手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

これとある意味において似た展開の小説を最近読んだからか、やっぱりそう来るよなあって印象を受けてしまった(けど普通に面白かったです)

このレビューはネタバレを含みます

寝るたびに記憶をなくしてしまう、認知症の老人が主人公。記憶をなくすたび、妻を亡くしたことを思い出さなければならない彼の姿が悲しくて仕方がなかった。
ユダヤ人に対する差別は現在でもあるものなのでしょうか。あのシーンは心が痛みました。
どんでん返しの映画ってよく「誰も予測できない衝撃のラスト!」と安っぽい煽り文句がありますが、この映画はほんとに予測できませんでした。まずそんな映画とも知らなかったのもありますが。きっと過去のことは過去のこととして、和解してくれるんだろうなぁと思っていた私が愚かでした。
1時間半とかなり短いのですが、かなり見応えのある映画でした。
なべ

なべの感想・評価

3.6
元アウシュビッツの被害者であり、認知症を患った主人公がホロコーストに関与した人物を糾弾する為に手紙を頼りに探し回る…と言った内容の話。誰も予期してなかった結末に驚愕です。

今回のキーポイントは【アウシュビッツ・認知症・名前】この3つが物語に大きく関係してきます。

戦後何十年経とうと消えない反ナチ派の糾弾と未だに残るユダヤ人差別。反ナチのそれ程までに根強い憤怒の根源は、ナチズムによる清算できない過去の過ち。偏見ですが、どんな理由であれ糾弾されて当然だと思います。
溝

溝の感想・評価

3.9
嘘も信じる続けると真実になる。真実だと思ってあの時から生きてきたから 必死に探すことが出来たんだろうなと思った。
少しキレイすぎる認知症だなと思ったけど人と触れ合うロードムービーからシリアスな展開へ変わる構成は飽きずに見られると思った。
#2016-98
TIFFの合間に、初シャンテがこれだった。

寝る度に記憶がリセットされるという、メメント的な要素は面白かったし、最後のどんでん返しも(その手の映画だと知らずに見たのもあったけど)まんまとやられた。

ただ老人が主人公だからか、終始もっさり展開だったのがなかなかしんどかった。
しんや

しんやの感想・評価

3.6
認知症の老人が、友と約束したある計画を果たす為に病院を飛び出し旅する。

まず90歳近いゼブが長距離バスに乗り、
国境まで越える、なかなかハードな行程に大丈夫?と思いつつ
出会う人がみんな親切なんよね〜
子供、ホテルの人、タクシー運転手...
足元も覚束ない老人だから、サポートするのは人として当たり前の事だけど、
いつしか観客もゼブに対して暖かい目で見るようになってるんじゃないかなぁ〜
私はそうだった。


そこへ来てのラスト。
人の犯した罪について考える。
RYOSK

RYOSKの感想・評価

3.0
とにかく老人なんで終始スロー

爽やかなロードムービーかなんて思ってたら

途中から中々いかつくなってきて、、

まぁまぁ楽しめました。
けんと

けんとの感想・評価

4.5
色々な示唆に富んだ映画。今の時代のアメリカとは。ナチとは。見てよかった。
主役のおじさんに完全に感情移入してたからその分ラストにびっくり仰天でした。

人間なんて都合のいいことしか覚えてない。うーん、ほんとにありそうな話です。
自分の名前を時折つぶやくことだけが昔の自分を思い出せる一つの方法だって言葉が印象に残りました。
ちはな

ちはなの感想・評価

3.6
妻に先きだたれ 認知症も進んできた老人の最後にやり残した復讐劇

まさに 老体に鞭打ちながら指示通りに動くおじいちゃん
事の終末は 途中でなんとな~く察してしまいますがね
まぁ クリストファ・プラマーおじいちゃんの俳優魂を観て欲しい

過去に囚われる事は誰得?なんてことを思いました
主人公は90歳の老人。認知症だから起きるたびに妻を失した事を思い出す。手紙に宿る復讐心だけが彼のリアリティだ。

何も思い出せなくても、手紙を読めば復讐心が湧き上がる。たとえ仮初めの現実だとしても、そこにある感情は本物で、意味があるのだ。

とにかくピアノを弾くシーンが哀しかった。その旋律だけが覚えてる悲しい過去を思うと、涙がぼろぼろでた(ネタバレなしで観ること、我々は毎回が初回という訳にはいかないのだから)。