手紙は憶えているの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

手紙は憶えている2015年製作の映画)

Remember

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:94分

3.8

あらすじ

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人…

最愛の妻ルースが死んだ。だが、90歳のゼヴはそれすら覚えていられない程もの忘れがひどくなった。ある日彼は友人のマックスから1通の手紙を託される。「覚えているか?ルース亡き後、誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」2人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。そしてその兵士は身分を偽り、今も生きているという。犯人の名は“ルディ・コランダー”。容疑者は4名まで絞り込まれていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった1人での復讐を決意し、託された手紙とかすかな記憶だけを頼りに旅立つ。だが、彼を待ち受けていたのは人生を覆すほどの衝撃の真実だった―

「手紙は憶えている」に投稿された感想・評価

kana

kanaの感想・評価

3.8
詳しいことを書くのはやめます!

ナチス、アウシュビッツ
認知症の老人の復讐。

このテーマに興味を持ったらぜひ♪
このくらいの前情報で見てみてください😊
なかなかの力作でした!!

主演のクリストファープラマーは
御年89才。
で、この演技はヤバイですよ。
口調も動きもしっかりしてる。
この年になってもセリフを覚えられる脳みそは
私のよりも若々しい気がしますね😅
認知症の時と正気に戻った時の
切り替えも素晴らしく
さすが名俳優という感じがしました!!

ちょっとしたネタバレ小言は
コメント欄に!!

☆Netflixにて鑑賞☆
2018年113本目
認知症版メメントです。

寝ると記憶がリセットされるため協力者であるマックスの手紙を頼りに、アウシュビッツ収容所で家族を殺した男を探し出し復讐をするのですが・・

終盤までは認知症老人のペースに合わせて大した山もなく進んでいくのですが最後に気持ちのいいドンデン返しで持っていきます。

アウシュビッツ収容所の事は映画での知識しかないのですが、やはり酷いことだったのだと考えさせられます。

時間も短いので見やすい作品だと思います。
Queeeenme

Queeeenmeの感想・評価

3.3
朝起きたら記憶を無くしてしまう
90歳の認知症のおじいさんが
友人の手紙を頼りに
自分の家族を殺した犯人に復讐するため
探しに行くが、、、

途中ブレイキングバッドのハンク出てきて
テンション上がった。笑
面白かった👍
然程、期待せず録画して後日観たけど、最高に面白かったです🤓
ほしの

ほしのの感想・評価

3.8
戦争と認知症の上手い取り合わせ
戦争 と 記憶 の取り合わせか…
中々の衝撃作だった。
テーマがテーマなので考えさせられることも多く、見応えありでした。

あとこういう映画観ると毎回思うけど、自分、オチが読めないバカでほんとに良かった。
コウ

コウの感想・評価

-
面白い。欧州の映画は適度な長さと丁度良い設定と展開が魅力だと思う。最後のオチがきてもう一度見たくなる映画が多い。

すごい斬新なわけではないけど、全体を通してメメントとかアメリカ映画とは違う良いものになってる。あと、珍しく邦題にセンスがある。
Ringo

Ringoの感想・評価

-
まさかと思ったら
まさかの展開

火サスであったらしいよ
その展開
やだーーーん
そんなのなしでしょ
茶化して言えば、認知症のお爺ちゃん初めてのおつかい的な。しかし茶化しちゃいけない程、深い哀しみと憎しみの連鎖を感じる映画でした。

NYの介護施設で暮らすゼヴ(クリストファー・プラマー)は認知症が進み、妻ルースを亡くした事も都度忘れてしまう。同じ施設の友人マックス(マーティン・ランドー)から手紙を託されるゼヴ。彼らはかつてアウシュビッツ収容所からの生還者だった。その手紙には当時のブロック管理者の情報が書かれており、容疑者は4人。家族を殺したオットー・ヴァリッシュというドイツ兵を見つけ出し、報復する為にゼヴは旅立つ。オットーは"ルディ・コランダー"という偽名を使い、アメリカに入国した。ゼヴはルディを名乗る4人の男達を訪ねて回る。銃を隠し持って。

クリストファー・プラマーの演技が素晴らしく、歩くのも覚束ない認知症老人になりきっていて凄い。寝て起きるといつも「ルース、ルース」と既に亡くなった妻の名を呼ぶ。手に書かれた「READ THE LETTER」の文字で手紙の事を思い出し、旅を続けて行く。

お爺ちゃんの旅なので、ゆったりと。
色んな人が親切に手を貸してくれるのが微笑ましい。

ゼヴが見つめるシャワーヘッド、
車窓から眺める貨物列車、
何処かから聴こえるサイレン、
天井に据え付けられた拡声器…

無意味に思えるカットが、アウシュビッツを彷彿させるメタファーとなっていて興味深い。

ゼヴはかつてピアノが弾いていたけど、最近は認知症により弾かなくなってしまった。それでも、行く先々で急に思い立った様にメンデルスゾーンやワグナーの旋律を奏でる。

ピアノは憶えている。
手紙は憶えている。
哀しみも憶えている。
憎しみも憶えている。

展開が若干読めてしまうけど、読めたからと言ってこの映画の価値は変わらない。

何年経っても決して風化しない負の感情が胸に突き刺さる。

やっぱり定期的にホロコーストや戦争を扱った映画を観よう。その時代を生き抜いてきた世代がこの世を去ってしまった後も、映画は語り継いでくれているから。

映画は憶えている。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

4.5
ホロコーストその後ものというテーマはあるにせよ、認知症老人のホノボノとしたロードムービーという雰囲気にすっかり騙され、ラストの種明かしが衝撃な傑作ミステリーである。
人探しの旅なのに4人の内3人が人違いというのも仕掛けの一つ。そして何といっても絶対と言っていい囚人番号の入れ墨が最大のトリックとは、完全に脱帽させられた。
車椅子の老人が少し怪しいとは感じていたが、これほどのバッドエンドになるとは…
最近はお歳の割には元気ハツラツな役が多かったクリストファー・プラマーが、ボケ老人を完璧に演じている。顔出し出演程度だったブルーノ・ガンツをもう少し観たかった。
こう

こうの感想・評価

3.8
やっぱりそうか……ていうかもうそれしかないよな……

そういうストーリーだと思って観てたから道中もずっと哀しかったなぁ。