トリガール!の作品情報・感想・評価 - 45ページ目

トリガール!2017年製作の映画)

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキー…

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最⾼の夏が始まる―!

「トリガール!」に投稿された感想・評価

emk

emkの感想・評価

3.7
予想を斜め上に裏切ってくれた1本。
こんなにトレンドに入らないの勿体ない!
冒頭から面白すぎる。いつだったか理科大にTOEIC受けに行ったら前後左右メガネでチェックシャツの男性だった実体験が思い出されました。笑

間宮祥太朗×土屋太鳳の掛け合いが楽しくて、矢本悠馬が爪痕残してるしナダルのナレーションが耳に残るけど、高杉真宙の爽やかさがパセリとかミントみたいに全部さっぱり落ち着かせちゃうような感じ。

secret zone
空も飛べるはず

ねごとがカバーして、この2曲がマイナスイオンを発してます。
抜群の運動神経を活かした太鳳ちゃんのスポ根ものはやっぱりいい👌orangeより断然こっち。
たまたま今年、友達の弟が理科大で鳥人間のメンバーだったっていうから見たくらいで普段は全然興味もない私ですら楽しめたので、おすすめ。
shyun

shyunの感想・評価

-
ある意味面白かった。

序盤から狂気のような演出のオンパレードに目が眩んだが、途中から「そうだこれはコメディだった」事「土屋太鳳を愛でる映画だった」事を思い出し、そこからは心と映画との距離を調整してなんとかギャグやコメディ演出を楽しむ事が出来た。
ただやはり主要キャラクター以外の部員達の描き方、いや、そもそも人力飛行に対しての愛の無さは残念だった。
人力飛行機サークルの各部署の部員達の鳥人間コンテストにかける情熱を主人公達を絡めて、ほんのちょっとでも描いてくれていればクライマックスももう少し共感出来たかもしれない。
目玉の鳥人間コンテスト自体も、主要な目標達成が何個かあって伝わり辛く、正直ダレた。もう少し絞るか、短くするかした方がいいような気がした。
土屋太鳳と池田エライザとマネージャーの子が可愛いかったし、男性陣もイケメンが出でいるので、難しく考えず「青春ラブコメ」くらいの軽い気持ちで観れば楽しめると思います。
のん

のんの感想・評価

4.3

興行的には空を飛ぶどころか2度と浮上できなそうな大爆死を遂げている本作だが、土屋太鳳のコメディエンヌとしての真価が発揮されていて予想以上の掘り出し作品だった。




個人的には土屋太鳳ちゃんを大スクリーンで観る以外に何の期待もしていなかったが、全てにおいてハイテンションな演出がクライマックスまで維持されたすこぶる良質なギャグ映画だった。



チェックシャツ&メガネをからかう悪意しか感じない理系への熱いネガキャンも、過剰なBGMも極めて漫画的なキャラクターが入り乱れる本作では有機的に機能していて面白い。



毒舌ハイテンションな土屋太鳳とキャラぶれ先輩の氷室ローランドが単純にくっつく形にしなかったのも良い。恋愛映画ではなく凸凹コンビのバディムービーとして楽しめた。


可愛さという面では美味しいところを全て持っていく池田エライザもこれまた観ているだけで幸せな気持ちになれる。ありがたやありがたや。


ナダルは卑怯だわ。
鳥人間コンテストは子どもの頃から見てるし、結構楽しみにしてた。
凄く面白くなる要素が揃ってのだが、今ひとつ突き抜けない。
なんでだろうと考えてみると、凄くギークな人々の話なのに、冒頭からギークへのリスペクトが無いんだよな。
だから挑戦にワクワクしないし、飛行機が初めて全貌を現すシーンなんかも、全然カッコよく撮れてない。
チームの裏方を無理にステロタイプにして笑いを取ろうとして、その道具としてしか捉えられていなかった。
トラウマを拗らせた先輩が、なぜ突然土屋太鳳を選ぶのかもよく分からない。
先輩の成長物語にはなってるけど、肝心のトリガールは最初から最後まで変わらないし、ドラマも全体的に軸が不明確で弱い。
クライマックスの飛行は結構笑えはしたが、鳥人間コンテストを毎年見てる人ほど色々違和感を感じるのではないか。
ここでもあまり現実へのリスペクトを感じない。
好みはあるだろうが、この監督の演出は人間にリアリティがなくて、個人的にはあまり好きじゃないかもだ。
あとスペシャライズドの新車を、アパートの前に路駐しちゃダメです。
まい

まいの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

鳥人間コンテストが大好きで、今日やっと、ずっと観たかったトリガールを観てきた!

感想は、意外とカオス!!最後は面白かったから、まあ、いいか!みたいな感じに思ったけど。

あと、とても鳥肌がたった。ナダルの声に鳥肌がたったり、飛行機が飛んだ時に鳥肌がたったり、理由は様々だったけど観てて飽きることがなかった。

大会当日の離陸時時や、飛行中に告白して、振られて、おまけに高橋圭先輩に彼女はいるしで、驚きのオンパレード!ってところはハラハラした(笑)

でも、やっぱり飛行機が飛んだ!!って時が感動した。来年の鳥人間コンテストがより、楽しみになった!
やまち

やまちの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

まーーったく期待せず鑑賞。
「アホやん」って言いながら観るか、くらいの感じ。

でも実際は想像以上に笑いどころ満載。笑

土屋太鳳、絶対こういう役の方があってる!

