misa

哭声 コクソンのmisaのレビュー・感想・評価

哭声 コクソン(2016年製作の映画)
3.8
私が見ているのは真実か、幻か、神か、悪魔かーー。

皆様のレビューで、深読みすると面白いという前情報を踏まえて鑑賞。ワクワク。

おぉ…想像よりドップリオカルト。
顔は血まみれ。
叫び。
呪い。
子供はエクソシスト。
正直やり過ぎなんだけど、韓国映画の思い切りの良さが気持ちいい。

上記の事もあり、怖さに関しては興醒め。
でも気味の悪さは天下一品。
暗いよーー。

主役がオトボケで笑わせてくれるのと、祈祷師のキレキレダンスが息抜き。

でもこの映画、確かにただのオカルトじゃないですね。

「誰が悪なのか」というのを観る側に散々推理させ混乱させるミステリーの様相が強くなったかと思うと、キノコを挟んでくるからまた複雑。
そしてすごいラストに落とし込んできた。

最初からずっと精神的な所に訴えてくる話で、観終わった後は結構モヤモヤ。ハテナマーク。

疑う怖さ、信じる怖さ。
深いところでキリスト教思想の解説も読んだけど、なるほどねぇ…としか言えません(^_^;)

噛めば噛むほど味が出る映画なのかもしれないけど、そこまで追いかける気持ちにはならなかった。
もう一度観る元気もないし、無宗教の私には何度観ても解釈は深くならなさそうです。

日本人の國村さんは最初から最後まですごいキーパーソンなのだけど、あの体を張った演技とボソボソしゃべるギャップが怖くて素敵でした。
真っ赤な目が、忘れられない。

あと、ある人の頭にささったクワが忘れられない。
彼はとても怒っていたけど、私はむっちゃ笑った。

あ、「新感染」のホームレスの人が出ていました。韓国映画は同じ俳優さんがよく出てくるので、すぐ覚えられるのも楽しみの一つですね〜。

定期的に、韓国映画を観ていきたいと思います!