くまみ

哭声 コクソンのくまみのレビュー・感想・評価

哭声 コクソン(2016年製作の映画)
1.5
「ポカーン」となった。

殺人事件の話だと思いレンタルしてしまい失敗。ジャンルが何に当てはまるのか謎。
話もまとまってなく(真実は?と推測する系の作品)兎に角ダラダラ長い。この手の作品は苦手だ…
観ていてとても疲れるし、簡単に言うとつまらない。

國村隼さんは何故この作品に出ようと思ったのか…國村隼さんの演技力に脱帽です。

殺された人がリアルでグロくて、韓国映画独特の暗い感じとかは好き。