手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

朝子

朝子の感想・評価

3.0
老衰と忘却。贖罪。
命は等しく大事なんでしょ?
誰が責める事ができるのだ?
yuko

yukoの感想・評価

4.6
クリストファープラマーの演技に引き込まれたなぁ。美しい劇中音楽が素晴らしかった。ピアノのシーンも好き。映画に流れる静かながら不穏な雰囲気も良い。

強烈なラスト。脚本も素晴らしいなぁ。
ちよ

ちよの感想・評価

4.6
シナリオがすごく面白かった。自分はあまり伏線とか疑いを持たずに見れるタイプなので、ラストは割と衝撃的だった。ネタバレ割と平気だけどこれだけは絶対にネタバレ禁止。なので書けることは特に無い。

1度見てからもう1度見ると、いろんな解釈が膨らんでとても面白いです。セリフや演技、キャラクター性などにも伏線が盛りだくさん。音楽もかなりいい味出しててある意味ホラー映画。
途中の父親を亡くした保安官?のシーンから物語が一気に広がるんだけど、そこのサイレンの音が視聴者にもここから話が一気に変わるぞ、という警告にも思えて興味深かった。
メメントや博士の愛した数式を思い出したけど、認知症で90歳で一人旅はきついなー。
点心

点心の感想・評価

4.5
Remember;


クライマックスに関しては、どう考えてもあの人が初登場から言動がおかしいので読めるというか、なんか怪しんでしまうんだけど、それでも引き込まれる。

90歳のゼヴは施設で暮らしているが、息子夫婦や孫にも恵まれているおじいさん。認知症なので、既に死んだ妻を起きるたび探す。
妻の喪から一週間経った日、同じ施設に住む友人のマックスから「お前が妻を亡くしたらしたかったことを俺は聞いて覚えていて、手紙に書いた。妻の喪がすんだら出発すると言っていた」と打ち明けられる。死ぬ前にしなければならないことを知り、ゼヴは施設を抜け出す。


アメリカからカナダに国境を越えるときも通してもらったり、銃の使い方を紙に書いてくれと言っても売ってもらえたり、はたまた知らない人のうちに「家にいれて待たせてもらえますか」って言ったり、若者だと怪しまれてできないだろうことを「老い先短いし爺さんだからいいか」ってな感じでスルーされる、前半は復讐劇なのにコメディみたいな雰囲気。認知症の描写がうまくて、ちょっと心配されてもうまいこと言いくるめてかわす。手紙を観客に知らせる方法も、内容忘れてて知らない子に読ませたり、自分で書き写したり、モノローグですませないの、うまい。

何をしても起きたら忘れてしまうので、忘れないように腕に「手紙を見ろ」と書きつけるところ、忘れないよう必死に「自分はこうだ」と覚えようとするところ、ピアノが好きでワーグナーを弾くところ、ナチスコレクションを自慢する男性に「アウシュビッツにいたのか!」とテンション上がってから怒鳴られて漏らすところ、大きい音に耐えられない(PTSDがある)ところ、銃の扱い方、入院していた人がアウシュビッツに収容されていたと知り「生きてくれ」と泣いてハグするところ、少しずつの違和感全て、終わってからもう一度見なきゃって思わせる。

ブレイキング・バッドで麻薬取締官だったおじさんがナチス信奉者を父に持つ警官役で出てるけど、その父は「ナチスといっても下っ端」で、アウシュビッツで働いてた人をスターみたいに思ってて、オットー・ヴァリッシュはそれを完全に隠している、あまり知らない人ほど神聖化して入れ込むところも印象的。

レビュー見たらあんまりナチ残党について(私も詳しいわけじゃないけど)知られてないみたいなので追記しますが、アイヒマンを始め、南米やアフリカに逃げて別名で生活してる人がいて、そういった調査をしたり寛容の博物館を運営したりしているのがサイモン・ヴィーゼンタール・センター。
M

Mの感想・評価

4.1
遠回りな復讐劇。

大どんでん返しに驚きました。

ナチスの残党がどうやって生きてきたのか…

観てよかったです。
ふゆ

ふゆの感想・評価

3.7
伏線もありオチは読めるというかパターンのひとつではあるが、演技がすごいので秘密が明かされた時もあぁ、、、ってなる。
戦争の悲惨さを知りえない世代にとってはピンと来づらいところもあるがアウシュビッツなりナチスなり、調べる縁にはなると思う。
ゴル

ゴルの感想・評価

4.0
気の合うフォロワーさん数名のレビューを拝見して気になってた作品!!


確かに皆様のおっしゃる通り、ゆっくりしたメメントって感じやった!!

なにせ色んな人から色んな情報を得ながら求めてる真実に近づいていくのだけど、そのスピードがおじいちゃんの歩行スピードに比例するかのごとくゆっくりやった!!


メメントが大好きな僕は、あの作品に似た衝撃を味わえるのかと期待しながらも、あれ程頭をつかないと行けないのか、、と少し怖い気持ちもあった。

でもでも、上記の通り、話の展開がおじいちゃんスピードだったので、言うほど頭をフル回転させることなく楽しめた!!


おじいちゃんおじいちゃん言うてたらおじいちゃんに会いたくなってきた、、
ーMARSー

ーMARSーの感想・評価

3.4
演技が素晴らしいですね

内容は海外向けな感じと言ったところでしょうか…
歴史好き、ナチに興味ある等あれば尚更のめり込めると思いますが、

そうでもない人は作品の人物に感情移入出来ないかも。。

私は好きな内容でした。

銃の命中率、あれは伏線なのかな…?
かず

かずの感想・評価

4.0
他の方を言われていますが、
まさに『メメント』のおじいちゃん版!

寝て起きると最近の記憶がなくなるアルツハイマーのユダヤ人おじいちゃんが、友達の手紙を頼りにアウシュビッツの責任者へ復讐しに行く物語。

都合良すぎなところもあったけど、幸い?な事にオチに気づかず、まんまと騙されました。

予告編を絶対見ないことを勧めます!