手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

説明過多ではなく、序盤に大事件などはないが徐々に話が進み、その上で伏線回収もする派手ではないがきちんとエンターテイメントしている映画。
みて損はない良質映画。
面白かった、、。

アウシュビッツで起こった大量虐殺、
その死者に成り代わり、
ナチである身分を隠し逃亡したドイツ人たちがいた。

かつてアウシュビッツに収容され、家族を殺された主人公と友人が、妻の死を期に成り代わったナチを探し出し、復讐を企てる。

アウシュビッツという忌々しい過去の歴史と、それに関わった人々、そしてそれを知らない子供や孫、、、罪はどこまで続くのか?

年老いて、認知症を患いながら、復讐のために奔走し、そして最後にどんでん返し。
非常に面白かったけど、
なんとも虚しさを感じざるを得ない映画でした。
アイディアはクリストファーノーランのメメントに似てる。

でも面白い
最後で全部持ってかれた。

展開は遅いだろうと思ったら、割と早くて最後まで飽きずにみれた。

確かにあの終わり方以外だったら少し腑に落ちなかっただろうな。

中盤に出た人のような人間が今でもいると思うとゾッとする。
3103

3103の感想・評価

4.0
こういうミステリー映画がとても好きなのが災いして展開が冒頭で既に予想できてしまった。
ただ繊細に作られていてほどよいスピードで映画は進められていたので飽きることなく鑑賞できた。
タケシ

タケシの感想・評価

3.5
この復讐が、、まさかのオチ。

これが衝撃的な結末で面白かった。

誰も予想できなかったんだろうと思うぐらい
良かった。
italgray

italgrayの感想・評価

5.0

途中まではメメントみたいだな、とか、あーなんとなくオチが分かったみたいに思えるかもしれないけれど、なんのなんの。

助走が長いが、その分、ラストの破壊力がすごく、一撃を喰らった感じで面白かった。

見る価値ありです。

あと、余談だけど、英語も分かりやすかった。
まつだ

まつだの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

年寄りに復讐は無理でしょ、と思っていたら…
認知症の復讐と言ったら。最後はメメントを見てるかのよう
朗読の女の子がかわいいかわいい
認知症を患わった老人が決心して老人ホームを飛び出し復讐の旅へと出かける話。

物語は終始大きな波もなく淡々と過ぎていったのでこれ本当に楽しいのかな?と半信半疑でしたが最後にそんな展開とは、、、。
やられました。

よかったと思う
ゆい

ゆいの感想・評価

3.5
邦題のセンス、かなり好み。
ラストシーンに向けての助走がさすがに長いけど。