手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

しずく

しずくの感想・評価

3.5
約束とは言え、こんなおじいちゃんが復讐のために手紙に書かれたことをしていくのが危うくて…もういいよ。帰ろうよ。と何度も思ってしまう。最後でホントの復讐を知る。
namiki

namikiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


結末に関しては、驚きはあったけど、まあそうかってなる。ストーリー自体に衝撃は少ない。

ただ、そこまでの行動に移すことができるほどの復讐への執念、自らの行動に対する後悔だとかを考えると、第二次世界大戦の中で起こった悲劇の根は深いと感じる。むしろそちらへの衝撃の方が大きい。
えし

えしの感想・評価

4.0
認知症の老人に飛び道具。

妻を亡くして1週間経った90歳の主人公は、その事実さえ忘れてしまうほどもの忘れがひどくなっていた。
老人ホームの友人から、奥さんが亡くなった後に誓った約束を果たすように、なすべき事項が書かれている手紙を託される。
ユダヤ人である主人公と友人は同じアウシュビッツ収容所に収容された生存者であり、家族を皆殺しにされた身である。
その家族を殺した当時の兵士を4人の候補から見つけて、復讐してほしいと…

これはなかなか上手な脚本でした。
主人公のヨボヨボ加減が絶妙で、まさか銃を持った復讐者だとは傍目にはわからない。ただ、銃を構えてる時はシャンとしてるのはどうなのと思ったり。
1時間半ほどでサクッと観れるよい映画です。

追記。
原題と邦題について。
「手紙が覚えている」なら、ゼログラビティ並みに納得いかない感じですが、「憶えている」としたところに工夫を感じ、素晴らしいと思いました。
sennakazu

sennakazuの感想・評価

4.6
2015年作品。
衝撃的な感動作品でした。
大きな戦争が終結して73年。歴史的にはピリオドを打っても、辛い思いをした人の心には永遠に終わりはないのでしょうね。

最後の最後まで知ることのなかったラストと、それを成し遂げた真の「男」の正体を知った時の衝撃は、今までにない大きなものでした。

今更かもしれませんが、復讐と言う言葉が、こんなに重いものとは思いませんでした。
emi

emiの感想・評価

4.0
こんなに驚かされたミステリー作品は久しぶりだ。クリストファー・プラマーが熱演。認知症の怖さと危うさをまざまざと感じさせられた。
深夜に鑑賞

眠くなったらいつでも寝よう

というスタンスで見出したけど…
寝れんかった!
最後まで観てしもた!!

亡くなった奥さん
認知症の進む自分
自分を忘れてしまう前に記憶を頼りに
奥さんとの秘密の約束を果たしに一人旅…

くらいに考えて見出したら
全然ちごたやん(*´Д`*)
ネタバレ怖いので
そんなんちゃいますよー
程度で終えときますわ

ただね
自分がA型やからなのか
手紙通りに歩くとその先その先に手際よく手配されて進む展開
観てて気持ち良い(笑)
グィグイ観れた


なんとも言えない気持ちで寝ましたけどね

渋い映画でした
エクスペンダブルで胸焼けの方は
ぜひ!
hideyo

hideyoの感想・評価

3.5
認知症の老人が旅をしながら自分探しする的な映画かと思ってたら全然違った

ナチスを題材にした社会派サスペンス映画で、ラストはとんでもないオチ。
アルツハイマーってそんな都合良く利用出来るものなのか?と思ってしまった。老人版メメント。
よれよれ老狼・・・きっちりヘッドショット
決めてんじゃねーか!( ; ゜Д゜) ヤツハ…狼ダ


みなさんの評価が高い作品だというのは知っていましたが、DVDのパッケージを見てのイメージで " 小難しい顔をした爺さんの「手紙は憶えているの~(゚Д゚)ハテ? 憶えていないの~(゚Д゚)ハテ?」とトンチンカンな旅をするお話 " くらいに思っていて、全く興味がなく観る気は起こりませんでした(´-д-)ノ

ただ1ヶ月くらい前に私の信頼する方のこの作品に対する大絶賛レビューを読みまして「これは絶対観る(°∀°)ノ!」とコロッと観る気マンマンになったんがですが ・・・・・・その後、そのことをすっかり忘れちゃいましたッ( ̄□ ̄;)!!オジイチャン?
( 私もちゃんと手紙に書いておけば良かった!!! )

ただ、今月末から公開のリドリー・スコット監督作『ゲティ家のナンタラカンタラ』とかいう映画の予告を観ていたら、やたら面倒くさいことを言う爺さんが出てきまして「なんかこの爺さんどこかで観たことが・・・Σ(゚Д゚;)ハッ!」・・・ チーン。

というわけでようやく鑑賞~(・д・)ノ☆
( ようやく観る前までの無駄なくだり終了 )


なかなか面白かったですよ。
( なぜかあっさり目な感想 )
↑なぜならオチが早めにわかってしまった為。最後どお落としてくるのかは楽しみにしながら観ていました。最後は予想できなかった落とし方で面白かったですよ(・∀・)ノ ナカナカネ☆

こういう " 忘れちゃう型サスペンス " は主人公が「事故の後遺症で…」「不思議な病気で…」とかで、結構なトンデモ設定を必要としますが、今作品は " 痴ほう症 " というシンプルかつもっとも信憑性のある「物忘れ」設定になっていて新しかった!そして痴ほう症という設定の為に「あれは覚えているがあれは覚えていない」というかなり曖昧でお話上非常に都合のいい記憶になっておりました。

↑これは上手いのか?いやらしいのか?

ただ言えるのが、邦題は全く上手くない。

『手紙は憶えている』エッ Σ(・Д・) ナニイッテルノ?


おしまい。



【余談】
この日本でのDVDパッケージ良くないですよね。(日本版ポスターも同様に) 海外の今作品のDVDパッケージは『イコライザー』みたいなんですよ!これならあたしゃー即レンタルして鑑賞していましたよ(°Д°)ノ!!
https://www.amazon.com/Remember-DVD-Digital-Christopher-Plummer/dp/B01CDT6004
↑こんな感じ♪じいさん&グロック☆
MICHI

MICHIの感想・評価

3.0
ラストの衝撃に驚きはなかったけれど、
現実のナチス問題はきっともっともっと深い