内容は掴みやすい。
    K
    Kの感想・レビュー
    2017/04/07
    3.9
    とんでもなかった。衝撃すぎて人生で
    2番目に大きな口を開けた日になりました。

    ラストに向かうにつれどんどん動悸が激しく
    なっちゃうくらい臨場感ハンパなかった

    途中で「どうせ何もかも忘れちゃうしもう
    ハッピーに生きよーっと復讐なんてどーでも
    いいわあああ\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/\( ˆoˆ )/💞💞」
    ってなるのかと思ったけど滅相もなかった

    劇場で観られて本当によかった
    また観たくなる、
    人にオススメしたくなる作品でした

    いい意味で心が重くなる作品🌧




    ラストに「REMEMBER」って
    タイトル出た瞬間ものすごい鳥肌たった。




    手紙は憶えてたね.....
    さきあじ
    さきあじの感想・レビュー
    2017/04/06
    4.2
    前半おじいちゃんしっかり〜とハラハラして感情移入して色々なものを見落としていたであろう自分を張り倒したくなりました。
    予告を全く見ていなくてよかったです。後味の悪さが後を引きます…
    555z
    555zの感想・レビュー
    2017/04/06
    3.9
    I know who I am.

    この言葉を呟くのは何度目だろう。
    改めて戦争の傷の深さを思い知る。
    やま
    やまの感想・レビュー
    2017/04/06
    3.6
    二本立てで映画館で見てきた。

    認知症の男が復讐のために殺すみたいな話
    なるほどいいねーって思える展開でとてもよかったです笑
    手紙を読ませるシーンでもしやとか思っちゃったんですけど、ラストの締めくくり方がよかったですね。やってやったわみたいな顔してましたね。
    復讐って怖いですね。。。
    みゆき
    みゆきの感想・レビュー
    2017/04/05
    3.3
    ラスト5分衝撃のって予告で、だいたいオチまで察しててその通りだったけど、それでも後味の悪さはしっかり残してくれて良かった。90才の認知症男性が主人公なので、せっかちな私には正直スロー過ぎてしんどかったけど、ラスト5分まで我慢した甲斐あったぜって思えた。
    rock
    rockの感想・レビュー
    2017/04/04
    3.7
    記録
    ふたば三十郎
    ふたば三十郎の感想・レビュー
    2017/04/04
    3.5
    ノーランの『メメント』では、殺された妻の復讐をするガイ・ピアースが、記憶障害のため手掛かりを全身に刺青してる姿のインパクトが大きかったが、本作では痴呆老人が腕にメモして手紙を何度も読み返す姿がそれを超えたどころか、ちょっと笑ってしまう副作用まで生み出した。

    正直、マジなボケ老人は「お笑い」としては反則だと思うが、そもそも笑いを取りに行ってる作品ではなく、アウシュビッツの生き残りと隠れナチの話なのでテーマは重く、「お笑い」とは不謹慎だが、劇場では同じように堪えながら笑っていた同類が何人かいたことは記しておきたい。

    主演のクリストファー・プラマーだけでなく、マーティン・ランドーの老いっぷりや、ブルーノ・ガンツのまさかのちょい役具合や、違和感ありまくりのユルゲン・プロホノフなど、結構な豪華キャストは楽しめた。

    だが、展開が読めるというか、コスタ・ガブラス監督の傑作『ミュージックボックス』を想起させられてしまい、どうしてもそれと比較せざるをえなかったのが残念なところ。
    個人的には本作は高得点なんだが『ミュージックボックス』と比べては人生に残る一本にはならない。監督の差かな。

    あと、ユダヤ人の執念は凄い。
    「いつになったら奴等、執念深いナチの残党狩りをやめる気かな。たぶん百年たってもやめねえだろうな」
    ☆☆☆★★
    タナカ
    タナカの感想・レビュー
    2017/04/03
    3.5
    こんな展開だと思わなかった。ラストも全く想定外。やっぱ映画は前情報が無いほうが楽しめるね。