人気かつ実力ある女優がここまで身体張って笑いを取るかw

あと、メガネズが誰がどれか分からんくなるくらいメガネだった笑

君の膵臓〜 のガム君だけはしっかり分かったけど笑笑

こんなネタまみれのコメディ映画なのに、実際空飛んだ時は不覚にも感動した。

機体を作る側の立場の人間(要するにメガネズ)の想いとか苦労をもう少し描いても良かったかなと思った。

secretbaseは高校の時の思い出の曲だし、なんかグッと来た。
鳥人間コンテストが好きだったので気になり視聴。

フィルマークスの評価が地味に高いので期待していたのだが、『つかみ』が思ったよりチープ。
乾いた笑いが出る中「おいおいこれは大丈夫なのか…?」と心配したが、後半一気に昇華してきた。
フライト中のやり取りは最高ですね!
エンドロール中の小ネタもほっこりしました。

感動する作品ではなく、コメディ映画ですね。土屋太鳳さんが好きなら終始楽しめるのではないでしょうか。

コロチキペッパーズのナダルが結構出番あった。でも何言ってるかよく分からん(笑)

二人乗りの人力飛行機って難しいんですよね。どうしても重くなるので、こぐパワーや機体バランスが重要になる。
その辺の事情説明があれば親切だったかも。
その二人乗りならではの展開に私は満足です。
Masato

Masatoの感想・評価

3.2

英勉(はなぶさ つとむ)監督作品。
鳥人間をテーマにした青春・コメディ・スポーツ映画

テンポが良く、100分未満なため、非常に見易い。気軽に見るなら最適な映画。
コメディの演出がやや寒い。ヒロイン失格を見て演出が嫌いでなければ見ても平気。

王道の青春ものっていう感じで、プロットに関しては見る前から察せる。ストーリーは度外視して、いかにコメディとして痛快に見せれるかが勝負だったが、それは成功していたと思う。
軽く受け流せば難がないのだが、やっぱり全体を考えてみると不満な点が目立つ。

まず、どの日程に競技が開催され、その競技までどのくらいの期間があるのかが分からない。
そして、主人公やパートナーがどれ位の実力なのか、そして、それが本番になってどれだけ成長したのかもイマイチ分からない。
特訓のシーンはコメディとして消化してるから、一切成長してるとは見受けられないでいた。本番の鳥人間コンテストで、どのくらい飛んで、それが凄かったのか、どうかも分からない。
鳥人間コンテストの結果も分からない。

分からないことだらけ。鳥人間コンテストという主題は完全に無視して、ただ毒舌女のコメディを見させられるだけ。

多分、あの伝説の東北大学の人が見たらガチギレする内容だろう。

あと、デフォルメ演出で面白くしたかったのだろうが、メガネ男子、所謂オタクをバカにしすぎている。オタク達は正論を言う立ち位置なのだが、イケてる奴達はそれを無視。(主人公は毒舌キャラだから仕方ないが…)
見ていて不愉快だった。


余談・個人的だが、ダンスエボリューションが出てきて嬉しかった。(やってたので)
Ryu☆のMermaid Girlが映画館で聴けるとは。

涼宮ハルヒも嬉しかった。オタクの類をバカにしてるような人たちが見そうなこの映画でこのネタを使うとは。


池田エライザ可愛すぎる。
Karen

Karenの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

フレーム設計班長をみに. (感動した)

SE含めた序盤の大げさな演出、声の聞きとりにくさ(特にナダルさんのがやばい全然聞こえん)、ところどころあるピン甘がもうあかんやろレベルなんだが、それを置いても最後のフライトシーンはよかった!土屋太鳳ちゃんと間宮祥太朗くんめちゃくちゃいい!あれだけフラグをたてておいて一切回収しない潔さ(笑)

この主人公のキャラの良さは羽鳥アナの「鳥山ゆきな!!!いい根性をしている!!!」のこの一言に尽きる(笑)主人公だけじゃなくどの配役もとてもよかったと思う、坂場先輩めちゃくちゃダサいのもいい

1番笑ったのは圭先輩が怪我した後のミーティングで静かに「…ですね」って言った部員に対して矢本くんが放った「うるせえデブ」という一言だった. あれだけ素だった
ベタって最高ーーーっ!

という映画でした。

爽やかな恋愛要素
期待を裏切らない「転」
狙いすぎなシュールな笑い
ダサ過ぎる坂場センパイ

主要キャストに与えられた
見せ場もニヤニヤして
観られます。
太鳳ちゃんのダンス
池田エライザのとぼけ顔や着衣プール
など、
二周まわって最高です。

ただ高杉真宙くんが
確かに爽やかでイケメンなんだか、
役のような典型的リア充には
どうしても見えない………

太鳳ちゃんの体育会系の敬語が
凄くナチュラルだしかわいい。

総じて、めちゃ元気になれる
映画です!
オススメ!