キセキ あの日のソビトの作品情報・感想・評価

キセキ あの日のソビト2017年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折し、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自らの夢を託すことを決意する。 歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。彼らが取ったありえない秘策。それは前代未聞の顔出し無しの CDデビューだった・・・。

「キセキ あの日のソビト」に投稿された感想・評価

そのときはまだグリムスパンキーはCD出てないはず
slbnb

slbnbの感想・評価

3.7
GReeeeN好きだった頃を思い出した〜(^.^)それなりに知ってるエピソードだったけどあっという間でした🌝
softkitty

softkittyの感想・評価

3.4
銃刀法違反😤⚠️
菅田将暉の鼻綺麗だよね😫✨
momo

momoの感想・評価

2.5
微妙⭐⭐
tao

taoの感想・評価

3.0
すごく評判がいいので見てみたのだけどうん悪くない、うん悪くないけどあまり興味はない
kana

kanaの感想・評価

3.0
楽しかった^ ^
まだお父さん知らないのかな?
それとも知らないふりなのかな?本当に仲良し家族になって欲しい!!!
今どき珍しい厳格な父親レベルではなく、兄(松坂)に対して容赦ない暴行や狭い空間で日本刀振り廻したりと躾や教育を超越した暴行罪で不快。案の定、兄はトラウマに。

母親は邦画映画にありがちな右往左往するだけの対応に終始。
只、子供達に対する愛情があるのがこの親子関係の救い。

兄弟の対比は良い。
音楽の才能の違いや親の対応の違いなどを兄弟愛を含めて展開。
兄の弟(菅田)に対する愛情は母親の子供達に対する愛情からきていると感じられる。

冗長な部分が多く、特に中・高生の客層を意識した取っ手付けたような忽那汐里との恋愛話は全く物語や歌詞とかみ合わない。
淡々と展開するなら、創作活動の苦しみ、弟の音楽の出会い、兄の弟に対する葛藤、メンバー内の葛藤、恋人と愛や心境の変化等の大事な所をもっと掘り起こしてほしかった。

脚色があるのは仕方ないが、どこまでが実話なのか謎が多過ぎる。
母親と兄の単独描写は酷いが愛情は凄く大事だと思った。
ちよ

ちよの感想・評価

2.4
菅田将暉が可愛い。greeeenは別に好きではないけど確かに中高生の流行った時期にはよく聴いてました。愛唄が入ってるアルバムも買ったことあるし。

顔出しNGの理由が、歯医者としてやっていく為ではなく、親にバレないようにっていう理由なのが意外でした。
それにしても歯医者でこんだけ歌出して売れたら勝ち組だよなぁ。天は二物以上を与えなすったな。

松坂桃李くんが演じていたお兄ちゃんのJINさんが個人的には一番可哀想だったので、成功を掴んでくれてよかったなぁという感じ。
みー

みーの感想・評価

3.5
記録用
>|