若松兎季

キセキ あの日のソビトの若松兎季のレビュー・感想・評価

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)
4.0
私が大学受験に落ちて地元の私大に行くことになった時、ピアスを空けようとしたら父から「そんな馬鹿大に行く奴に馬鹿な格好はさせられん!💢」と反対されました。
この映画を見てそんな父との会話を思い出しました。
親の期待に応えようと道を選んでいくのは当たり前でやりたいことをやるのって難しい。

やりたくても才能がなくて続けられなかった奴がいる。松坂桃李くんが演じる兄ジンの心境を思うと胸が痛くなりました。

GReeeeN聞きます。