トリガール!の作品情報・感想・評価 - 38ページ目

トリガール!2017年製作の映画)

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキー…

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最⾼の夏が始まる―!

「トリガール!」に投稿された感想・評価

Lmii

Lmiiの感想・評価

-
とにかくパワフル!
飽きさせないテンポいい会話と場面切り替え✨
間宮くんと太鳳ちゃんのやり取りも最高すぎて、あとちょくちょく先輩のハルヒとかアニメのあと曲とか、小ネタもいい感じに組み込まれてて、ほんまおもろかったー!!
主演二人の掛け合いが本当に楽しい。
人力飛行機が飛んだときは思わず感動。
楽しい映画が観たいなら、なにも考えずにGO!
最後、爽快な気分で映画館を後にする筈。
スポコンコメディーの王道
土屋太鳳のお得意?のハイテンションな演技は観やすかった
間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザも良い味だしていた

デブとメガネとチェック達
特に矢本悠馬(やもとゆうま)の存在が光っていた
メインの4人を引き立たせるモブ達が良かった
鳥人間コンテストに関わるストーリーなのだが
飛ぶまでの過程が丁寧?に描かれるが
主役二人の話しがメインになっていて
もっとモブ達デブとメガネとチェックの描写が観たかった

しかし気楽に観れる楽しい映画だったのは間違いない
この作品は思わぬ収穫だった。マイ観賞リストには入っていなかったが、旅先の佐世保のシネコンで、空いた時間のスケジュールでは唯一この作品だけが未見だったので、観賞。かなりきちんとつくられた作品であることは、冒頭のヒロインである土屋太鳳がメガネ男子でいっぱいの大学行きのバスに乗り合わせるところでわかった。バスに乗っていられなくなった土屋が降車すると、その脇を疾走していく1台のロードバイク、なかなか快調な映像の滑り出しだ。

土屋が思わぬ理由で入部することになる人力飛行サークルの部室もなかなか凝った空間がつくられており、のちのちの映像にも期待を抱かせる。監督は「ハンサム★スーツ」の英勉だということで、やや納得。CM出身の監督らしく映像への心配りはきちんとしている。

ヒロインを演じる土屋太鳳のハッチャケた演技も印象的だ。こんなに器用な女優さんなんだとあらためて認識した。相手役の間宮翔太朗はこのところ映画出演が相次いでいる有望株の俳優。「帝一の國」ではクールな敵役を演じたが、「お前はまだグンマを知らない」では一転してコミカルな主人公を演じて芸の幅を見せた。この作品では、そのふたつの要素を併せ持つ役どころ、彼の確かな演じ分けがヒロインの土屋太鳳をひきたてている。とにかく空いた時間を見事に楽しいひとときに変えてくれた貴重な作品。土屋太鳳と間宮翔太朗、そして監督の英勉の次回作にも期待したい。
Pudding

Puddingの感想・評価

5.0
冒頭、土屋太鳳演じるゆきなが、通勤バスでハッと我に返ります。周りの乗客全員メガネっ!

物語の構成力は勿論のこと、役者の演技、効果音、音楽、全てが異様な程にマッチ、ところどころ演出センスに鳥肌が立つ場面がありました。

感動スポ根、そして最高に笑えるコメディ映画として心から楽しいと感じた98分。今年見た映画ベスト3ランクインは確実です。
なおこ

なおこの感想・評価

3.9
突っ込み所はありますが、地元のイベントでもあるし、楽しかった。青春ものは好きです。
春乃

春乃の感想・評価

3.7
土屋太鳳ちゃんスゴイ~歌って踊って飛びまーす!!間宮くんもローランドの時より何倍もかっこよかった!
売り方とはいえ、メイン二人をあんな寒くする必要あるのかな?笑えないし。もっとオーソドックスに作ればグッときたはずなのにもったいないね。ナダルは良かったからナダルの映画観たい
ま

まの感想・評価

3.6
笑いどころで笑えないことが多かったけど、キャラが皆濃くて最後まで楽しめました
坂場先輩が、喋れば喋るほどいい味出してた

あとエンディングがかわいらしくて好きでした
原作未読。

かなり笑わせてもらいました!
英勉監督作品という事で『ヒロイン失格』で桐谷美玲で振り切った笑いを見せてくれましたが、コレも土屋太鳳が振り切ってましたね。

彼女と間宮祥太郎のマシンガンのような掛け合いが面白い!
ただ、その掛け合いが凄まじ過ぎて台詞が聞き取れないところも。
ま、勢いだけで十分ウケましたけどね。

クライマックスの人力飛行機の中での掛け合いはバカ受けでしたね〜(笑)
ヘンにラブストーリーに持っていかないところが逆に好印象です。
とどめは轟二郎(笑)
おっさん世代には懐かしい!

土屋太鳳の演技は今まで正直苦手でしたが、この作品でかなりイメージ変わりました(笑)

【イオンシネマ各務原】