トリガール!の作品情報・感想・評価

トリガール!2017年製作の映画)

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキー…

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最⾼の夏が始まる―!

「トリガール!」に投稿された感想・評価

ZOE

ZOEの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

鳥人間コンテストをモチーフにした小説を映画化
友達となんとなく観に行ったけど、まあ暇つぶしには最高やった(笑)
友達は微妙やったみたいやけど

内容はなんてないけど、とにかくアップテンポで見やすい
個人的にああいう毒づきカップル系好きなんで見てて楽しくなった

こういう何も考えずに見れるコメディ大好きです

総評して、映画館に観に行くほどではないし、DVDを借りるほどでもないけど、地上波でやってたら観るかなって感じ
Rui

Ruiの感想・評価

4.8
完全になめてました!ごめんなさい!
死ぬほど笑いました!最高でした!ごめんなさい!

全力でオススメしたい!みんな是非観て!!!

以上!!!!!
暑い夏を涼しい気持ちにさせてくれる。もっと空を飛んでる姿が見たかった。
これは思てたよりずっと良かった。
土屋太鳳はこーゆー底抜けにバカで明るい役が合うなー、身体能力も高いしはまり役やったと思う。
あとはずしギャグ演出が多いけど使うタイミングがよかったから変にベタベタすることなく最後まで見れた。
yutty

yuttyの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

くすっと笑えて面白い🤣
個人的には2人にくっついて欲しかったけど、あれはあれであり笑

好きな役者さんが沢山出てて
それだけで楽しかった✨
momotaro

momotaroの感想・評価

3.8
みんながそれぞれ飛行機を飛ばすために頑張ってるのがいい!
鳥人間コンテストをちゃんと見てみたくなった
スター

スターの感想・評価

4.0
ベタですが、良かったです。大学への入学をきっかけに、人力飛行に興味を持ったヒロインが、人力飛行機のコンテストに挑戦する話。
上映時間もやや短めで、気軽に観られます。舞台は滋賀県ですが、琵琶湖広い! と感動しました。
この映画を観ると自分で決めた以上文句は言うまい。

土屋太鳳はこんな演技もできるんだな。なかなか良かった。なんかオタク的なギャグの応酬にいまいちついていけなかったが、知らない私が悪いのだ。よく聞こえなかったセリフも多いけんども。

文句じゃ無いけど、坂場役は「君はまだグンマを〜」のエキスが混じってたね。顔芸とか。青春まっしぐらで楽しいんだけど、なんか土屋太鳳以外は安い気がするなーなんて思うてたらジ・エンド。エンドロールは良かった。


私は一切文句は言わなかった。
Aya

Ayaの感想・評価

3.2
キャストは好きな人ばかりなんだけど・・・監督が地雷、っていうw

今、ちょうど「ぼんとリンちゃん」見てたんですよねw
真宙いきなり大っきくなったねえw

太鳳ちゃんを部に引き入れた真宙は、イケメン眼鏡で優しく口が上手いリーダーシップを取れる部長。
前回のフライト時、墜落してしまいトラウマを追った、強がりで口も悪いのに音楽や小説などの趣味が可愛らしい間宮祥太朗くん。
そして自転車には自信あり、元気一杯の流され一浪娘を土屋太鳳ちゃんがバランスよく演じます。

ただでさえ「鳥人間コンテスト」のイメージしかない人力飛行機というジャンルを大学の部活動、スポーツとして目指すぞ!って話なので、もうちょっと人力飛行機の説明を丁寧にして欲しかったな〜。

チームが非常に細かく役割分担されていて、人数も多いし専門的で非常に面白ろそうなのですが、そもそもなんの専門なのか?具体的に誰が何をしているのか、の人力飛行機の構造の説明が・・・ほぼない。

なんであれって自転車こいでるだけなのに飛ぶの?ってみんなが気になってると思うんですけど。

そこの部分が全くわからないので彼らがどの部分でどれだけ努力してたり、どれだけすごいのか、とかがわかりづらかった。

しかし初めて飛んだ人力飛行機を見たときにはとても上がりましたなあ!!
すげえよ!
ここで、あ、前後2人で乗るんだ!とようやく気付く始末w

最初は真宙が、怪我をしてからは間宮祥太朗くんが、太鳳ちゃんを「トリガール」に仕立て上げようと必死になります。
パイロットがそういうのだから、最初は反発していた周りのサポートメンバーも納得する。

しかしパイロット達のダイエットは大変そうですねえ・・・特にお酒と揚げ物が大好きな2人は辛いですよね(T_T)

太鳳ちゃんと間宮祥太朗くんがゲームでダンスをするシーンがあるんですけど、踊りながらセリフを言うって結構難しいと思うのにえらい(T_T)

太鳳ちゃんの友達が池田エライザちゃんと言う超可愛い子なんですけど、男ばっかのチームなのに全然誰も女神扱いしてないのすごい違和感・・・この子「サニー」の日本版でスジ役やるんですよね?!
結構いい!と思ったのですが・・・いかに?!

大会のシーンはせっかくだから、もっと色んな人力飛行機を見たかったなあ、とかチームで協力してる感じがあまりなかったので、飛び立つ瞬間のよっしゃー感は少し物足りない。

しかし、やはり人力飛行機が人の力だけで空を飛ぶ、というロマンはハンパない。
飛び立つ瞬間の音楽もいいですね。

人力飛行機というかなり特殊なスポーツの中で同じ目標に対してパイロットはもちろんチームみんなで努力する、というドラマ。

そして実際に人力飛行機は飛ぶのか?!という結果がどうなるか?!というドラマ。

この2つは正直バラバラになってしまっていて、というか前者はほぼないので、これが両方きちんと作られていたら、いざ飛ぶ時のカタルシスがハンパなくなるのになあ、と残念な気持ち。

だって実際に人力飛行機に乗って飛ぶパイロットだけで成し遂げられることじゃないじゃん。

飛行中に起こる結構長いドタバタラブコメ展開はめっちゃ面白いと思います。
特に真宙の件はめちゃびっくりしたし、意図的に隠してるとかあくどい!と思ったw

私的超地雷案件であるところの英勉監督・・・まだまだ河合勇人監督様には到底及ばないですが、今回はいい意味で期待を裏切ってくれました。
>|